絞りとシャッタースピードを理解する

写真原理の基本を学び、そこからどのようなクリエイティブな機会が生まれるかを学びましょう。

舞台上で踊るバレーダンサーを遅いシャッター速度で捉えた写真

写真は芸術と科学の組み合わせです。難しさが倍になるように感じるかもしれませんが、それぞれの基本を理解してしまえば、2つを組み合わせることにより、クリエイティブなビジョンを表方法が無限に広がります。シャッタースピード設定が良い例です。技術的なシャッタースピードの操作方法を学ぶと、鮮明なフリーズフレームのスポーツ写真やビロードのような躍動感あふれる滝の写真まで何でも実現できます。

 

シャッタースピードとは

シャッタースピードとは、その名の通り、カメラのシャッターが閉まるスピードのことです。シャッタースピードが速いと、露出、つまりカメラが光を取り込む時間が短くなります。つまり、シャッタースピードが遅いと、露出は長くなります。 

公園で遊ぶ犬を早いシャッタ速度で捉えた、キレのある写真
高速道路の自動車の流れを遅いシャッター速度で捉えた写真

「シャッター速度には、2つの効果があります。1つは、時間を止められることです」と著者であり写真家のJeff Carlsonさんが説明します。「シャッタースピードが速いと、シャッターはすばやく開閉して、瞬間を切り取ります。

 

「また、シャッタースピードを遅くして絞りを開くと、より多くの光を取り入れることができます」とCarlsonさんは言います。「暗い場所で被写体に適切に露光するには、より多くの光が必要なため、遅いシャッタースピードが効果的です。

 

シャッター速度の調整に伴う課題

シャッター速度を調整する場合、光と動きを考慮します。より多くの光を取り込もうとシャッターを長時間開いたままにすると、動きが写真に影響し、思うような結果が得られません。

 

「シャッターが長く開いていると、その間にフレーム内で動くものがブレてしまうことが問題です。

 

「シャッターが長く開いていると、その間にフレーム内を移動するものがブレてしまうことが問題です。」と、写真家、作家、また教師でもあるBen Longさんは、カメラのブレについて語っています。「さらに、 カメラのシャッターが長時間開いたままで、カメラを動かしてしまうことも問題です。 生きている人間が撮っているのだから仕方がありません。

 

シャッタースピードを遅くすると、レンズを通してより多くの光が取り入れられるため、暗い場所で撮影ができます。一方、シャッタースピードが速いと、レンズが開く時間が短くなるため、レンズに入る光が少なくなります。これは、光が少ない場所では問題になるので、明るい場所で撮影することが大切です。撮影するときはこのことに注意してください。さもなければ、撮影したい被写体が見えないほど非常に暗い写真になってしまいます。 

 

特に動きの速い被写体を撮影する場合、シャッター速度を適切に設定することはシャッターチャンスを見逃さないために重要です。

野を駆けるカモシカを早いシャッター速度で捉えた写真

「数ヶ月前、私は狩りをしているチーターを撮影していました。」と動物写真家であり、 ニューヨーク・タイムズ のベストセラー作家であるCarli Davidsonさんは語っています。「『すみません、もう一度お願いできますか?シャッタースピードが足りず、画像がブレてしまったので、もう一度遅めでお願いします。』と言うことはできません。

 

撮影前にシャッタースピードをよく確認することで、必要な時に必要なことがわかります。

 

シャッタースピードで時間を止める

長時間の露出または遅いシャッタースピードでの撮影中に被写体やカメラが動くことによって モーションブラー が起こってしまう場合は、速いシャッタースピードで時間を止めることができます。

 

「2歳児は、じっと立っていられないものです」とCarlsonさんは言います。「カメラをより高いシャッタースピードに設定すると、2歳児を撮影する場合にブレません。」 

 

シャッタースピードを速くすることで、単にモーションブラーが起こらないようにするでなく、瞬間を切り取った魔法のような写真を撮影することも可能になります。 

 

「写真を撮った理由に話を戻します」と写真家兼デザイナーのShawn Ingersollさんは説明します。「動きを表現したいのか、それとも動いている被写体の一瞬の静止を表現したいのかを考える必要があります。池に岩が落ちる時のように、水が空中に舞い上がる一瞬を表現することができます。

 

露滴のように静的、あるいは津波のように力強くもなる水を例に、シャッタースピードによって2つの物語を伝える方法を紹介します。 

 

「夕暮れの海を見ている場合は、露出を30秒の長時間にするとよいでしょう」とCarlsonさんは提案します。「そうすると、より多くの光が取り込まれ、すべてが完全に暗くはなりません。波は滑らかになり、水はとても柔らかく、ガラスのように見えます。

 

一方、同じ海を速いシャッタースピードの1回のスナップショットで撮影すると、白く泡立つ波や荒々しいうねりを表現できます。写真家は、このように技術的に調整することで創造の世界を広げることができます。

海に流れ込む川を遅いシャッター速度で捉えた写真
日没の中打ち寄せる波を、早いシャッター速度で捉えたくっきりとした写真

遅いシャッタースピードで写真に動きをつける

「私はこの暗いジムでバスケットボールを撮影していました」と、ジャーナリストでウェディングフォトグラファーでもあるAnna Goellnerさんは回想します。「適切な露出を得るために、シャッタースピードを1/50に落とさなければならないこともありましたが、その場合、写真に動きが入ってしまいました。スポーツ写真では、鮮明な画像が求められます。

 

撮影の目的が鮮明で焦点の合った写真であり、アスリートが勝利のゴールを決めたときの顔の表情を捉えたい場合、動きのある被写体を捉えるためには、速いシャッタースピードが必要です。特定の瞬間を停止することで物語を伝えます。しかし、時間を止めて動きを止めてしまうと、語れない物語もあります。

 

「バスケットボールチームが圧勝している場合や、必要な写真をすべて撮影し終わった場合、私は動きをいろいろと試してみたくなります」とGoellnerさんは続けます。「フットボール選手がフィールドを駆け抜けている動きを捉え、瞬間を芸術的に表現することはとても楽しいと思います。シャッタースピードをいろいろ試してみることで、スポーツの中の動きをうまく捉えることができます。

シャッタ速度の効果を使った、アメリカンフットボールのボールを支えるプレーヤーとキッカーの躍動感の写真

遅いシャッタースピードで撮影すると、その瞬間を超える物語を伝えたり、動きを捉えたりすることができます。時にはそれも必要です。 

 

「レース場で、F1レースカーが時速200マイルで通過しているとしましょう。私はその動きを完璧に捉えるために8000分の1秒のスピードで撮影します。出来上がった写真を見ると、まるで駐車してある車のようです。」と、Longさんは語ります。その瞬間には現実味がありません。高速で進んでいる感覚がないのです。 

 

「代わりに、遅いシャッタースピードを使用し、車が目の前を通過する際にカメラで追いかけると、車は少しブレますが、背景は完全に流れ、まるで時速200マイルで進んでいるように見えます。」とLongさんは語ります。「私は、物語の真のリアリティをより現実的に表現するために、クリエイティブな判断を選択しました。」 

 

シャッター速度の選択

「どのような写真を撮りたいだろうか」と自問してください。シャッタースピードを決定するには写真の仕上がりを考える必要があります。

 

「通常のシャッタースピードで滝の写真を撮影すると、水は静止し、そのものの質感が得られます」とCarlsonさんは言います。「しかし、水が滑らかで絹のような滝の写真を撮影できることも知っています。それは素晴らしい技術であり、とてもかんたんです。カメラが動かないことを確認し、長いシャッタースピードで撮影するだけです。流れ落ちる水が細部まで混ざり合い、そのような表現が得られます。

シャッター速度の設定次第で様々な写真が撮れることをよく示している美しい滝の写真

シャッタースピードにより、動きを利用したり、止めたりして、物語を伝えたり、雰囲気まで捉えた写真を撮影することができます。速いシャッタースピードでその一瞬のスナップショットを撮影するか、遅いシャッタースピードの写真で被写体の動きを表現するか、どちらからも物語が伝わります。表現したい物語は、瞬間をそのまま捉えるものですか、それとも捉えられた瞬間を感じてもらうものですか。あるいは、単に視覚的な詳細ではなく、瞬間のエネルギーを捉えるものでしょうか。シャッタースピードを習得すれば、思い通りに自在に撮影できるようになります。 

 

技術的知識は役立ちますが、実践しなければこの技術は身に付きません。

 

「写真がどのように機能するかという、技術的な知識を得ることができます。しかし常に実践し、経験を重ねることで、知識と技術が結びつきます。」と Davidsonさんは言います。

その他のおすすめ

ステージで演技するバレエダンサー、シャッタースピード写真撮影 | Adobe

絞りとシャッタースピードを理解する

ブレのないきれいな写真や動きの多い被写体を撮影できるよう、シャッタースピードを調整する方法を説明します。

水辺の犬、焦点距離のヒント | Adobe

焦点距離について学ぶ

個々の写真に最適な焦点距離の選び方を紹介します。

夜の日本の街、夜景のヒント | アドビ

夜景写真を上手に撮る方法
ここで紹介する夜間撮影のコツを実践すれば、撮影場所が暗くても写真の品質が下がることはありません。

喫茶店でコーヒーが抽出されている。浅い被写界深度のヒント | Adobe

被写界深度とは
被写界深度を浅くすると、どのように写真に奥行きが加わるかを説明します。

Photoshop Lightroomを入手

写真の閲覧から補正や加工、管理まで。スマホでもPCでも同期できる写真サービス。

7日間の無料体験の後は月額980 (税別)