ホワイトボードアニメーションを

学ぶ

ホワイトボードを使った質の高い動画の作り方を学び、自分のアニメーションスタイルを作ります。

ホワイトボードアニメーションとは?

誰でもミーティングでアイデアを絵にしたり、数学の授業で問題をイラスト化したり、買い物リストを書いたりするためにホワイトボードを使ったことがあるでしょう。
ホワイトボードは、アニメーション動画を作成するときにも使うことができます。

 

ホワイトボードは、複雑なアイデアをイラストで視覚的に表現できます。同様に、ホワイトボードアニメーションは、マーケティング動画や、教育用動画によく使われます。
対象を明確かつ視覚的なイラストと興味深い説明で示すことができるので、顧客や学生の注意を素早く確実に捉えることができます。

 

「ホワイトボードアニメーションは元々、普通のホワイトボードにマーカーペンで描いて作成していました。通常は、影もつけずに線でサッと書きました」とアニメーターでイラストレーターのマーク・ウディングさんは説明します。このホワイトボードアニメーション動画には内容の説明の音声や、描かれているシーンのナレーションが付いていることがよくあります。

 

魅力的なホワイトボードアニメーション動画を作る方法

1.ホワイトボードアニメーション動画用のアウトラインを決める

魅力的な動画を作るポイントは、良い台本を書くことです。「動画はストーリーが良ければ成功します。魅力的な動画を作りたいなら、良い台本を書くことから始めてください」とアニメーターでイラストレーターのウィリアム・ウォレンさんは言います。台本を書く前に、動画の内容に注意し、何を言いたいのか、どのようにそれを伝えたいのかよく考える必要があります。

 

ほとんどのホワイトボード動画は、トピックについて説明するか、またはストーリーを語っています。たとえ退屈な学校の授業でも、方法次第で大変面白くなります。「人に訴えるような話は必ずあるはずです。魅力あるストーリーを基本に従って伝えれば、どのようなトピックであっても、相手にその魅力が伝わります」とウォレンさんは説明します。

 

ホワイトボードアニメーション動画の台本を書く時は、常にビジュアルを念頭におきます。文章1つにつき1つのシンボル、または1つのイラストという割合にすると、適度なスピードになります。「1つの文章を話すうちに3つもイラストを見せてしまうと、見ている人にとってペースが早すぎます。しかし、1段落につきイラスト1つでは、間が空きすぎて見ている人は、次のイラストが出てくるまでに待ちくたびれてしまいます」とウディングさんは説明します。台本を書きながら、声に出して読むことが重要です。そうすればボイスオーバーのペースや話し方の調子が掴め、仕上がった動画に、ボイスオーバーが自然な流れで耳に聞こえるかどうか、わかってきます。

ビジネスを始める為の白黒のホワイトボードアニメーション

2.ストーリーボードを作り、アニメーションのスタイルを決める

ストーリーボードを計画して作成すると、各ボイスオーバーに合わせて、どのような絵を描くか決めるのに役立ちます。「手順に従った、内容の良いストーリーボードがあれば、最終的な動画も素晴らしいものになります」とウォレンさんは言います。

 

アニメーションの各部分の絵を事前に決めておいて、それぞれの絵が合体するとどのようになるのか考えます。「ホワイトボード動画では、ビジュアルのコンセプトが一番重要です。ビジュアルイメージが動き出すことで、見ている人は興味を惹かれていきます」とウディングさんは説明します。どのようなキャラクターをアニメ化するのか考えます。どのような色を使いたいかも考えておきます。イラストの他に、文字も加えることも考慮します。ボイスオーバーの部分は、見ている人にわかりやすいよう、文字を表示します。 

スタートアップ企業のホワイトボード図面

3.必要な道具を揃える

制作プロセスにおける次の手順は、撮影する場所を準備し、道具を揃えることです。ホワイトボードアニメーションは通常、普通のホワイトボードを使いますが、フォームボードや大きな白い紙を使うこともできます。その場合、違うタイプのペンを使うことになりますが、「消す」と言う作業はできなくなります。何を使って描くか決めたら、撮影場所を決めて照明やカメラを準備します。

 

カメラをホワイトボードかフォームボードの上の方に設置し、描いたイラストが正面から見えるようにします。自分の手とカメラの位置を確かめ、フレームの中に、イラストを完成させるのに十分なスペースを確保します。イラストを描く時に自分の手の影が映らないよう、照明がシーンに十分当たるようにします。

 

4.ホワイトボード動画向けにイラストを描き、撮影する

動画を撮影する前に、イラストを描くためのウォーミングアップをします。「私はホワイトボードに描く前に、大抵20ぐらいの絵を描いてウォーミングアップします。描き始めは、手がまだ硬くてよく動きません。だから最初のイラストのいくつかはあまり躍動感がしないのです」とウディングさんは説明します。

 

イラストやアイコン、文字など一つ一つ時間をかけて描きます。描く速度は後処理で早めることができますが、描いてしまったイラストを、撮影後に直すのはそう簡単にはいきません。ストーリーボードを常にそばに置いて、何も描き落とさないようにします。楽しみながらイラストを描くことが大切です。

スタートアップビジネスのためのホワイトボードの描画の上に重ねられたビデオ記録インターフェース

5.声とサウンドエフェクトを録音する

自分で録音しても、他人に録音してもらっても、ボイスオーバーの質の良し悪しが動画制作の鍵となります。自分で録音するなら、ホームレコーディングスタジオをセットアップします。ボイスオーバーを録音しましたら、Adobe Auditionを使って、余分なバックグラウンドノイズを除去します。次に、トラックをクリーンにし、必要であれば新しいレイヤーを作ってサウンドエフェクトを加えます。

 

6.後処理でまとめ、仕上げる

オーディオとビジュアルを結合させます。Adobe Premiere Proのツールを使って、ボイスオーバーの部分とそれに相当するイラストの部分を整えます。

 

 
  • 動画がボイスオーバーと合うように、動画のスピードを早く、または遅くします。動画全体のスピードは、多分早める必要があります。しかし、全て一定のスピードにしてはなりません。映像をいくつかのセクションに分割しておき、各イラストのスピードを個別に調整して流れとペースを整えます。
 

 

編集が終わりましたら、この新しくできたアニメーション動画をSNSにエクスポートして、顧客、自分のクリエイティブチームや友人とシェアします。 

 

ホワイトボード動画のさまざまなスタイル

上記に説明した、従来のホワイトボードアニメーションの他に、デジタルツールを使って、さまざまなホワイトボードアニメーションのスタイルが使用されました。

 

アーティストの中には、ポストプロダクションにおいて、ホワイトボードアニメーションとデジタルアセットを結合させた人もいます。この方法では、Adobe Animateを使ってキャラクターを動かしますが、手で描いた絵の様子とプロセスはそのままにしておきます。

 

このほか、デジタルデザインとイラストのみを使って、ホワイトボードスタイルを表現するアーティストもいます。この方法では、実際にホワイトボードに描かずに、教育的な雰囲気を出しています。

 

どのような方法でホワイトボードアニメーションを作る場合であっても次の言葉を肝に銘じる必要があります。「上達するには努力を続けることが大切です。私は色々なことを試しました。別のペン、別の照明、別のボード、異なる編集スタイルなどです」とウディングさんは言います。作った動画に満足できないときは、新しく、全く違う動画を作ってみましょう。可能性は無限です。そのためのツールは全て揃っています。

寄稿

Adobe Premiere Pro の多彩な機能

どこにいても映画テレビ、Web サイトに使える魅力的な映像を作成できます。

その他のおすすめ...

猫と一緒にソファに座って本を読んでいる女性

絵コンテの描き方入門
方法

トラの白黒画

トラの描き方

この美しくどう猛な動物の、エッセンスを捉える方法を学びます。

寿司を食べている男性のアニメーション

ロトスコープで現実をアニメ化

100年も前からあるこのテクニックの現代バージョンを学び、自分だけのアニメーションを作ってみましょう。

ビデオ編集ソフトウェアにある青い海の海岸線の動画レイヤー。

Adobe Premiere Rush で動画から音声を除去する方法

元の動画からノイズを除去するか、またはオーディオを抽出して別の動画クリップに組み入れます。

Adobe Premiere Pro を購入する

業界最先端の映像編集ソフトウェアで、思い通りの作品を作ります。

7日間の無料体験の後は月額2,728