レンズキャリブレーションでフォーカス調整

デジタル一眼レフカメラを使い、レンズをキャリブレーションすることでとても鮮明なオートフォーカス写真を撮影します。このキャリブレーションのメンテナンスをいつどのように行えば良いのか見ていきます。

右を向いている人のフォーカス写真

レンズキャリブレーションとは?

レンズキャリブレーションはオートフォーカスキャリブレーションとも呼ばれ、カメラのオートフォーカスを使って撮影する時、この方法でピントが合う部分を微調整します。理論的には、被写体にピントが合っていれば、オートフォーカスのカメラは鮮明な写真を写すはずです。しかし、デジタル一眼レフの場合、オートフォーカスで捉えた画像は、レンズ(光を取り入れる)、カメラのオートフォーカスチップ(被写体にピントが合っていることを確かめる)、カメラのセンサー(画像を作る)との間で明確な相互作用の働きを必要とします。

 

この働きがうまくいかないと、ビューファイダーではピントが合っているのに、実際の写真になった時にはピントがずれてしまうといった現象が表れます。この現象は、どのような 焦点距離であっても起こります。

 

「これは最悪な状態です。例えばウェディング写真をオートフォーカスで撮影したとします。被写体の目にピントを合わせたのに、耳の後ろにピントがずれたりします。カメラはピントが合っていると言っているのに、ズームですごく近寄ると、少しずれているのです」と写真家のフェリッペ・シルバさんは言います。

 

「まるで、カメラとレンズとの間のコミュニケーションがよく取れていないみたいです。そこで、キャリブレーションがレンズのずれを修正するわけです」と写真家のジェイソン・ウェインガートさんは言います。

 

この予期せぬブレはなぜ起きるのか?

レンズを買ったばかりの時は、カメラ本体と共に正しく機能するはずですし、オートフォーカスのシステムも正常なはずです。しかし、新しいカメラとレンズでさえも、コンポーネントの位置に少しのズレがある可能性があります。時が経てばなおさら、内部のコンポーネントの位置がずれ、写真に多少のブレを生じさせます。

背景の建物にピントが合い建物の前で立っている人にはピントが合っていない画像
人物にピントが合い、背景の建物がボケている画像

レンズのキャリブレーションの頻度は?

特定のレンズを使っていて、オートフォーカスで撮影した時に、画像が鮮明でなければ、その時だけキャリブレーションをします。画像の不鮮明は、使っている機材の古さが原因のことがあります。機材によっては、不鮮明になる現象はカメラとレンズの組み合わせ次第で、6ヶ月から2年に1度ぐらいの頻度でおきます。

 

レンズを頻繁に交換するのでしたら、その心配はありません。カメラの多くは、レンズに割り当てられている通し番号を認識し、最後にキャリブレーションした時の設定を覚えています。

 

ミラーレスカメラもキャリブレーションが必要?

ミラーレスカメラの場合は本体もレンズも、レンズキャリブレーションはする必要はありません。これは、ミラーレスカメラの場合、オートフォーカスチップを使わないからです。その代わりに、カメラのセンサーがピント合わせと画像化の両方をするので、コミュニケーションエラーが起きません。

 

 

レンズをキャリブレーションする方法

キャリブレーションをする時には、一定の方法で数枚の写真を撮り、ピントがどのようにブレているのか正確にチェックします。それをカメラの設定で修正します。被写体がブレていましたら、それはカメラが被写体の前か後ろにピントを合わせてしまったということです。バックフォーカスの場合、被写体の少し後ろにピントが合い、フロントフォーカスの場合は、被写体の少し前にピントが合ってしまいます。

 

キャリブレーションをする時には、カメラが映像化する際、ピントをどちらかの方に動かすのかカメラに伝えます。その結果、最終的な写真が、ビューファインダーまたは画面で見た画像と一致するわけです。

 

レンズキャリブレーションツールとその設定方法

キャリブレーションをするには、灯りで明るい環境、三脚、平らな面、簡単に測定印を付けることのできる被写体が必要です。フォーカスピラミッドやキャリブレーションチャートなど、ピントを合わせるために特別にデザインされたテスト写真用のツールを入手すると良いでしょう。または、自分でこのような道具を作ることもできます。

 

1つの方法としては、ハードカバーの本と明瞭に目盛りの付いた30cmの定規を使います。本の表紙がカメラの方を向くようにして、本を立てます。本表紙のセンターラインに、「X」と書いた小さな紙をテープで貼ります。次に、コーヒーカップのような物の上に、角度が30度になるように、定規をバランス良く置きます。定規は本のすぐ隣に置き、定規の上部を、カメラから離れる方向に斜めに傾けます。定規の15cmの位置が、本の中心にテープで貼った紙の位置に来るようにします。

パンを乗せたトレーにパンを置くパン屋にフォーカスされた画像

手順に従ってレンズキャリブレーションを正しく行う

キャリブレーションチャート(または本と定規からなる自作ツール)と三脚が準備できましたら、以下の手順に従ってレンズキャリブレーションを行います:

 

1. 光を当てる

光がよく当たるような環境を用意します。「カメラが光に対してどの程度感応しているかによって、ISOの範囲は低から中を選択します」とウェインガートさんは言います。

 

2.安定性を保つ

カメラが動かないように三脚に固定し、タイマーを使ってテスト写真を撮ります。この場合、カメラに振動低減の設定があっても、この機能はオフにします。水平面にある被写体にカメラを向ける時、可能であれば水準器を使って、カメラが片方に傾かないようにします。 

 

3.焦点を定める

キャリブレーションの対象となるアイテムをセットし、カメラをその方向に向けます。ピントを合わせながら、使用するレンズの可能な範囲でそのアイテムに近づけます。

 

4.レンズを開く

可能な限り浅い被写界深度にするか、レンズで 絞りを最大に開けます。「絞りは最も低い数値にしてください」とウェインガートさんは言います。

 

5. シャッタースピードを設定する

鮮明な写真を撮りたい場合、照明が最大限許容する範囲での速いシャッタースピードを設定します。

 

6. 撮影する  

オートフォーカスをオンにして、キャリブレーションチャート、または本の表紙の中心にピントが合うようにします。撮影した写真がビューファインダーで見た画像とどうように違うのか比較します。最終の画像が被写体の後ろにピントが来ているか、それとも前に来ていれば、ピントがキャリブレーションチャートまたは定規のどのポイントで合っているのかがわかります。

りんごとすももが入ったボウルの近距離写真

7. ピントの微調整 

カメラのオートフォーカスの設定を開きます。この設定はメーカーによって名称が異なります(詳細は下記を参照)。ピントが中心より少し後ろ側にずれていた場合(バックフォーカス)、プラスの修正をします(+1~15)。ピントが適切な位置より前にずれていた場合(フロントフォーカス)、マイナスの修正をします (-1~15)。

 

8. 何度も試す 

テスト撮影を繰り返して修正する数値を調整し、ピントが被写体の中心に合い、ビューファインダーの画像と最終的な画像が、両方とも鮮明になるようにします。「これは一種の推測ゲームで、時間もかかります。正確にピントが合うまで、何回かやってみる必要があります。根気がいりますが、難しくはありません」とウェインガートさんは言います。

カメラメーカーによる差異

カメラメーカーによっては、フォートフォーカスの微調整ツールは名称が違うかもしれません。Nikon の場合「AF微調節」と言い、Sony とCanonは大抵、「AFマイクロアジャストメント」という名称です。キャリブレーションをする前に必ず、インターネットで使用するカメラのチュートリアルで確認します。製品によっては新機能や、キャリブレーションを簡単に行うための方法があるかもしれません。

 

キャリブレーションのコツ

オートフォーカスはゆっくりと調整します。また、不明な点があれば、ビデオを見ます。キャリブレーション用のテスト画像にはRAWファイルを使います:

 

  • ゆっくりと調整する「調整する時は、1からすぐに15まで調整しないようにします。1、次は2という具合に調整していきます。調整を的確に行うには、時間をかけなくてはなりません」とシルバさんは言います。 

  • インターネット上の資料を活用する「他の人がキャリブレーションをしている動画を見ます。どのようなチュートリアルでも構いません」とウェインガートさんは言います。

  • エクスポートした RAW画像ファイルを使ってキャリブレーションをする「テスト写真をチェックする時には、後処理用ソフトウェアを使うといいでしょう。カメラのビューファインダーに頼って、キャリブレーションをしてはいけません。画像をしっかりと鮮明にするには、RAWファイルが必要です」とウェインガートさんは言います。

 

顔の焦点が合っていない状態で床で寝ている赤ちゃんの写真
顔に焦点を合わせて床で寝ている赤ちゃんの写真

Adobe Photoshop Lightroomで画像を見ながらキャリブレーションをする

Lightroom を使えば、圧縮JPGではなく、 RAW ファイルをアップロードして作業できます。この方法により、写真のディテールを確認します。どのようなレンズとカメラの組み合わせでも、オートフォーカスを正しく設定し、 Lightroom で画像のあらゆる箇所を微調整すれば目を見張るような画像が出来上がります。

寄稿

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Lightroom 使

その他のおすすめ...

窓の外を見ている子供をおんぶした父親

自然体の写真を撮る基本テクニック

プロからアドバイスとコツを得て、自然体の写真を撮る方法を学びましょう。 

喫茶店のコーヒー - 浅い被写界深度のコツ | Adobe

被写界深度を浅くするには

アニメ風の 2 人が近未来的な背景を見つめている

マットペインティングで新しい世界の創造

映画やテレビ、ゲームなどで使われる SF の世界の都市やファンタジーの風景をマットペイントで表現する方法を学びます。

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 1,078  /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,248 /月(税別)