Adobe Premiere Pro で動画のブレを補正するには

動画編集ツール・Adobe Premiere Proを使って、ブレてしまった映像をスムーズで見やすい映像に変えてみましょう。

雪山の頂上に立って、カメラを装着しヘルメットをかぶった人

動画の手ブレ補正機能でプロのような映像に

使捉えPremiere Pro ルな使のでさら調使GoPro映像の手補正する方法

Premiere Pro を使って動画の手ブレを補正するには

ステップ

ステップ 1:メディアをインポートする。

手ブレ補正をしたい動画クリップを Premiere Pro に読み込みます。こちらの 3 つの方法があります。

 

  • 「フ
 
  • 右ク、「

 

  • ジェ

 

すでにシーケンスがある場合は、手ブレ補正が必要なクリップをタイムラインにドラッグします。そうでない場合は、右クリックをして「クリップ」から「新規シーケンス」を選択します。

ステップ

ステップ 2:質の良さを維持するためには、クリップを最小の作業エリアに分割する。

ワープスタビライザーはメモリを多く使い、時間のかかる作業ですプロセスしている間、Premiere Pro で作けられが、Premiere Pro 態にけ、分割次にワーのみに使います。

 

クリップを分割するには、プレイヘッドをトラックの分割したい部分に移動します。分割したいチャンネルをハイライトすることを、忘れないようにしてください。もし動画と一緒に音声も分割したい場合は、オーディオトラックもハイライトすることを忘れないようにしてください。音声無しで動画を分割して移動させると、音声が別の部分で同期しない可能性があります。

 

2プを分割したい場合は、Expert View Timeline 使して、バーラップしている別します。

 

キーボードショートカット Command/Control + K キー(Mac Windows 使使Clipを分割をイルから 2 す。

Adobe Premiere Pro 動画安定エフェクトメニューインターフェイス
ステップ

ステップ 3:手ブレのあるクリップにワープスタビライザーを使う。

最初に、補正したいクリップを選択します。次に、エフェクトパネルで、Distort/ワープスタビライザーを選択します。次にダブルクリックしてエフェクトを適用するか、エフェクトをタイムラインまたはエフェクトコントロールパネルのクリップにドラッグします。

 

景でりまの進2 1 2 目のことを示し行われてます。

ステップ

ステップ 4:思い通りの外観になるように補正を調整する。

補正が終わったら作業をチェックして、ショットの中で必要な要素が、すべて入っているように調整をします。

 

ワープスタビライザーは、便利でパワフルなツールですが、補正された動画のアスペクト比を微調整する必要があるかもしれません。クリップの補正が終わった後、その部分がフラついているように見えたら、補正が過度に施されたということです。それも調整できます。もしスタビライザーが、映像の一部を消してしまったら、それを元に戻すためにフレームを調整することができます。

 

ワープスタビライザーは、フレームのそれぞれのポイントを追跡して、その動きに対応する複雑な働きをしています。これは、フレームが回転したり、上に上がったり、横にすべったり、下に行ったりするかもしれないということです。ワープスタビライザーは、映像を補正してもクリップが端から端まで入るように、ズームインするかもしれません。結果が良好であれば、補正はこれで完了です。もし、どこかおかしな点があった場合、以下のことをできます。

 

  • フレームを見る。
    フレーミングメニューで「補正のみ」に設定を変え、スタビライザーが何をしているのか調べてみましょう。これは動いている端も含めフレーム全体を表示します。また、画像を補正するのにどの程度の処理が行われたかを示します。補正のみを使用した場合、ほかの方法を使用して映像を切り抜くことができます。(注意: Auto-scale Crop Less Smooth More

 

  • 滑らかさとトリミングを微調整する。
    Advanced Settings では「滑 Crop Less Smooth More さい。Crop Less Smooth More 、再

 

この 2 つの方法でも十分でない場合は、さらに微細な調整をする必要があります。

海サーフィンをする人

手ブレ補正(Stabilization)を調整する

手振れ補正の設定を調節して、動画の手ブレ補正後の結果を、希望する結果になるようにさらにコントロールします。

 

使調100% 2

 

  • スムースモーション(デフォルト):これは元のカメラの動きを維持しますが、もっと滑らかな動きになります。選択した場合、カメラの動きをなめらかにする度合いを制御する「滑らかさ」が有効になります。

 

  • ノーモーション: Crop Less Smooth More 機能Advanced る状倣し自体

 

Method 調調る動で、別使を出します調整す正がますも動時に使う方紹介

 

  • 位置:補正は位置のデータのみを基本としており、これは映像を補正する最も基本的な方法です。

 

  • 位置、スケール、回転:補正は位置、スケール、回転のデータを基にしています。トラックする領域が十分にない場合は、ワープスタビライザーが位置を選びます。

 

  • 遠近法:これはフレーム全体が、コーナーピンされているような状態にする補正方法です。トラックする領域が十分にない場合、ワープスタビライザーによって前の種類である「位置、スケール、回転」が選択されます。

 

  • サブスペースワープ(デフォルト):これはフレームのさまざまな場所を歪ませることで、フレーム全体を安定させる方法です。トラックする領域が十分にない場合、ワープスタビライザーによって前のタイプ(遠近法)が選択されます。

 

特定のフレームで使用される補正方法が、トラッキング精度に基づいてクリップの流れで変わることがあります。この編集方法は時間がかかります。

 

最後に、「フレーミング」を使うと補正された映像の端をコントロールすることができます。クリップにもよりますが、この方法では他の方法ほど自由が効きません。主にエッジを修正して、カメラの他の動きにあまり関連のない補正を選択する場合、クリップに黒のアーティファクトが現れます。ここでのデフォルトセッティングは、「Stabilize、Crop、自動スケール」です。これは動きの端を切り抜き、フレームに合わせてイメージの大きさを調節します。自動スケールは、「自動スケール」セクションの各種プロパティで制御できます。

 

プス的な使Adobe Premiere Pro を使調ます。

その他のおすすめ...

独自のダイナミックレンジで撮影された海面の写真

ダイナミックレンジとは

カメラのダイナミックレンジ、およびダイナミックレンジで好みの画像を作成する方法を学びます。

着物を着て琴を弾く人

報道写真のビジネスと活動

夜の街の石畳を走るオートバイ

ストリート写真でストーリーを語る

比色計でモニターをキャリブレーション

モニターを最適な色調に補正
ビデオと視覚のズレがなくなるように、モニターの色設定を管理する方法を学びます。

Adobe Premiere Pro を購入する

業界最先端の映像編集ソフトウェアで、思い通りの作品を作ります。

7日間の無料体験の後は月額2,728