ビデオグラフィーとシネマトグラフィーの違いを理解しよう

動画制作者独自のスキルと映画制作者のスキルの違いを追求し、創造力が必要な動画制作における役割分担について理解を深めます。

ステディカムを使用したビデオグラフィーとシネマトグラフィーの2つの撮影過程イメージ

ビデオグラフィとシネマトグラフィとは?

ビデオグラフィとシネマトグラフィは、両方とも映像を捉える作業でが、映像制作のプロセスにおける制作者の視点が異なります。

 

ビデオグラフィ は、瞬間を捉えたり、ライブイベントなどを撮影したりすることを意味します。ビデオグラファーはどちらかと言えば、小規模の動画作品、例えばウェディング写真やライブイベント、コンサートなどの撮影をします。ビデオグラファーは大抵、1人で作業するか小人数のスタッフと共に作業します。これらのスタッフの仕事も映像を捉えることです。

 

シネマトグラフィは高度な映像を捉える作業ですが、ビデオグラフィと異なるのは、戦略的なプランニング、芸術的な演出、芸術性に基づく判断が必要であり、大人数のスタッフ、つまり撮影スタッフを使って制作する必要がある点です。ミュージックビデオや高レベル映像のハリウッド映画は、シネマトグラファーの手による作品です。

 

「シネマトグラフィでは、必ずと言っていいほど芸術的なアプローチが用いられます。より綿密に作られています。それが抽象的であれ、具象的であれ、何かを表現するには最適な方法です」と語るのは映画制作者のホイット・イングラムさんです。

 

ビデオグラファーとシネマトグラファーの選択

ビデオグラファーもシネマトグラファーもどちらも動画を制作する点では同じです。仕事の内容を見ると、同じ領域を担当する部分もありますが、それぞれ異なるスキルが必要です。どのような作品を作りたいのか、または最終的にどのような作品に仕上げたいか分かっているのであれば、どちらの専門スキルが必要か自ずと分かってきます。

 

以下のような作品の側面を考慮して、必要な人材を検討しましょう。

 

作品の規模と内容

 

スタッフの人数

 

撮影前の必要な時間と計画の規模

 

芸術的な演出や判断が必要かどうか

 

「シネマトグラフィとビデオグラフィの最も異なる点は、どれだけの計画が必要かということです。ビデオグラフィの場合は、計画できる項目が限られています。例えば機材などです。事前に情報はもらっていても、実際には何が起きるか分かりません」とシネマトグラファーのショーン・フォークスさんは言います。

 

ビデオグラフィで瞬間を捉える

ビデオグラファーはライブでの瞬間を捉えます。動画撮影の場合、事前の計画はあまりありません。作品によっては、どのような撮影状態になるのか予想がつかないこともあります。ビデオグラファーの主な仕事は、カメラの操作、照明を最適な状態にすること、音を捉えることです。

ビデオグラフィー撮影で三脚のカメラのファインダーを見ているカメラマン

ビデオグラファーに必要な主要スキル

その場で起きているシーンを捉えるには、臨機応変に動くことが必要です。ビデオグラファーは、カメラ操作以外にも機材についても豊富な知識を持ち、ライブイベントのようにコントロールが困難な状況にあっても機敏に動かなければなりません。

 

その他、以下のようなスキルをビデオグラファーが持っていれば、良質な作品作りに役立ちます。

 

時間厳守と機敏性: 撮影に必要な機材、ビデオカメラ、レンズ、予備のバッテリー、予備のメモリーカード、照明、マイクなど常に用意しておいて現場に即対応できる。

 

カメラアングルを見極める能力: ライブイベントで最適なショットを捉え、機材も最適な場所に設置し、大切な瞬間を見逃さないようにする。

 

リーダーシップ: 単独で撮影する時、スタッフと共に撮影する時も的確な撮影指示をする。

 

ポストプロダクションの編集知識: Adobe Premiere Pro のような動画編集ソフトを熟知する。

 

「撮影指示というのはビデオグラファーが学ぶべき重要なことです」とシネマトグラファーでありビデオグラファーでもあるジョシュ・ミラーさんは言います撮影指示は、ビデオグラフィ、シネマトグラフィの両方で重要な役割を果たします。少人数のスタッフと一緒に働くことの多いビデオグラファーにとっては必要不可欠なスキルです。ビデオグラフィの撮影指示としては、照明を適切で効果的な位置にセットする、正しいレンズや機材を選ぶ、限られた環境でどのように撮影するのかを判断する、などが挙げられます。

 

ビデオグラフィ用のカメラと機材

ビデオグラファーは、自分でコントロールできない環境で働くことが多いのですが、撮影に使う機材のタイプをコントロールすることはできます。バッテリーが充電されたビデオカメラ、デジタル一眼レフカメラ、予備のメモリーカードなどは、ビデオグラファーが使う基本的な機材です。その他にも以下の機材が必要になる場合があります。

 

●三脚またはスタビライザー

 

照明器具

 

マイクとオーディオ機器

 

さまざまなシーンを撮影するための交換用レンズ

 

ビデオグラファーが撮影する作品のタイプ

ライブのスポーツイベントやウェディングビデオなど、ビデオグラファーの仕事はライブイベントの撮影が中心になります。また、会議、生のインタビュー、報道、短編映画、ドキュメンタリーなども撮影することがあります。ビデオグラファーは、ウェディングビデオ、製品宣伝用動画、企業用の動画の撮影をすることで、または撮影後のビデオエディターやメディアのスペシャリストとしてキャリアを積み上げていきます。

 

シネマトグラフィの芸術性

シネマトグラファーは、多くの場合、撮影監督(DP)と呼ばれ、映画制作の重要な役目を担っています。シネマトグラフィは映画作品全体を計画し、実行していきます。以下がその仕事の例です。

ビデオグラフィー撮影のセットと機器を設置する人々

プリプロダクション作品制作の方向性に関するアイデアを出す、絵コンテを作る、撮影スタッフを雇う、ロケーションを確保する、映画監督との共同作業をコーディネートする。

 

撮影中: クリエイティブな演出が指示されていることを確認する、芸術性を追求したカメラの動きで適切なシーンが撮影されるようカメラマンと共に作業をする、演出にマッチするように露出、構図、フレーミングを調整する。

 

ポストプロダクション: 色のグラデーションやカラーパレットをチェックし、映像をエディターに引き渡す。

 

映画制作には、芸術的なアプローチが必要なので、シネマトグラファー、つまり撮影監督には幅広いスキルが要求されます。例えば、カメラテクニックの豊富な知識、映画制作の豊富な経験、そして最も重要なのがコミュニケーションスキルと撮影スタッフをリードしていく力量です。

 

シネマトグラファーはまた、スタッフの役割を分担し、それらスタッフの責任者ともなります。さまざまな役割の中でも、特に重要なスタッフは、カメラオペレーター、ステディカムオペレーター、ファーストとセカンドのアシスタントカメラ、照明、キーグリップなどです。

 

シネマトグラファーが必要とする可能性のある機材

作品の規模、芸術的な表現、監督の方針によって必要となる機材が異なってきます。デジタル一眼レフ、ビデオカメラ、三脚、照明、メモリーカードなどは、ビデオグラファーとシネマトグラファーともに基本的な機材ですが、作品の制作規模によっては特別な機材が必要になる場合があります。

 

シネマトグラファーが携わる作品のタイプ

映画の要素がある作品としては、ストーリーのあるミュージックビデオ、ハリウッドスタイルの劇場用映画、専門性の高いドキュメンタリーシリーズなどがあります。シネマトグラファーになるのは、まだ先という人は映画のカラーグラデーションを中心にしたアートディレクターの仕事やアシスタントディレクター、ファーストまたはセカンドのアシスタントカメラマン)、モーションピクチャーのカメラマンなどの仕事から始めてもよいでしょう。

新婚カップルのシネマトグラフィー撮影写真とAdobe Premiere Pro Creativeのウィンドウ

ポストプロダクションを簡単にするPremiere Pro

ノスタルジックなウェディング動画からドキュメンタリースタイルの長編動画まで、Premiere Pro は編集処理を簡単にします。このツールには、プリセットで効率を上げる、スムーズなトランジションで音声をまとめる、などビデオグラファーにとって役立つ機能が盛りだくさんです。シネマトグラファーにとっても、ポストプロダクションの編集を通して、b ロールや映像をまとめ、カラー調整を行うことができます。

 

ライブイベントの撮影でも、大ヒットを狙う大作でも、Premiere Pro の編集ツールを使えば、どのような作品にも挑戦できます。

協力

Adobe Premiere Pro の多彩な機能

どどこにいても映画テレビ、Web サイトに使える魅力的な映像を作成できます。

その他のおすすめ...

さまざまなSF映画の静止画像のコラージュ

映画ができるまでの期間を知る

企画から公開まで、映画ができるまでの過程を理解しましょう。

走っている人の画像に重ねられた動画と音声のタイムラインに適用されるl カット編集技術

jカットとl カットでシーンを繋ぐ

jカットとl カットで動画作品を向上させましょう。

猫と一緒にソファに座って本を読んでいる女性

絵コンテの描き方入門
方法

映画撮影シーンで一眼レフカメラを設定している人

主要撮影の概要

セットが完了した撮影の1日の活動を知り、映画撮影を順調に進めるためのコツをプロから学びます。

動画で詳細を見る

Adobe Premiere Pro を購入しましょう

最先端の映像編集ソフトウェアで思い通りの作品を作りましょう。

7日間の無料体験の後は月額2,728 /月(税別)