産まれたての愛らしい赤ちゃんの写真撮影

新生児の写真は、生まれてまだ間もない日々を捉えます。新生児写真の撮り方を理解して一生の思い出となる美しいニューボンフォトを撮りましょう。

新生児が寝ている写真

最初の赤ちゃん写真

可愛らしい写真は誰もが大好きです。中でも一番可愛いのは小さな赤ちゃんです。新生児の写真は、赤ちゃんの平穏さと愛らしさを捉えます。プロの写真家にとって、一番やりがいのある仕事の1つでしょう。しかし、モデルにこちらから指示を出すことができません。つまり、新生児の撮影には計画と配慮が必要だということです。「忍耐が必要です」と写真家のナタリー・バックさんは言います。「楽しそうに見えますが、実は大変な撮影なんです。

 

新生児撮影のコツ

新生児の撮影には、写真家と両親の両方が計画を立てなければなりません。「私は両親に事前の説明をして、撮影がどのように行われるのか理解してもらいます」とバックさんは言います。新生児の撮影は比較的早く終了します。赤ちゃんの気分次第で、30分間しっかり撮影できることもあれば、10分ぐらいしか撮影できなこともあります。素早く作業をして、赤ちゃんが寝ている時、おとなしい時、機嫌のいい時を逃さないようにします。

 

撮影に使うスタジオが、新生児にとって良い環境になるようにします。赤ちゃんは暖かい場所が好きですから、季節にかかわらずヒーターを用意しておきます。「自宅で撮影したい両親には、エアコンをつけないようにお願いしています。最低でも20度ぐらいにしてもらいます」と写真家のジャクリーン・ベガさんは言います。「私のスタジオは常に暖かくて、赤ちゃんにも快適です」

新生児が寝ている写真
寝ている新生児の複数の写真

眠い新生児は写真家の味方。プロの新生児モデルと違って普通の新生児は、写真家の指示を受けません。赤ちゃんが動いていない時を見つける唯一の方法は、眠っている時です。体をくるんであげると、赤ちゃんは眠くなります。「赤ちゃんを包みましたら、撮りたいポーズを全部撮り終えるまで、包んだ物を取ってはなりません」とベガさんは語ります。「包んだ物を取ると、目を覚ましてしまいます」

 

自然の光と、新生児の組み合わせは最高のショットになります。1日のまだ早い時間帯が良いでしょう。「家の中の撮影で自然光を使う場合、朝に撮影することを勧めます」とベガさんは言います。私は大抵、午前10時までにはスタートします。その時間帯には、明るくて理想的な自然の光が得られます。

 

赤ちゃんの安全と健康を守る

撮影の間、なにより大切なのは赤ちゃんの健康です。「単に撮影の仕方を知っているだけでは十分ではありません。安全性も考えなければなりません」とバックさんは言います。「赤ちゃんの抱き方や、痛がらせずにポーズをつけさせる方法を知っていないとなりません」撮影をスムーズに行うため、赤ちゃんの扱い方や、目覚めた時、泣いた時にどうするか知っておきます。

 

撮影の間、赤ちゃんから目を離してはなりません。「私はいつも誰かに監視してもらいます。親にはいつも手の届く位置にいてもらいます」とベガさんは言います。新生児の写真は、赤ちゃんが一人で、クッションの上に寝ているように見えたりしますが、実際は大人がすぐ側にいます。

 

お腹が空いていたり、オムツを変えたりする必要のある赤ちゃんは、新生児撮影に必要な段取りです。何かを求めて泣き出した時にはすぐ対応できるようにします。撮影後は、用具や服など次の赤ちゃんの撮影に備えて、全てきれいに洗って消毒します。

 

新生児撮影のための衣服、用具

新生児撮影のための用具を揃える時は、まず基本となる物から始めます。「新生児を撮影する写真家は皆、ベビーラップを用意する必要があります」とベガさんは言います。肌の色に合わせた色や、中間色のベビーラップを用意しておくと、親が着せたいと思う服と合わせることができます。ベビーラップがいくつか集まりましたら、ヘッドバンドなど他の物も揃えておきます。新生児の写真家の多くは、ウサギやクマなどの模様の入った服を手元に用意しています。

 

赤ちゃんが着ている服にかかわりなく、赤ちゃんをビーンバッグや枕、クッションに寝かせて撮影する時は快適なものを用意します。

おくるみを着せられる新生児
おくるみを着ている新生児

赤ちゃんの親は、ただベビーラップに包んだ赤ちゃんを撮るのではく、個性的な写真を撮ってほしいと願っています。親は自分の仕事、趣味などが反映された写真を求めているかもしれません。そのための用具も用意しておくと助かります。「自分の仕事に関係する写真を望む親も多いようです。医師の場合は、小さな医療用白衣を赤ちゃんに着せる人もいます」とベガさんは語ります。「そうしたことから、私はさまざまな物を用意します」撮影時、親の方で撮ってもらいものがないか、事前に話し合っておくと良いでしょう。

 

新生児写真の撮影後作業

撮影後は、Adobe Photoshop Lightroom Photoshopを使って、赤ちゃんの肌の色合いがスムーズに見えるように処理します。皮膚のシミなどは編集して取り去ります。「新生児の多くは、湿疹のように赤みがあったり、黄疸が出ていたり、またはニキビがあります」とベガさんは言います。「私はいつも肌をスムーズに処理します」これは特にクローズアップの場合、赤ちゃんの肌の荒れた部分が目立つので大切な作業です。

Adobe Photoshop Lightroomで新生児の編集前と後の写真

撮影後の作業は、編集のスキルを活用する良い機会です。赤ちゃんを宇宙やおとぎの森など、不思議で夢のある世界に連れて行ってあげましょう。赤ちゃんと楽しくなるような背景を組み合わせるなら、その背景も赤ちゃんを撮影した時と同じように光を当てて撮影し、影と光が背景にマッチするように撮ります。「赤ちゃんだけを撮影し、それを他の背景に入れると自然に見えません」とバックさんは言います。

 

ライフステージの写真を撮る

新生児の写真はただ可愛いだけではありません。写真家にとっては、長期にわたるクライアントを得たことにもなります。多くの家庭では、子供が歩き始めた時から大学卒業まで、人生のそれぞれの段階で写真を撮っていきそれらを壁に飾ります。プロの写真家として、人生や家族を記録するお手伝いをすることができます婚約記念の写真と結婚式の写真は、一生に一回かもしれません。しかし、新婚夫婦が期間の長い顧客となった場合、マタニティフォト、新生児写真、家族旅行写真や、大学卒業写真など色々な人生の節目で写真を撮ることができます。新生児写真の撮影は、人生の大切な時に写真家がその記録を残すお手伝いのできる貴重な一場面になります。

新生児にお姉ちゃんがキスをしている写真

寄稿

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Lightroom 使

その他のおすすめ…

ソファに座っているゴールデンレトリバー

ペット写真の撮り方を学ぶ

ペットを可愛く撮影するコツをプロから学びましょう。

遊んでいる子供とヨガをする母親の写真

素敵なライフスタイル写真を撮るコツ

被写体の良い所を捉えて、生き生きとしたライフスタイル写真を撮る方法を学びます。

 

建築写真、セントポール大聖堂を背景にしたミレニアムブリッジ

建築写真のコツ

大小建物の内外を撮影する基本的なコツを学びましょう。

 

夜の街の石畳を走るオートバイ

ストリート写真でストーリーを語る

Photoshop Lightroomを入手

写真の閲覧から補正や加工、管理まで。スマホでもPCでも同期できる写真サービス。

7日間の無料体験の後は月額1,078 (税別)