動画をループさせる方法

動画のインパクト感を高める方法としてリピートがあります。Adobe Premiere Rush を使えば、動画の長さに関係なく、1本の動画をループ動画に変えることができます。

この動画をリピートする方法を知っていますか?それが動画であれば可能です。

ループ動画は、ミュージック動画、マーケティング動画、SNS の投稿など色々な動画を魅力ある動画に変えます。シンプルな動きの動画には何かしらスタイルを加え、教育的な映像では、繰り返し見せることで内容にインパクトを与えることができます。無料のオンラインルーパーを使えば、動画を簡単にループできるので便利です。しかし、より高度な動画エディターを使うと、ウォーターマークのないプロ並みの品質を確保でき、またさまざまなプラットフォーム向けに各種のアスペクト比で動画をエクスポートできます。しかも、Premiere Rush では、iPhone、 iPad、 Android、パソコンなどデバイスに関係なく動画を複製してループすることができます。 

 

Premiere Rushで動画をループする方法

Premiere Rush にはループ動画の機能がありませんが、数分の編集作業で、重複した動画クリップを作り、それを何度も再生することで、動画がループしているように見せることができます。

 

  1. 「+」ボタンをタップして新規プロジェクトを開始し、次に「メディアを追加」 をタップして動画をアップロードします。Premiere Rush はMOV、 M4V、 MP4 の他、数種類の動画ファイルをサポートしています。

  2. 動画クリップをカットして、ループしたいセクションのみ残します。

  3. 動画クリップをハイライトして、タイムラインの左側にある「+」アイコンをタップし、それを必要な回数、重複させて希望する動画の長さにします。

  4. タイムラインの動画クリップを全てクリック&ドラッグしてハイライトし、右のエフェクトパネルを開け、トランジションをタイムラインに取り込んで、動画クリップ間がスムーズに変化していくようにします。この処理を行うにはCross Dissolve が最適なツールです。 

  5. プロジェクトをエクスポートします。
Adobe Premiere Rush で動画をループさせる動画

ループ動画をレベルアップ

動画をPremiere Rush で編集しましたら、後はAdobe Premiere Pro でプロジェクトを開くだけです。高度な編集を実行しましょう。Adobe Photoshop Illustrator からスチル画像を取り込み、それを動画プロジェクトに加えることもできます。  

 

動画を前方向と逆方向に再生

Premiere Pro なら、動画クリップを逆方向再生することができます。動画を複製し、1つおきに逆方向再生させると面白いエフェクトが得られます。アクションが前方向と逆方向の再生を繰り返します。

 

永遠に続くループ動画を作る場合は、GIF を作成

Webページやプレゼン向けに永遠にリピートする動画を作る場合は、高画質のGIF が適しています。以下の手順に従い、 Photoshop 画像や動画からアニメ化したGIFを作ります。

Adobe Photoshop で GIF を作成する

Premiere Pro でシュールな動画を作る

シネマグラフは、GIF を使えばよりアート風な画像になります。動画クリップ中の1つのアクションを分離してループを作ると永遠にループする幻想的な動画が出来上がります。手順を踏んだチュートリアルで、シネマグラフを作ってみましょう

 

静止画像から定型化されたループ動画を作る

静止画像のレイヤーにカラーフィルターを加え、リピートさせて洒落たループ写真のコラージュを作ります。このシンプルだけど印象的なループを作りSNS やWeb ページで早速使ってみます。

画面に Adobe Premiere Rush を搭載したノートパソコン

オリジナルの写真や映像があればそれでループ動画を作りましょう。Adobe Stockには、素敵な静止画像や動画が揃っています。どのような題材でも、好みの素材を選んで想像性豊かなループ動画を作りましょう。さまざまなループ動画を作ってみましょう。スタイルは無限にあります。

Adobe Premiere Rush の多彩な機能

その他のおすすめ...

人の顔のスケッチ

顔と頭を描くスキルを磨く

Adobe Premiere Rush を購入する

どこからでも簡単に映像を作成してオンラインでシェアします。