画像の色を変えて創造的な写真に

Adobe Photoshop の色を変更する機能「色相・彩度」を使って、好みの配色の画像に仕上げる方法を学びましょう。

画像の色が変わった2枚に分割された風船を持つ手の画像

それぞれの色にそれぞれの物語がある

調す。

 

Adobe Photoshop使に表なうPhotoshop選択

 

色相・彩度で写真の色を変えるには

赤、青、稿す。は、す。


画像の色が変わった2枚の海岸線の波の画像

ん。 Adobe Photoshop 調使調調ばれ

色相・彩度調整ツールを使う

 

写真の編集は、色を変えたい部分にただ新しい色を選ぶような単純な作業ではありません。写真の中の複数の要素に同じような色が含まれている場合、ある特定の色だけを編集するのでは十分ではないからです。そこで「色相・彩度」調整ツールの登場です。このツールを使うと画像の中の特定の色を編集することができるようになります。写真の一部だけ色を調整したい場合には、調整したいところを限定するためにレイヤーマスクを使う必要があります。まずはじめに、以下の手順を実行しましょう。

ステップ

「色域指定」ダイアログを開く
「選択範囲」メニューにある「色域指定」をクリックします。

日当たりの良い田舎の写真の上で選択された Adobe Photoshop カラーレンジメニュー
ステップ

目的の色をサンプリングする

「色域指定」ダイアログの右側にある、3つのスポイトツールから中央のスポイトを選びます(隣に「+」マークがあるスポイトツール)。調整したい色をクリックし、目的の色をサンプリングします。そのまま、それぞれ違う色調をクリックしていき、選んだ色の範囲を広げます

 日当たりの良い田舎の写真を用いたサンプルカラー
ステップ

選択範囲を微調整して調整レイヤーを追加
必要に応じて「許容値」のスライダーを調整して、正確な選択範囲にしていきます。色を正確に選択できたら、「OK」をクリックしてメニューを閉じます。これで色の選択ができました。「レイヤー」メニューを開いて「新規調整レイヤー」を選択し、「色相・彩度」をクリックします。

 Adobe Photoshop メニューを使用して選択された色相/彩度オプション
ステップ

「色相・彩度」の調整レイヤーが追加される

これで選択範囲だけに適用される「色相・彩度」の調整レイヤーが作成されました。

Adobe Photoshop で選択されているレイヤーのインターフェイス
ステップ

色を変更する
レイヤーマスクが設定された「色相・彩度」の調整レイヤーを選択します。「プロパティ」パネルにある、上から2 つ目のドロップダウンメニューから、編集したい色相を選びます(青、赤、シアンなど)。そして「色相」「彩度」のスライダーを調節して、表現したい色に調整します。ほとんどの画像は豊富な色のスペクトルがあるため、表現したい色を出すには一定の色だけでなく、もっと多くの色を調節する必要があります。たとえば、空の明るい色の部分を調整するときには、青を最初に調整したら、あわせてシアンも調節していきます。

調整中の4つの色特性を並べて比較

「色相・彩度」の調整によって、写真を表現したい色に変えることができたら、画像を好きなファイル形式で保存してシェアしてみましょう。またはもっと色を強調したり、写真をレタッチして、さらに調整していきましょう。「色相・彩度」のほかにも、写真を編集する方法はたくさんあります。求める色、求める表現にたどりつくための方法を探求しつづけましょう。

 調整中の4つの色特性を並べて比較

編集前

日当たりの良い田舎の写真の色を調整する前後の比較

編集後

その他のおすすめ...

雪山の頂上にある雪をかぶった山小屋

写真をもっと良くするためにホワイトバランスの設定を調整

 

夜の街の石畳を走るオートバイ

ストリート写真でストーリーを語る

虹が飛び散るような色の中にいる女性

Adobe Photoshop で写真にぼかしを入れる方法
調

着物を着て琴を弾く人

報道写真のビジネスと活動

Photoshopを入手

プロフェッショナル画像編集ツール。

7日間の無料体験の後は月額2,728