Adobe AI の機能を活用してリップシンクアニメーションの作成

キャラクターに声を出させる。Adobe Character AnimatorとAdobe Animateは、スピーチのアニメ化をスムーズな作業にします。

発話されたアルファベットを言う口のイラスト

Adobe AI テクノロジーでアニメーションをスムーズな作業に

キャラクターが話している通りに口を動かすのは、アニメーションの作業の中でも大変時間と手間のかかる仕事でした。Adobe Character Animate Adobe Animatorは、 Adobe Sensei AI テクノロジーの力を背景に、アニメーションのリップシンクにかかる時間と手間を、大幅に節減しました。

Adobe Character Animator でリップシンクをアニメ化する

Character Animator のAdobe Sensei AI テクノロジーを使えば、口の形、ビゼームや口の形が表す音、フォネームをスムーズに割り当てることができます。これには2つの方法があります。

 

  • カメラを通した自分自身の動きで、Character Animator のアニメキャラクター(パペットと呼ばれる)をコントロールします。

  • 録音済みのオーディオファイルをアップロードし、既にあるパペットと同期させます。同時にジェスチャーや他の動きもマニュアルで加えます。

 

いずれの場合も、Character Animator で口の形をカスタマイズや変更をすることができます。また、録音したある時間においてマニュアルで口の形をパペットに割り当てることができます。口の形がどれだけ続くか、どの程度誇張するかについて微調整します。こうすれば、キャラクターの考えや感情をかなり表現することができます。

 

カメラが捉えた無表情、笑顔、驚いた顔などを除き、Character Animator で口の形を動かすのはオーディオです。

 

口の形は、Adobe PhotoshopとIllustrator のドキュメントです。あるキャラクター用に一つの口を借りて、それを別のキャラクターに使ったり、または全く新しい口を作ったりすることもできます。

 

Character Animator について詳細を学ぶ

Adobe Character Animator でアニメートされている漫画のキャラクター

口の形を作る

Character Animator で口がどのように動くのか観察し、既にある口の形をカスタマイズする、または新しい口を作ってみましょう。

詳細を見る

Adobe Character Animator のコントロールパペット

ビヘイビアを使ってパペットをコントロールする

Character Animator のビヘイビアには、キャラクターがどう動くのか、どう話すのか、および口の線の動きなどが含まれます。キャラクターの話し方を決めた時、リップシンクのカスタマイズの方法についても考えておきます。

詳細を見る

Adobe Character Animator でライブストリーム用にコントロールされるキャラクター

ストリーミングのコツと技

アニメのキャラクターをストリーミングします。ライブの視聴者向けのリアルタイムアニメーションとパペットのパフォーマンスについて学びます。

詳細を見る

Adobe Character Animator でアニメ化された骸骨のイラスト

Character Animator のキーボードショートカット

最速のアニメーションソフトをより高速にします。ショートカットが分かれば時間が節約でき、アニメ化が一段高速化します。

詳細を見る

sdvs

Animate でリップシンクをアニメ化する

Adobe Animate は、人工知能で動作するリップシンクに対応しているだけでなく、アニメーション全体もコントロールしています。Animate はAdobe Sensei AI テクノロジーを使って、ビゼームをフォネームに一致させています。

 

Animate は、従来のフレームごとにリップシンクをするアニメーションにも対応しています。オーディオトラックとマウスチャートにより、マニュアルで口の形に合わせ、タイムライン内で該当する画像をキーフレームに正確に合わせることができます。

 

他のAdobe Creative Cloud のソフトウェアでもシームレスに併用できます。単一の統合システムで、初期イラスト、コンセプトアート、編集 仕上げの動画に対応しています。

 

  • Animate で口の形のライブラリーを作り、Adobe Photoshop またはIllustrator からアセットをインポートします。

  • Adobe Audition で会話などのオーディオを録音します。

  • Animate でキャラクターに動き、スピーチ、顔の表情を与えて生きているように見せます。

  • Adobe After Effects でグラフィックやその他の効果を加えます。

  • Adobe Premiere で全て一括編集をします。
Adobe Animate でリップシンクアニメーション化されたキャラクター

Animateについて詳細を見る

Animate のシンボルインスタンスで作成と作業をします

特定の音を特定のシーンに割り当てます。「口の形」などシンボルの作り方を覚えて、タイムライン内の特定の場所にそのシンボルが表示されるようにします。

詳細を見る

Adobe Animate でサウンドをビジュアルにマッピングする画像

自動リップシンク

キャラクターの口の形のライブラリーを作り、 Adobe Animate AI を使ってそれをスピーチに割り当てます。

詳細を見る

自動リップシンクでリップシンクを作る方法

スピーチの各部分に口の形を割り当てる手順について説明する動画シリーズを見ます。

詳細を見る

 

さまざまなアニメーション処理

自動リップシンクは、 Character Animator Animate によるアニメーションを高度化するための方法の1つにすぎません。Adobe のアニメーションアプリを使えば、スムーズに全てのアニメーション処理を行うことができますので確認しましょう。

 

Character Animator を試す

 

Animate を試す

その他のおすすめ…

寿司を食べている男性のアニメーション

ロトスコープで現実をアニメ化

100年も前からあるこのテクニックの現代バージョンを学び、自分だけのアニメーションを作ってみましょう。

ホワイトボードアニメーションのスチール画像

ホワイトボードアニメーションの基礎

良質なホワイトボードアニメーション動画を作成して、自分の制作スタイルを確立しましょう。

刀を持ったアニメの女性キャラクターのアクション撮影

アニメのスピードラインで、映像に漫画的なアクションを加える

ダイナミックに広がるモーションラインで、アニメーションに日本アニメ的アクションを加えます。

スマートフォンでビデオを編集します。

ビデオ編集入門

らゆ