焦点距離を理解すれば、

どんな写真も撮れるように

焦点距離について学び、焦点距離がレンズに与える影響を理解して、目的に適したレンズを使用しましょう。

焦点距離を上手に使って撮った水辺の白い犬

どのような機材を使っても、よい写真を撮影することはできます。ただし、焦点距離が異なるレンズが多いほど、写真表現の幅は大きく広がります。

 

 

 

焦点距離を理解する

レンズの焦点距離とは、レンズ内で光が出会う地点からカメラのセンサーまでの光学距離(通常はミリ単位)のことです。18ミリなどの短い焦点距離のレンズを使用すると、撮影した写真の画角が広がり、200ミリのような長い焦点距離のレンズでは画角は狭くなります。

カメラの被写界深度を示すグラフィックの例

Derek Boyd

 

技術的な側面はここまでにして、実践的な側面について説明しましょう。

 

 

単焦点レンズについて

レンズには望遠レンズから超広角の魚眼レンズまで、多種多様なレンズがあります。人生にも写真にも、スパイスとなる選択肢があるのはよいことです。一方、特定の焦点距離内で知識とスキルを磨こうというとき、単焦点レンズ(プライムレンズ)は最高のトレーニングになります。

フードカートの料理人から食べ物を受け取る女性を焦点範囲を利用して撮影
被写界深度を利用してステージ脇からバンド全体を捉える
被写界深度を利用して孫を抱く祖母に焦点を合わせる

単焦点距離レンズには、ズームがなく、単一の焦点距離でしか撮影ができません。

 

「プロとして写真を撮影したいのなら、自分の好きな焦点距離、快適に使える焦点距離を選び、それだけでしばらく撮影することをおすすめします。ひとつの焦点距離のみで作品を作るようにしてみましょう。そうするとカメラについて、写真について、撮影時の設定について、よく考えるようになります。よりゆとりを持って撮影できるようになります。ズームレンズを使用していると、ズームしたい誘惑にかられますが、単焦点レンズを使用している場合は、自分が動かなければなりません」(Boydさん)

 

 

 

「選ぶレンズの種類と焦点距離は、自分のスタイルを表現するのに役立つでしょう。それは撮影法や写真の仕上がりにも影響します」(ウェディングフォトグラファー/Kilen Murphyさん)

 

使

 

 

焦点距離を変えると、大変革も起こる

ライブイベントの写真撮影をすると、焦点距離が撮影に与える影響をよく理解できます。完璧な角度を探して会場を動き回ったり、ときには最もいい撮影を行なうために焦点距離を変更する必要があります。

 

「撮影する被写体と、それがどのレンズならうまく撮影できるかを把握しておく必要があります。現場では被写体がどこに向かっているのか、次に何が起こるのかを予測しています。そして、シャッターチャンスのときに都合の悪い場所にいて後れを取ることがないように、できるだけ有利な環境にいたいと思っています」(著者・デザイナー・写真家/Khara Plicanicさん)

 

結婚式を撮影するとき、Plicanicさんは50ミリ、16-35ミリ、70-200ミリの3つのレンズを準備します。イベントや撮影にはさまざまな条件があり、キャディが次のショットをグリーンに着地させるために適切なゴルフクラブを選択するのと同じように、焦点距離を見分ける能力があれば、完璧な写真も実現可能になります。

被写界深度を利用して、通路を歩く新婦とその父を浮き立たせるように捉えている
被写界深度を利用して、指輪交換をする新郎新婦に焦点を合わせたまま、完璧な瞬間をとらえている

レンズと焦点距離の早見表

焦点距離を学ぶガイドとして、一般的なレンズ、対応する焦点距離、最適な写真の種類のリストを以下に紹介します。

写真の焦点距離に合わせた様々なカメラレンズ
  • 魚眼レンズ:7〜16ミリでは、レンズの視野は非常に広くなり、端で曲がったり歪んだりします。広い街並みを撮影したり、水平線を曲げたりするのに最適です。

  • 広角レンズ:10〜42ミリのレンズは、広い風景や大規模な集合写真の撮影に最適です。

  • 標準レンズ:固定焦点距離が50ミリ、85ミリ、100ミリのレンズは、ポートレートやライブイベント写真、スチル撮影で頼れるレンズです。

  • 望遠レンズ:100〜800ミリに至るまで距離はさまざまです。長いレンズでは数百メートル離れた被写体も撮影できますが、そのぶん、狭い視野、浅い被写界深度で撮影することになります。

 

ほかにもティルトシフトレンズやマクロレンズなど、用途に合わせて多くのレンズがありますが、まずは上記のリストから自分の目的に合ったセットを揃え始めるとよいでしょう。

 

こうした技術的なノウハウを頭に入れておけば、どのレンズが自分に合っているかをいつでも確かめることができます。あとはその知識を活用するだけです。ウェディングフォトグラファーのAnna Goellnerさんは「とにかく実験をするに限ります」とアドバイスしています。すべての場所が実験の舞台です。とにかく外に出て、撮影を続けましょう。

その他のおすすめ

ステージで演技するバレエダンサー、シャッタースピード写真撮影 | Adobe

絞りとシャッタースピードを理解する

ブレのないきれいな写真や動きの多い被写体を撮影できるよう、シャッタースピードを調整する方法を説明します。

喫茶店でコーヒーが抽出されている。浅い被写界深度のヒント | Adobe

被写界深度とは
被写界深度を浅くすると、どのように写真に奥行きが加わるかを説明します。

風景写真

美しい風景写真の撮り方
景色を芸術的に撮影するための風景写真の技術を学びます。

夜の日本の街、夜景のヒント | アドビ

夜景写真を上手に撮る方法
ここで紹介する夜間撮影のコツを実践すれば、撮影場所が暗くても写真の品質が下がることはありません。

Photoshop Lightroomを入手

写真の閲覧から補正や加工、管理まで。スマホでもPCでも同期できる写真サービス。

7日間の無料体験の後は月額980 (税別)