自作ライトボックスの作り方

高価な照明を使用する代わりに、このステップを踏んだチュートリアルに従い、家にある材料、例えば段ボール箱やデスク用ランプ、ティッシュペーパーの箱などを使ってライトボックスを作ってみましょう。

ライトボックスを使用しているカメラマン

ライトボックスを自分で作る

適切な照明はより良い写真を撮るために重要です。自然光で撮影する時間がない、または照明器具に経費をかけられない場合は、自作ライトボックスが、その問題を解決してくれるかもしれません。ライトボックスはライトテントとも呼ばれ、この中では光が小さな物体の上で均等に当たり、照り返しや影を作りません。

 

通常は製品写真や、静物写真の撮影に使われる自作ライトボックスはコストが安く、プロがスタジオで撮った写真のように、光を満遍なく当てることができます。「クリアで白い背景を作り、かなり均一性のある光が出せます」と写真家であり中小企業経営者でもあるメリッサ・ノセロさんは言います。

 

食品写真のように、クリアで明るい写真が必要な場合、プロのアドバイスを受けて、自作ライトボックスを作る方法を学びましょう。

ライトボックスを使用して撮影された花とサングラスの写真
ライトボックスを使用して撮影された花とカメラの写真

ライトボックスに必要な物

ライトボックスを作る前に、必要な素材を全て揃えます。

 

  • 段ボール箱
    ライトボックスの背景は白くします。可能な限り大きな箱を使うと、さまざまなサイズの物を撮影することができます。段ボール箱がなくても、頑丈な素材であれば何でも使って撮影用のスペースを確保すます。「私は発泡スチロールのポスターボードを箱のフレームにします。でも、表面を白くできる物なら、何でも良いのです」とノセロさんは言います。

 

  • 白い紙
    白い背景を作るために箱の内側に白い紙を貼ります。紙に比べて白いポスターボードの方が箱の内側に付けた時、シワができないのでこちらを推奨します。背景を白くすると、物体が空中に浮いているように見えますので商品撮影には最適です。背景にする素材は、光を吸収し跳ね返さないようにマットを用います。
  • トレーシングペーパー
    トレーシングペーパーは写真の光を広げ、画像に満遍なく当たるようにします。滑らかで白い素材なら何でも使えます。例えばパーチメント紙などが良いでしょう。光を反射せず、全部でなく少しだけ通す素材を使います。

 

  • 透明テープ
    テープは、素材を汚すことなく貼り付けるのに役立ちます。「透明のガムテープを使うといいでしょう。そうしたら何の心配もありません。ノリで素材を貼り付けるのは、とても大変です。透明のガムテープならすぐに貼れて、目に見えません」とノセロさんは言います。
     
  • ハサミ
    段ボール箱や紙など、かなり沢山の素材を切るので、ハサミは常にそばに置いておきましょう。ボックスカッターを使うのも良いでしょう。

 

  • ランプ
    箱の中で光を満遍なく当てるには、その光を放つ光源が必要です。手頃な値段のLED ライトや、明るいデスクランプなど、オンラインまたは実店舗で購入しましょう。
ライトボックス作成に必要な白い布をハサミで切っている写真

自作のライトボックス

ライトボックスの作成に必要な素材が揃いましたら、早速作ってみましょう。

 

1. ドアを作る 

用意した段ボール箱の、1つの面を完全に切り取ります。いつもは蓋になっている部分を切り取ります。「撮影する時に自分が中に入る入り口です」と写真家のローラ・マレーさんは言います。入り口部分の反対側、つまり箱の後ろ側は切りません。

 

2. 窓を付ける

箱の横に窓をつけます。定規で箱の片側の面に、それぞれの辺から5センチの場所に印を付け、鉛筆でその印をつなぎます。それを、カッターナイフかハサミで切り抜けば、長方形のスペースができます。反対側の面でもこれと同じことをします。こうして作った窓から、メインとなる光が通ってきます。

 

3. 白い素材で内側を覆う 

白いポスターボードか厚目の白い紙を、箱の中のサイズに合わせて切ります。紙を箱の上に置き、端からはみ出た部分をハサミかカッターで切り落とします。紙の幅は箱の幅に合わせ、長さは箱の上部の2倍にします。そうすれば、箱の中をシワが出来ずに覆うことができます。「きれいな紙を用意します。ライトボックスの大きさにもよりますが、1枚の紙で前後の面と底をカバーするのが理想です」とノセロさんは言います。

 

紙をテープで上部の端と下部の端に貼り付ける時に、シワにならないよう気をつけます。注意:透明のガムテープをお勧めします。透明でないガムテープは、紙の後ろ側だけにして、ライトボックスの中は明るい白に保ちましょう。

 

4. カーテンをつける 

窓をカバーするために用意した布を切ります。こうすれば、光が箱の中を満遍なく照らします。窓をカバーする素材は、窓よりセンチぐらい大きいものを使います。切り抜いた段ボールを、「カーテン」のサイズの参考として使用します。「白い薄紙は、撮影する物を明るく見せ、入ってくる光を満遍なく分散するので最適な素材です」とマレーさんは言います。素材のサイズを決めましたら、それをテープかノリで、箱の側面に貼ります。

三脚に取り付けられたデジタル一眼レフカメラ

最初の光

こうした手順を全て踏みましたら、手作りのライトボックスができあがります。撮影する時は、ライトボックスを平らな面に置き、被写体になる物をボックスの中心に置くと、より良い写真ができあがります。ビューファインダーで被写体の位置を確認し、写真に段ボール箱が写らないようにします。

 

寒色系のランプを箱の両側10センチぐらいの位置に置き、光が均一に箱の方向に向けて当たるように設定します。黄色系のランプ避けます。光の距離を変えて、それぞれ違う効果を試してみます。

 

通常、これほど明るく鮮明に照らした物を撮影しないので、最初の写真は露出過多や、変な色になるかもしれません。カメラの設定を変えて、いろいろ試してみると良いでしょう。思い通りの写真になるように、ISOシャッタースピードホワイトバランス を調整します。iPhone のようなスマートフォンや、自動モードが付いたカメラの場合は、このような調整をする必要がありません。ライトボックスの長所は、画像を編集するときにクリーンな状態にしやすい点です。

ライトボックスを使用して撮影した食器の写真

作品をより魅力的に

商品写真やその他の写真の魅力を増すには、Adobe Photoshop Lightroomで画像の微調整をします。ホワイトバランスがあまり良くない場合は、カラーグレーディングツールを使って好みに合わせて調節します。Clarityなどのツールはとても使いやすく、傷を素早く簡単に修正できます。1TB以上もあるクラウドストーレージのおかげで、いつでもどこにいても、写真をさらに魅力を上げることができます。

寄稿

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Lightroom 使

その他のおすすめ...

商業写真撮影のためにモデルを準備する制作アシスタント

商業写真を始める

商業写真について学び、クライアントとの仕事や撮影に取り組むためのコツを学びます。

テーブルの上にグレープ、カットしたオレンジ、グラスに入った水

写真の構図を基本

 

マクロ写真で撮影したアカカミ蟻

マクロ写真で小さな被写体を大きく見せる

マクロ撮影のコツを覚えて、小さな被写体を実物より大きく見せるように撮ってみましょう。

アニメ風の 2 人が近未来的な背景を見つめている

マットペインティングで新しい世界の創造

映画やテレビ、ゲームなどで使われる SF の世界の都市やファンタジーの風景をマットペイントで表現する方法を学びます。

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 1,078  /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,248 /月(税別)