Adobe Premiere Rush 動画編集ソフトで動画を高画質にする

使いやすいビデオエンハンサーで、色の補正や音を調整して動画の質を高めます。

高画質効果を施される前後の海の写真

音と色を向上させて動画を編集します

動画エディターPremiere Rush を使えば、暗いレストラン内の影を明るくしたり、太陽の当たるビーチの強すぎるハイライトを調整したりできます。動画の中のクリップを全部統一した外観にしたり、ボリュームを調整したり、また音楽やサウンドエフェクトを加えたりすることもできます。Windows、Mac、iPhone、iPad、 Android でPremiere Rush の動画を編集します。ビデオコンバーターは必要ありません。動画クリップがどのような形式(MOV、MPEG-4、WMV)であっても、Premiere Rush で編集できます。このビデオエンハンサーを使って、プロジェクトの映像と音を最高の品質にします。

 

動画の色の質を高める

動画クリップを統合して編集しましたら、色の補正に取り掛かります。Premiere Rush を使って色の質を高めるには、2つの方法があります。

港に立ち海を覗く人の画像に重ねられた Adobe Premiere Rush 色補正インターフェイス

内蔵プリセットを使う

内蔵プリセットを使えば、動画クリップを明るくしたり、暗くしたり、または全てのクリップに統一した外観を加えたりすることもできます。オプションには Cinematic、Night、Noir などがあり、色のハイライトの強調やセピア色を加えるといった編集が素早く簡単にできます。タイムラインで動画クリップを選び、カラーパネルを開いてプリセットを選択します。プリセットタブの下のスライダーで、エフェクトの強度を調整します。

 

カラースライダーを調整する

動画ファイルをカスタム編集するには、スライダーで色を強調します。「露出」、「コントラスト」、「自然な彩度」、「彩度」など、基本的な機能は全て揃っています。高度機能には「フェイデッドフィルム」、「シャープ」、「ビネット」 などの特殊効果があります。全て編集タブで見つけることができますから、希望する外観が得られるまで、いろいろ試してみましょう。プロジェクトまたはタイムラインの中の複数のクリップに調整を適用するには、「プリセットを作成」を選択し、スライダー設定をカスタムプリセットとして保存します。作成したプリセットは、必要な時にはいつでも、プリセットタブのサブセクションにある「自分のプリセット 」で見つけることができます。

 

プロパティを変更する

クリップのサイズ変更、回転、切り抜きを数回の手順で素早く行います。「切り抜きと回転」のパネルを開き、クリップの位置やスケールなど基本の調整をしてください。エッジを切り取る、不透明度や透明度を変更する、エッジフェザーを適用してエッジを和らげるなど、高度な調整機能もあります。手ブレした動画の場合、切り抜き作業が難しくなります。その場合、対象物に焦点を当てるには動画の安定化が必要になります。Premiere Rush で作業を続ける前に、映像をAdobe Premiere Pro に取り込んで、Warp Stabilizerを使います。

 

音声を編集して録音する

各Premiere Rush プロジェクトには、3つのオーディオトラックがあり、ボイスオーバー、音楽、サウンドエフェクトなどを使って、動画の質を高めることができます。

ボイスオーバー用のマイクとその前に座る人の画像

ボイスオーバーを録音する

左のツールバーの青色の「+」アイコンをクリックしてボイスオーバーを選択し、アクションシーンのナレーションや解説を録音します。録音したいオーディトラックの、マイクのアイコンをクリックします。録音を終了すると、オーディオクリップが新しいトラックとしてタイムラインに出てきます。編集を続けている間、クリップは動画クリップに付いたままでいます。

 

音楽やサウンドエフェクトを加える

既に録音したオーディオを加えると、作品としての価値がさらに上がります。左のツールバーから「メディア」 を選び、適切なサウンドエフェクトのあるファイルか、または音楽ファイルを探します。オーディオクリッップ全体を加える場合は、クリップを選択して「追加」をクリックしてください。クリップの一部を加えたい場合は、ラージプレビューのアイコンをクリックし、再生したい部分のレンジを狭くします。オーディオクリップはタイムラインに新しいクリップとして表示されます。編集を続けている間、クリップは動画クリップに付いたままでいます。

 

音声を微調整する

オーディオパネルのシンプルなコントロールを使って、微調整を行います:

 

  • 「クリップ音量」のスライダーを動かして、クリップのボリュームを上げたり下げたりします。
  • オーディオをボイス、音楽、その他などに分類し、オーディオパネルの「アドバンスト」のセクションで、コントロールを調整します。「自動音量」を選択すると音をコンスタントに保つことができ、「バランスサウンド」を選択すると、小さな音を大きくし、大きな音を抑えることができます。バックグラウンドノイズやエコーを除去し、スピーチの部分を引き立てせることもできます。
  • 声のクリップが音楽クリップの上に被って再生された時、オートダックを使うと音楽クリップのボリュームを自動的に下げます。 
港に立ち海を覗く人の画像に重ねられた Adobe Premiere Rush 色補正インターフェイス

最後の仕上げを加えてシェアする

動画の色とオーディオを調整しましたら、次はアニメ化したタイトルシーンや、エンドクレジットなどにテキストを加えてみましょう。Premiere Rushを使えば、任意のフォントサイズ、スタイル、配置、タイミングを簡単に選択できます。次に、「シェア」をクリックして自分のデバイスに保存するか、または直接S NS に高品質のMP4 形式でシェアします。動画の解像度、フレームレート、オーディオチャンネル、動画の画質を選ぶことができます。このような動画編集ツールを使えば、魅力的な動画をどこにいても、作成し、シェアすることができます。

Adobe Premiere Rush の多彩な機能

その他のおすすめ...

スマートフォンでビデオを編集します。

ビデオ編集入門

らゆ

飛行機のプロペラの画像2枚

ローリングシャッター現象なしで撮影

ローリングシャッターは予期せぬ歪みを生み出します。この歪みを防ぐ、または修正する方法を学びましょう。

グラフィックイコライザーを使用してオーディオを微調整する音楽プロデューサー

グラフィックイコライザーの基礎知識
使

レンダリングの準備ができた動画が表示されるスマートフォンを持つ手

動画を圧縮して SNS で共有
Adobe Premiere Rush 使

Adobe Premiere Rush を使う

どこでも動画を作成し、オンラインでシェアします。