キリンの描き方

優雅な歩き方、ヒョロッとした長い首、キリンを正確に描くのは難しいかもしれません。でも、ステップを踏んだチュートリアルのアドバイスに従うと、生き生きとしたキリンの絵になります。

花の冠を被ったキリンの絵

キリンの絵で実力を伸ばす

地球上で一番背の高い生き物、キリンはとても特徴のある動物です。  草食動物であるキリンは小さな群で草を求め敵を避けながら、草原を移動します。キリンの生活はそれほど複雑ではないように思えますが、スケッチする時はそうではありません。強調されたプロポーションの「キリンは描くのが楽しい動物です。しかし、なかなか複雑ですよ。」とイラストレーターのテリル・ウィットラッチさんは言います。

 

キリンのスケッチを始める前に、少しリサーチしましょう。「骨格とキリンの形の構成を考察すると、大変役に立ちます。」とイラストレーターのアレックス・ブローンさんは言います。耳がどんな形なのか、膝はどうやって曲がるか、背中のスロープはどうなっているか、などを理解すれば、人目を引く優雅なキリンが描けます。

野生のキリンの写真

この簡単なステップから始めましょう

 

1.絵の描き方を準備する

参考写真を見る時は、ウィットラッチさんの言う以下の点に注意してください。「キリンにはいくつかの種類があり、それぞれ独特な斑点のパターンが違います。」例えば、ロスチャイルド種のパターンはマサイ種のキリンとかなり違います。可愛い漫画的なキリンを描く場合は、このような詳細はあまり重要ではありません。もし写実的な絵を描く場合は、こうした詳細が重要になります。

 

2.基本形に分割する

細かい部分を描く前に、キリンの形のラインを正確に捉えるために、簡単な下書きをスケッチします。「私はいつも、体を簡単な基本のいくつかの形に分解していきます。」とウィットラッチさんは言います。「几帳面にやりましょう。例えば背中のスロープがどうなっているか、注意してください。また、前脚が後ろ脚より少し長くなっていることにも注意してください。」キリンの主要部分は円形や楕円形で描いてください。関節がどのように繋がっているか、首がどのくらい太いか、観察してください。こうした単純な形を分析していけば、正確に動物を描けるようになります。

 

3.形とシルエットを整える

「大体の構成がつかめましたら、細部を描いていきます。」とウィットラッチさんは言います。曲線を完璧に描き、筋肉を表現します。キリンは背が高くて華奢に見えますが、実際には大きくて頑丈な動物です。その頑丈な感じを絵で表現するために、光を加えて影と立体感を出していきましょう。

キリンの絵の骨組み

テリル・ウィットラッチさんの作品

4.斑点を描く

チータと同様に、キリンにも独特の斑点模様があります。斑点模様の形を描き、キリンの体がそれで覆われるようにしましょう。こうすると絵に立体感が増してきます。参考写真を見ながら、それぞれの斑点の大きさや形を変えてください。「キリンの足に近づくにつれ、斑点の形が薄くなり、サイズもだんだん小さくなります。最後はなくなってしまいます。」とブローンさんは言います。デジタル画を描いている場合は、斑点を新しいレイヤーに描くことで、キリンの他の部分とは別に色をつけたり編集したりすることができます。 

模様などの詳細が描かれたキリンの絵

テリル・ウィットラッチさんの作品

5.基本の色をつける

キリンの基本色として、明るい黄色かベージュにする。デジタルの場合、背景に漏れていかないように、クリッピンマスクとソフトブラシを使って、柔らかな勾配を出していきましょう。光源も念頭に置き、ハイライトを加えたい部分に明るい色をつけましょう。

 

6.斑点に色をつける

キリンの特徴である斑点に、赤味のある暗い茶色で色をつけましょう。デジタル画で斑点を別のレイヤーに描き、クリッピンマスクを使って勾配を加えましょう。そうすれば絵の他の部分に影響がありません。キリンの種類によって、顔の部分の斑点の数が少なかったり色が薄かったりするので、注意しましょう。 

完成したカラフルなキリンの絵の隣に部分的に完成したカラーキリンの絵

テリル・ウィットラッチさんの作品

7.ディテールを加える

色がほとんど入った時点で、頭、タテガミ、尻尾、蹄など、細かい部分を描いていきましょう。「ソフトブラシを使って、口、頭の上部、角などに他の部分と分けて勾配や影を着けてみましょう。」とブローンさんは語ります。そのレイヤーのさらに上に、口、目、鼻先を描きましょう。

 

8.絵に影をつける

「私はいつも色を変えて影をつけます。そうすると絵がもっと生き生きとします。グレーや黒は、動物がボンヤリして活気がないように見えますので避けています。」とブローンさんは説明します。「キリンの顔に、光が来る方法を示すために、とてもソフトなブラシを使ってハイライトを入れます。」ソフトブラシと薄い色を使って、頭、首、腰の関節を明瞭にします。簡単に影をつけるだけで、平坦なスケッチを生き生きとした絵に変えることができます。

色鮮やかに描かれたキリンの絵

テリル・ウィットラッチさんの作品

他のアーティストからインスピレーション得る

Behanceで、才能あるアーティストによるキリンの絵を見てみましょう。

 

 

デジタルで絵を完成させる

Frescoでキリンの絵をレベルアップさせ、思った通りに完成させましょう。本物の水彩画や油絵のように描けるライブブラシや、どんなサイズにも合わせられるベクターブラシで、いろいろ試してみてください。複数のレイヤーを使って、斑点模様をキリンの体の部分から分離し、外回りの線や背景を乱すことなく柔らかな膨らみを描きましょう。

その他のおすすめ…

馬のフレームワークを重ね合わせた馬の描画

馬の描き方を学ぶ
この大きくて美しい動物、馬を描くのはたやすくありません。そのコツを探りましょう。

棒にとまっている青い鳥のカラフルなイラスト

鳥の描き方
このチュートリアルに沿って、鳥の基本的な描き方をデジタルのテクニックで描いてみましょう。

森を背景に岩の上に立っている野生の狼

狼の描き方

紐でつながれた大きいフグと小さいフグのイラスト

プロのイラストレーターになるには

新しいキャリアへの足掛かりとなるポートフォリオの作成と作品のプレゼンテーションのヒントを学びます。

Adobe Fresco を購入する

どこにいても絵を描ける喜びを再確認できます。