ライブフォトを動画にする方法

写真を動画に変換 - 複雑な手順はありません。iPhone iPad のライブ画像をショート動画に変える方法をこのチュートリアルで学びます。 

Live Photos とは?

2015年からiPhone 6Sに搭載されている Live Photos は、GIFとよく似た動く写真です。iPad または iPhone カメラのLive Photos をオンにすると、静止した写真を何枚か結合させて、3秒間の動きがある動画になります。ただし、他の機器にアップロードすると、事前に変換しない限り、静止した写真に戻ってしまいます。iOS 13 の登場により、Live Photos を音と動きのあるショート動画としてシェアできるようになりました。

 

ライブフォトを動画に変換する方法

カメラロールにあるライブフォトを、ウォーターマークを入れずに動画ファイルに変換する方法が、いくつかあります。ハードウェアに入っている iOS のネイティブツールか、Adobe Premiere Proのようなアプリを使います。

 

Live Photos を動画として、iPhone または iPad (iOS 13以降)に保存します。

Photosアプリをタップして開きます

2.変換したいライブフォトを選択します。 撮影したLive Photos は全て、自動的にアルバムに収められます)

3.左下にある共有ボタンをタップします

4.下にスクロールして「動画として保存」を選択します

次に、最近のアルバムで、ライブフォトを新しい動画として見ることができます。変換処理に配慮する必要はありません。この動画は、元の写真の質をそのまま保っているコピーです。元の写真は何も変わらず残っています。

 

前後にバウンスし、ループを閉じる写真

お使いのソフトウェアが最新のものではなくても、携帯機器が iOS 11であれば、ライブフォトを動画に変換できます。この方法では大きな違いがひとつだけあり、それは画像を動画クリップとして変換することです。iOS Photos アプリで変換したい写真を開きます。写真を上方にスワイプしてエフェクトメニューを開きます。エフェクトのバウンスとループが写真をアニメーション化します。また、共有メニューでも、ライブフォトを動画クリップに変換できます。共有アイコンをクリックし、下方向にスクロールして「動画として保存」を選択するだけです。

 

ループを使うと、写真が一定の時間内に何度もアニメーションとして再生されます。一方、バウンスは、Instagram のBoomerang動画のように、クリップの再生と逆再生をリピートます。エフェクトを選びましたら、動画ファイルを保存します。この動画ファイルは Photosアプリの、アニメーションフォルダで見ることができます。アニメーションのコンテンツがなかった場合、動画クリップを保存すると自動的にフォルダが作成されます。

Adobe Premiere Proを使用してハイキングをする人のライブフォト動画をパソコンで編集するイメージ

写真を動かすAdobe のソフトウェア

PC でAdobe Premiere Pro を使えば、ライブフォトを簡単に変換できます。この方法によって、完成したばかりの映像をより美しくさせ、他の動画と結合することもできます。例えば、混み合った都会を歩く人々、海岸に打ち寄せる波、b ロールスタイルのクリップ、好みの題材のショート動画など、ライブフォト動画をより長い動画作品に加えることができます。まず、ライブ画像をエクスポートします。Mac の場合、画像を送信する時にAirdrop は使用しません。静止画像のファイルのみ受信できます。その代わり、以下のように処理します。

 

1.コンピューターでiCloud の写真を開きます。Mac の場合は、PhotosアプリでiCloud にアクセスします。Windows の場合は、Apple のサポートサイトかiCloud.comで、 iCloud Photos をダウンロードします

 

2.Premiere Pro に読み込みたいライブフォトを選択します。読み込んだライブフォト1枚につき2つのファイルがあります。1つは画像ファイル (.HEIC)もう1つは動画ファイル (.MOV)です

 

3.「オプション」キーを押し、新しい「ファインダー」ウィンドウにドラッグ&ドロップして、デスクトップに保存します

 

4.Premiere Proを開き、そこに動画クリップをドラッグ&ドロップします。次に、以下の通り編集します

 

最近の旅行で撮った動画がある場合、それに映像を結合させましょう。一貫性のあるストーリーが出来上がります。趣のあるエフェクト、フィルター、色などを使って、画像を生き生きとさせましょう。このような動画クリップのフレームレートは、照明の度合いによって異なります。ライブフォトを動画クリップで使う場合には、外観に一貫性を持たせるために、後処理で再生スピードを調整する必要があります。

 

Live Photos の縦横比は、普通の動画とは異なる(16:9ではなく4:3)ので、シェアする場合には、Auto Reframeで動画のサイズを4Kからスクエアまでどのようなフォーマットにでも変換します。これで、アクションが多くある動画クリップを各種のSNSに投稿することができます。

Adobe Premiere Pro の多彩な機能

どどこにいても映画テレビ、Web サイトに使える魅力的な映像を作成できます。

その他のおすすめ...

スマートフォンでビデオを編集します。

ビデオ編集入門

らゆ

ステディカムとスマートフォンで自然を撮影します。

初心者向けのステディカム

この便利なステディカムを使って、ブレのないきれいな映像を撮る方法を学びます。

さまざまな方向に移動する大勢の人々

Adobe Premiere Rush で動画のスピードを変える
実用的な理由、または芸術的なエフェクトとして動画のスピードを調整する方法を学びましょう。

花のデザインをアニメ化したgif

動画をgif アニメに変換する方法

動画を gifに変換することで、製品の繰り返しデモやSNS用のミームを作成することができます。

動画で詳細を見る

Adobe Premiere Pro を購入しましょう

最先端の映像編集ソフトウェアで思い通りの作品を作りましょう。

7日間の無料体験の後は月額2,728 /月(税別)