ビジネスプロフィール写真の撮り方

良い顔写真は、人に強い第一印象を与えます。以下のコツとテクニックを使って、ビジネス用顔写真を撮ってみましょう。

バイオリンを弾く人のプロフィール写真

良い写真は良い始まり

写真が数千語の言葉で語りかけるとしたら、 顔写真はその人の個性を語る言語です。ビジネス用顔写真は、その人の個人的なショートストーリーのようなものです。顔写真は、垣間見るだけでも被写体の人物の熱意、職業、関心事などを人に伝えます。

 

誰もが個人ブランドを持ちたがる現代において、ビジネス用顔写真はブランドロゴのようなものです。それは、ロゴのように独自性があり、見る人の感情を呼び起こす物でなければなりません。

 

「顔写真を見た人に『この人とぜひ一緒に働きたい。この人であれば信頼できる。この写真から感じる雰囲気には、私達と共通するものがある。』と、思わせるような顔写真が必要です」と語るのは写真家のクレイグ・ミッチェルダイヤさんです。

 

ビジネス用の顔写真をポートレート専門の写真家に依頼するのは費用がかかり、面倒でもありあます。しかし、ブレザー(または自分の職業に適切な衣服)を着て、自分で自分の写真を撮れば、時間も費用も節約できます。

 

自作の写真でもプロ並の写真にすることができます。それは、目標を叶えるために出会うべき人達と自分を繋ぐ写真です。映画のオーディションでも、LinkedInを通じた仕事の面接でも、自作の写真は便利で何にでも使えるツールとなります。

ギターを持つ人のプロフィール写真
上:工房の革細工職人を撮ったプロフィール写真 下:アート作品の横に座るアーティストを撮ったプロフィール写真

ビジネス用顔写真が特別な理由

会社で社員の顔写真を一括して撮る場合、社員個人のスタイルに合わせるのではなく、会社ブランドのイメージに合わせた写真にします。ビジネス用顔写真は企業用顔写真と共通している部分もありますが、最も大きな違いは、企業の方針に合わせることなく、その人の個性を自由に表すことができる点です。「被写体の人物の要望をベースにして撮影します」と写真家のステファニー・ドゥフランコさんは言います。

 

ビジネス用顔写真は、あくまで個人に重点を置いているので、よりクリエイティブに撮影できます。その人の職業を表すとともに、その人の趣味や興味を持っている事柄を表すこともできます。

 

自作の顔写真が効果的な理由

ビジネス用顔写真の目的はビジネスですが、それでもポートレート写真を撮るための必要な方法に従う必要があります。例えば、照明の使い方や構図のルールなどに配慮して良質な写真を撮ります。

 

「写真はすべて光が肝心です。照明がその写真のクオリティを決定します」とミッチェルダイヤさんは言います。

 

ビジネス用顔写真に限界があるとすれば、それは写真家の創造力のみです。自分の持ち味を自由に表現してみましょう。違うポーズをとったり、自然な顔の表情を捉えたりして、普段着の自分を出してみます。第一印象を強いものにするには、自然の光を得ることができる場所を探します。

 

自分の職業や趣味に関係する小物を使って、写真の題材との関係性を強めます。成功したい思う業界に適した顔写真になるようにしましょう。

 

自作の顔写真が必要な理由

ほとんどの人は、SNS のプロフィールを使って、個人ブランドを築いていきます。例え自作であっても、プロ並の写真にすることは可能です。

 

プロ並の セルフポートレート は、 LinkedIn Instagram のプロフィールに使うことができます。それは、SNS で存在感を示すために必要な要素であるだけでなく、普通の自撮り写真では見られない創造性とプロ意識を伝えることができます。このような写真は、自分の個性を表現する視覚的な名刺としての働きをします。そして、それに共感する人を引き寄せるのに役立ちます。

 

「一部の業界に限らず、どのような業界においても顔写真は必要です。誰でも良い顔写真が必要だと私は思います」とミッチェルダイヤさんは言います。

屋外で白い背景の前の椅子に座る人を撮ったプロフィール写真

自分でビジネス用顔写真を撮る

自身でカメラを持って撮影しようとする場合、プロ並の写真にすることは不可能ではありません。以下の手順に従って、顔写真を自分で撮影してみましょう。

 

撮影場所を決める

写真の中で自分をよく表現できる撮影場所を選びます。アートが好き人であれば、美術館や画廊は最適なロケーションと言えます。作家を志望する人であれば、文学などを象徴する書店が良いでしょう。顔写真の目的をよく考えましょう。例えば、どのような業界のどのような分野で活躍したいのか、などです。そして伝えたいメッセージを基に撮影を行います。

 

必要な物を集める

完全自作の写真にする場合、創造力を発揮するためにも必要な機材を揃えます。

 

1.カメラを安定させる
自分でセルフポートレートを撮影する場合、三脚は大変役に立つツールです。三脚がなくても、頑丈なテーブルや本を積み重ねて、代用としてのスマートフォンを安定させることができます。サポートを依頼できる友人がいれば、依頼しましょう。サポートをする人がいたら、より多くのより良いアングルを決めることができ、またその場で意見を言ってもらうこともできます。

2.照明を活用する
リフレクターは購入しておくと良い道具です。特に屋外での撮影に役立ちます。リフレクターは、光を必要な場所に誘導することができます。
 

3.カメラを用意する
カメラを持ちたいのであれば、 デジタル一眼レフ が良いでしょう。ポートレートの撮影に適したレンズは、通常焦点距離が50mm以上です。予算がなければ、代用としてiPhoneでも十分役に立ちます。1人で撮影しても、サポートしてくれる人がいても、どちらの場合でもバーストモードやセルフタイマーなどの機能があるカメラであれば、プロ並の写真を撮ることができます。

 

照明に注意する  

クリーンで滑らかな光があると、最高の出来栄えの顔写真が撮れます。屋外の場合、 ゴールデンアワーか、影で拡散させた正午近くの光が最適な光です。屋内の場合は、窓の横で直射日光を避けてセッティングをすれば、露出オーバーを防ぐことができます。十分な光が得られなければ、安価な照明器具を購入するか、または自分で器具を作ることもできます。白い紙は、リフレクターの代用品としてすぐに、しかも簡単に使うことができます。自作ライトボックスも同様に役に立ちます。以上のような器具を使えば、被写体に光を均等に当てることができます。

 

背景をチェックする

ディテール的には些細な部分ですが、背景は写真に深み、意味、そしてストーリー性を伝えます。一色だけのシンプルな背景は、構図のバランスを整え、顔の表情を引き立たせます。シーンを設定しやすく、顔を引き立たせるような趣のある場所や、リーディングラインまたは自然なフレームを構成できるような場所を探します。

 

または、ボケ効果で背景をボカシ、被写体をさらに浮き出させる方法もあります。撮影をする時、別の背景にしたらどうなるか試してみます。インパクトのある顔写真を撮るには、どのような背景が適しているか探ります。撮影する前に、要らないものが背景にないかどうか確かめる必要があります。

スマホと三脚を使ってプロフィール写真を撮る人

セットする

撮影場所が室内でも外でも、カメラが顎の位置にあり、真っ直ぐ正面を向いているようにします。自分が立っている位置から、60cm~1mぐらいの所にカメラを設定します。カメラを適切な位置に設定したら、少し上向きにして、異なる外観を出してみます。

 

ありのままの自分を撮る

表情は、あまり真面目すぎないようにします。誰かに笑わせてもらって、なるべく親しみのある表情をします。または、音楽を流して微笑みが出るようにします。落ち着いた、親しみのある顔にしましょう。

 

自分の写真をたくさん撮り、最適な写真を探します。撮影が完了しましたら、Adobe Photoshop Lightroom画像をエクスポートして、必要に応じて編集をします。

 

Adobeで人目を引く

わずかな編集で、思い通りの写真ができます。

 

Photoshop Lightroomのスポット修正ブラシで、不要な物を構図から取り除く、またはカラーミキシングツールで画像を思い通りの色に変更することができます。何千ものフィルター、グラデーション、スウォッチなどを試して、作品をさらに良くするための適切なツールで調整を行います。クラウドベースのストーレージがモバイルデバイスで利用できれば、地元の図書館からでも、ルーブル美術館からでもどこにいてもLinkedIn のプロフィールや Twitterに投稿できます。

協力

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Adobe Lightroom のプリセットで写真を簡単に編集し、クラウドの写真ストーレージ管理を使えば、どこにいても自分の作品にアクセスできます。

その他のおすすめ...

黒を背景にした、そばかすのある女性のポートレート写真

美しいポートレート写真の撮り方

プロの写真家からコツを学び、アドバイスに従ってポートレート写真を撮りましょう。

窓の外を見ている子供をおんぶした父親

自然体の写真を撮る基本テクニック

プロからアドバイスとコツを得て、自然体の写真を撮る方法を学びましょう。 

カメラのさまざまな ISO 設定

ISOの概要
露出の三大柱のひとつである ISO が写真で果たす役割を学びます。

テーブルの上にグレープ、カットしたオレンジ、グラスに入った水

写真の構図を基本

 

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 ... /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,248 /月(税別)