ペット写真の 撮りかたを知ろう

ペット写真の撮りかたを学び、プロのペット写真家からアドバイスをもらって、愛犬や愛猫が喜ぶ写真を撮ってみましょう。

燻したようなオレンジ色のソファーにドカンと座るゴールデンレトリバーのペット写真

Robyn Aroutyさん撮影

動物撮影・初級編

 

 

 

モフモフ感を上手に撮影する

ポートレートと顔写真撮影で品質を左右する要素、つまり光の当てかたや背景の使いかた、基本的なカメラの撮影設定などはペット撮影でも同じように重要ですが、最大の違いは何と言っても被写体が異なることです。

 

動物撮影の経験を積む方法

 

『Shake』『Shake Puppies』Carli Davidsonさ

首振りを捉えた子犬のペット写真

Carli Davidsonさん撮影

濡れた体を乾かそうと水を弾き飛ばす瞬間を捉えたペット写真

被写体について知る

 

10Robyn AroutyArouty

 

撮影中は臨機応変に対応

 

動物は刺激に反応するものですが、どの猫にも犬にも個性があります。ほかの動物が反応しないことに反応するペットもいます。また、どんなペットでも毎回同じ反応をしてくれることは期待できません。「同じ音を立てるのは1、2回まで。口やノドから出す音にしても、音のするおもちゃにしても、3回目からは効果がなくなります」(Aroutyさん)

 

動物に音を使う方法については、Davidsonさんがさらにくわしく説明しています。「ひとつの音に対する反応は、大抵ほんの数通りなので、恥ずかしがらずに変な音をいろいろ立てられるようになりましょう」。すべては動物の注意を引いてスムーズに交流するためです。「お客さまに、犬を連れてくる日の朝は餌を半分に減らすようお願いしています。そうすれば食べもので注意を引きやすくなりますから」(Davidsonさん)

ご褒美を咥えようとする犬を捉えた動きのあるペット写真

Robyn Aroutyさん撮影

居心地よい雰囲気を作る

 

動物の被写体も人の場合と同じように、リラックスしているほうがいい写真がたくさん撮れるものです。犬のポートレートを撮影するのはそれほど難しくありません。Davidsonさんによれば、「犬は車に飛び乗って、動物病院以外にも行ったことがある」からです。「猫は普段家のなかで暮らしていて、車に乗るのは到着先で針を刺されるときだけなので、当然不信感を抱きます。だから、猫は落ち着くまでに時間と手間がかかるのです」

根気よく時間をかけましょう。クオリティの高い写真を撮影することは大事ですが、無理強いはしないようにしましょう。動物が必ずしもいい反応をしてくれるとは限りませんし、ペットがストレスを感じてしまうと、被写体にも飼い主にも気に入られることはないでしょう。

ファンキーブルーのソファーに並ぶ五匹の猫のペット写真

Robyn Aroutyさん撮影

一歩進んだペット撮影のテクニック

写真の被写体が動物の場合、考慮するべきことがまだいくつかあります。

 

シャッタースピードを速くする

 

「犬はいつでも興奮して動き回っているものです。ですから、自分の機材を熟知しておくことが大切です」(Davidsonさん)。ポートレート写真の被写体がペットの場合は、人のようにじっと座っていてはくれないでしょう。動きのある写真を撮影するようなつもりで撮影に臨む必要があります。このとき、シャッタースピードを速くすれば、犬や猫、ほかの動物が、伸びをしたり、体を引っかいたり、舐めたりする前に、瞬間をうまく捉えた写真が撮れることでしょう。

 

光の当てかた

 

ほかの写真同様、ポートレート撮影時の光の変化にどう対応するかは、写真家が対処しなければならない問題ですが、さまざまな毛色の動物を撮影する場合、この問題はさらに複雑になります。光の吸収は、動物の毛と人の肌で異なるからです。「暗い光で黒っぽい色の犬を撮影したら怖い写真になってしまいます。時間帯、影の具合、撮影者の立ち位置を考えましょう」(Davidsonさん)自然光の代わりにフラッシュを使う場合、被写体となる動物がどんな反応をするかを考慮する必要があります。「ハリケーン・ハービーの上陸でPTSDを患った犬がたくさんいます。多くの犬にとってフラッシュの光は怖いものなのです」(Aroutyさん)

手入れされた毛並みの犬の白黒ペットポートレート

Robyn Aroutyさん撮影

写真を後処理で調整する

調使

 

「Photoshopはたとえばリードを消すときに使います。犬が遊ぶ時間ではないことを理解し、歩き回らないようにする必要があるので、細いリードを使って撮影をして、あとでPhotoshopを使って削除するのです。アシスタントがカメラの前でご褒美をあげている手も同様に修正できます」(Aroutyさん)

 

使

その他のおすすめ

街の夜景のぼかし写真

写真の背景をぼかす方法

写真を印象的に見せる美しいぼかし効果について詳しく学びましょう。

マクロ撮影で捉えたうろつく火蟻

マクロ撮影で小さなものを大きく捉える

小さな被写体を実物より大きく撮ってみましょう。新しい世界の扉を開くマクロ撮影のヒントを紹介します。

ステージで演技するバレエダンサー、シャッタースピード写真撮影 | Adobe

絞りとシャッタースピードを理解する

ブレのないきれいな写真や動きの多い被写体を撮影できるよう、シャッタースピードを調整する方法を説明します。

水辺の犬、焦点距離のヒント | Adobe

焦点距離について学ぶ

個々の写真に最適な焦点距離の選び方を紹介します。

Photoshop Lightroomを入手

写真の閲覧から補正や加工、管理まで。スマホでもPCでも同期できる写真サービス。

7日間の無料体験の後は月額980 (税別)