建築写真のすべて

教会、家、高層ビルのようなさまざまな建築物のすばらしい写真を撮るためには、時間、天気、カメラをセットする場所を考慮する必要があります。それはなぜなのでしょうか。

建築写真、セントポール大聖堂を背景にしたミレニアムブリッジ

建築写真をよりうまく撮るために

で、す。で、す。

 

ら。(写真家/•ウん)し、は)た、す。で、が、ら、ど、す。

 

建物の外観写真を撮るポイント

す。ン、ん」ん)が、合、す。

日中撮った家の写真
夜に撮った家の写真

時間帯と天気の状態

「すばらしい建築写真には2 種類のショットがあります。ひとつは青空に雲が少し浮かんでいる、すごくいい天気の日のショット、もうひとつはブルーアワーのショットです」(ウリビエリさん)

 

ブルーアワーとは、日没のすぐ後で空がピンクや、ブルーや紫の色を帯びる時間帯です。そのときの建物の写真は、建物の外側に当たる光を捉え、建物の前面などをきれいに照らしだします。さらに、ブルーアワーの時間帯に撮った写真は、室内からの光で建物を内側から灯します。ブルーアワーが与える明るい光、深い色、ドラマチックなコントラストは、パーティ用の大テントの撮影などに人気があり、webサイトやリーフレット、その他の宣伝手段によく用いられます。

 

動産を注呼ば 1 1

 

調

霧の中にそびえ立つ高層ビル
建物のコンクリートの壁面のクローズアップ

適切な撮影ポイントを探す

ん。 30う」す。と、が、す。や、す。合、使す。ら、使

 

見映えのいいインテリアショットを撮るには

インテリアを撮影する写真家が最初にするのは、空間を整えていくことです。ほとんどの家やオフィスは、そのまま撮って、見映えがいい写真になるような準備がされているとは限りません。そういった場所は日常で使えるように設定されているからです。しかし、すぐれたインテリア写真家はそれを整える方法を知っています。

 

「インテリアの写真家にとって、これはお決まりの作業です。一番大変なのは家具を動かすことですね」(ワルツさん)

自然光が射す、家具のある居間のワイドアングル写真

と、よ。

 

う。と、す。 70 1 。も

 

インテリアの撮影でも、天気は重要な要素です。暗い日や雨の日に撮影する場合、そのとき、室内に入ってくる自然光(あるいは光がない状態)に対処する準備をしておきましょう。そうすれば、その空間の光の状態の良し悪しに関わりなく、構図を考えることができるとウリビエリさんは語ります。自然光が乏しいときには、オフカメラフラッシュなど高品質の機器を使って対処することもできますが、構図を考えて工夫するだけでも、多くのことができるはずです。

 

建築写真のために適切な機材

建築写真にのめり込むのにそれほど時間はかかりませんが、本当にすばらしい写真を撮るためには、デジタル一眼レフだけでは物足りなくなるでしょう。それではどのような機材が必要なのでしょうか。

 

  • す。使

 

  • 広角便使使え

 

  • 便使Adobe Photoshopで調でき

 

 

10

 

環境、天候、そして建物そのものとともに作業しましょう。ゆっくりとしたプロセスかもしれませんが、ごくふつうの住宅からそびえ立つ高層ビルまで、すばらしい建築写真はこのようにしてできあがるのです。

その他のおすすめ

landscape-photography

美しい風景写真の撮り方
景色を芸術的に撮るためのコツを学びます。

夜の街の石畳を走るオートバイ

ストリート写真でストーリーを語る

川に突進するウシカモシカの群れを撮影した見事な自然の写真

あらゆる自然の写真を撮影するためのコツ

雪山の頂上にある雪をかぶった山小屋

写真をもっと良くするためにホワイトバランスの設定を調整

 

Photoshopを入手

プロフェッショナル画像編集ツール。

7日間の無料体験の後は月額2,728