ネガティブスペースの効果的な使い方

ネガティブスペース写真は、被写体をドラマチックに周囲の環境の中に置き、ぽっかりと空いた空間を使ってストーリー性をもたせます。

ネガティブスペースと犬を連れて歩く人

撮影:ウィル・ミルン

ネガティブスペース写真とは?

ネガティブスペース写真は、ミニマリスト写真と関連性があります。ネガティブスペース写真は被写体だけでなく、その周りの空間をも強調します。写真を見る人の目は被写体に惹きつけられますが、その被写体を引き立てる周りの大きな空間にも注意が引き寄せられます。ぽっかり空いた空間(それがどのような形であっても)は、被写体に意味を与え、被写体を強調します。「モデルまたは演技者が名詞としたら、ネガティブスペースは形容詞です」と語るのは写真家のジミー・マーブルさんです。

 

「写真という形のミニマリズムです。焦点を当てる部分の他には、ほんの少しの要素があるのみです」写真家のウィル・ミルンさんは言います。焦点を当てる部分、つまり主要の被写体は「ポジティブスペース」で、その他の部分、たとえば何もない空や、空っぽのスタジオのスペースはネガティブスペースです。
     

焦点を当てる被写体が何であれ、周囲のスペースも絶対に無視できない存在にしなければなりません。「空いた空間にも役目を持たせるのです」と写真家のペテシア・ル・フォーンホーク・マジョーリさんは語ります。大体のルールとして、ネガティブスペースが写真全体の少なくとも50%を占めるようにすると、程よい効果が得られます。景色の中に被写体がたった1つ、ポツンと遠くに写っている風景写真は、物のサイズの違いや孤立感を出し、ネガティブスペース写真の特徴をよく表していると言えます。

 

ネガティブスペース写真の要素

ネガティブスペース写真は、被写体とそれを取り囲むスペースとの関わり合いが重要です。「私は常に、自分の写真をデザインの観点から思考します。フレームとなるボックスがあるとします。そのボックスをアレンジするのです」とマーブルさんは言います。そのフレームの中で、被写体の占める位置はフレームの半分以下です。ほとんどはネガティブスペースが占めています。

        

ネガティブスペース写真を撮影する写真家も、三分割法などの構図のルールを使いますが、このルールに対して個性的なスタイルで写真を撮っています。「創造力を発揮して三分割を使いましょう。私が最も好むのは、極端な前景と極端な背景の構図です」とマーブルさんは言います。

 

ネガティブスペースを使った吹き抜けから見える青空と雲

撮影:ウィル・ミルン

大抵は、写真にはわずかな要素しか写っていないので、それぞれに重要な意味をもたさなくてはなりません。一つ一つを丁寧に表現する必要があります。「写真に写っているものはとても存在感があります。あまりにもシンプルなので、難しくないと思うかもしれませんが、写真の前景や背景と共に、邪魔な物は何か、どうやってそれを除去するかを、考えなければなりません」とミルンさんは言います。

 

ネガティブスペースの例

ネガティブスペースは、いつもではありませんが、何もない空間を背景に使うことがよくあります。それはコンクリートの壁だったり、明るい色の紙だったり、または黒のスタジオバックグラウンドだったりします。しかし、それら以外にもたくさんの空間が存在します。何もない空間を色々な形で表現できます。

     

ネガティブスペースは、いつも同じである必要はありません。野原には、豊富なテクスチャがありますのでネガティブスペースとして使うことができます。同様に、何かしらの変化のある砂漠の光景や曇り空は1色ではないのにもかかわらずドラマチックで空っぽの空間を表現できます。ネガティブスペース写真とは、広い野原や広大な砂漠、広い空など大きく広がったスペースと被写体との関係を表現します。大抵の場合、最も重要なのは大きさの感覚で、ネガティブスペースがどのようなタイプであるか、と言うことより、被写体の周りに十分なスペースがあることです。ただのミニマリスト的な単一色の背景より、多くの意味を持っています。

ネガティブスペースを使った雪の中の足跡の曲線を撮ったオーバーヘッド写真
ネガティブスペースを使った雪の中の足跡を撮ったオーバーヘッド写真

撮影:ウィル・ミルン

光がネガティブスペースに影響を与える

「 光と影を使って、ネガティブスペースを作ることができます」とマーブルさんは言います。光は被写体を大胆に、そしてドラマチックに強調し、背景に伸びる影は被写体と空間との関係をさらに強調します。その空間は、明るい光が直接当たる時に最大の効果を発揮します。

          

「強い光を使った時に被写体の形に注意が向けられます」とミルンさんは言います。柔らかい光は、ぼやけた感じの優しい影を出し、その効果は多くのネガティブスペース写真を特徴づける表現方法とは異なるものです。

 

オリジナルのネガティブスペースをつくる

「ネガティブスペースになるものであれば、率先してそれを使ってみましょう。色々な種類の空間がネガティブスペースとして使うことができます」カメラの設定によってもネガティブスペースを作ることができます。浅い被写界深度はぼやけた背景を作り、焦点を当てた被写体が際立って見えます。また、適切な構図を使えばどのような空間でも、見る人の目を引きつけるネガティブスペースに変えることができます。ネガティブスペース写真は、コントラストと大きさが重要です。熟練の写真家であれば、そのような効果を出すために、ボケやその他のエフェクトを使って、フレームの一部をぼやけたネガティブスペースに変え、被写体をシャープに写します。

     

テーマを選ばない空間利用の写真食品の写真やファッション写真は、ネガティブスペース写真にすることができます。人通りの激しいニューヨークのストリート写真やビジネス用のポートレート写真、商品写真でもネガティブスペース写真にすることができます。被写体を大きな空間の中に置き、被写体とその空間に十分な関連性を持たせれば、どのような写真家でもネガティブスペースを使って、個性的な写真を撮ることができます。

 

ネガティブスペース画像の印象

ネガティブスペース写真の最も重要な点は、見る人にどのような印象を与えるかということです。何もない空間に囲まれた被写体の人物は、周りの雰囲気との関係性を表しています。ほとんどの場合、被写体よりそれを取り囲む空間の方が当然かつ比喩的にもより大きな広がりを持っています。ポジティブスペースとネガティブスペースが、互いに関連しあって魅力的な効果を生み出します。

大きなビルの前で自転車に乗る人を撮ったネガティブスペースを使った写真

この効果を理解し、ネガティブスペース写真のスキルを磨く良い方法は、たくさんのスペースを使って撮影してみることです。多くの経験と探求を積んで、空間が表す印象的な側面を感じ取れるようになりましょう。そうすれば、特定の印象を捉えるスキルを磨くことができます。「自然の中にあるものを利用します。自分が小さな存在であることを認識します。そして、さらに探求を続けます。空間を理解するには、それを体験するのみです」とル・フォーンホーク・マジョーリさんは言います。

    

何もない空間を使う時は意図的に行います。ネガティブスペース写真は多くの場合、ミニマリスト的な写真になりがちです。全てが鮮明で洗練されています。それが全体的に効果をもたらします。不必要な要素は編集で除去します。広大で何もない空間は、多くの場合、写真家が意図的につくっています。Adobe Photoshop で入念に不要な物を除去し、切り抜き、整理し、きめ細かく画像を創り上げた結果、人の目を被写体に導き、空間の中の形を美しく感じさせるのです。

協力

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Adobe Lightroom のプリセットで写真を簡単に編集し、クラウドの写真ストーレージ管理を使えば、どこにいても自分の作品にアクセスできます。

その他のおすすめ...

カメラのさまざまな ISO 設定

ISOの概要
露出の三大柱のひとつである ISO が写真で果たす役割を学びます。

金魚鉢が並ぶ棚を背景に、テーブルの上の金魚鉢を見つめる人

象徴的な写真でより深いアイデアを表現

象徴的な写真のアートを探り、物と色を使って、アイデアを伝えましょう。

landscape-photography

美しい風景写真の撮り方
景色を芸術的に撮るコツを学びます。

テーブルの上にグレープ、カットしたオレンジ、グラスに入った水

写真の構図を基本

 

写真についてさらに学ぶ

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 1,078  /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,480 /月(税別)