水彩画のテクニックを知ろう

水彩画の表現方法を知り、次のプロジェクトのインスピレーションを得ましょう。

水彩技法を練習する、ピンクのネイルをしたアーティストの手

水彩画入門

水彩の流れるような筆づかいや豊かな質感は、アートの世界でも際立った特徴です。身近な水彩絵の具は、子どもからアーティストまで誰でも使用することができます。用途が広く掃除もかんたんな水彩画はアート初心者向けと思われることもありますが、独特の明るさと豊かな表現力を持つ水彩は、子ども向けの本から肖像画に至るまで幅広く使用されています。

 

Jonathan Case

たらしこみ技法の練習をするアーティスト

ウェットオンウェット

ウェットオンウェット

とはいえ、この効果を使用するのはかんたんではありません。ウェットオンウェット、つまり濡れた水彩紙に水を含んだ筆で描くのは、乾いた表面に乾いた筆で描くのとは明らかに違った状態になるので、この技法をマスターするには根気と練習が必要です。水の流れや動きを制御するにはマスキングテープとマスキング液を使います。水を加えすぎた場合にはキッチンペーパーが役立つでしょう。アナログの水彩画には初心者にも専門家にも、その結果が予測できない場合があります。そこでデジタル水彩画の出番です。

 

デジタル水彩画を始める

Benjamin DeweyAdobe Fresco使

水彩画風の夕焼けを背景にした、見事なデジタル絵
猫の創造的なデジタル水彩画

デジタル水彩画のメリット

デジタル水彩画の柔軟性は、プロのアーティストに新たな可能性を提供します。たとえば、従来のようにアナログでクライアント用の水彩画イラストを作成する場合、修正が難しく、できたとしても時間がかかります。「デジタルのメリットは修正がしやすいことです」(Deweyさん)

 

デジタルで絵を描く前に、カラーパレットを決めておく、つまり使う色を決めておくことが重要です。なぜなら、初心者は色を使いすぎて、作品を飽和状態にしてしまうことがあるからです。また、従来のアナログの水彩画では、色を混ぜすぎたりすることもありました。デジタル水彩ではこうした問題は起こりません。色が濁ってしまったらカラーの調整をするだけです。使う色を決める際には、基本的な色彩理論を理解しておくとスムーズに色を決めることができ、魅力的なカラーテーマ内で作業できるでしょう。

ネオンピンクと青のデジタル水彩画用のブラシの軌跡

デジタル水彩では自然で芸術的なブラシストロークを作成することも重要です。「デジタルでは、かならずしも思い通りのブラシストロークができるとは限りません。いままで描いていた通りの質感になるように細かい調整を行ないましょう」(Caseさん)

いろいろな絵筆で色の層を重ねて消し、その軌跡を試してみましょう。ほかのアートと同じように、水彩画もデジタル絵画もマスターするには時間がかかり、練習が必要です。自分に合ったアプローチを見つけましょう。

 

デジタルイラスト向けペイントブラシ

 

完璧な絵筆を見つける

デジタルペイントにおいてブラシの操作と調整使Kyle T. Webster

 

絵画仲間から学ぶ

Behancedobe

 

複数の方法を組み合わせる

使 

伝統的な水彩は常に選択肢の1つですが、デジタルツールを使いこなせるようにすると、創造的なアイデアの可能性が広がります。紙に描く場合でも、画面に描く場合でも、水彩画の素晴らしい力を今すぐ活用して、新しいものを作成し始めましょう。 

提供元

その他のおすすめ

踊っている人物の簡単なデッサン

絵の描き方入門

プロのイラストレーターのアドバイスに従って絵を練習し、スキルを磨きましょう。

紐でつながれた大きいフグと小さいフグのイラスト

プロのイラストレーターになるには

新しいキャリアへの足掛かりとなるポートフォリオの作成と作品のプレゼンテーションのヒントを学びます。

赤い目のアニメキャラクターを描いた漫画風のイラスト

漫画風イラストの描き方

日本の漫画風のイラストに挑戦してみましょう。

鉛筆で描かれたニューヨークの街並み

鉛筆画をはじめよう

多くのアーティストはまず鉛筆デッサンを学びます。この基本の技法を活かして作品を美しく仕上げましょう。

Adobe Frescoを利用

どこにいても絵を描ける喜びを再発見