Macでビデオを作成する方法

Macデスクトップでネイティブツールを使用してビデオを作成する2つの方法と、完成したプロジェクトを編集するためのヒントを学びます。

Macに内蔵されたツールを使用することで、チュートリアル用の画面の録画、ホームビデオの作成、ソーシャルメディア用のクリエイティブクリップの撮影などの機能により、ビデオを簡単に作成できます。今すぐできるレコーディング方法を見てみましょう。

Photo Boothでビデオを撮影します。

自分のビデオを録画する簡単な方法の1つとして、Macに内蔵されたカメラとマイクを使用するPhoto Boothアプリを使用することです。これは、ビデオを作成してソーシャルメディアにアップロードしたり、友人や家族と共有したりする場合に最適な方法です。手順は次のとおりです。

アプリケーションから、Photo Boothアプリケーションを起動する

画面の左下にある録画アイコンを選択して、「カメラモード」から「録画モード」に切り替える

ビデオの録画を開始するには、赤い録画ボタンを押す

終了したら、赤い停止ボタンを押す

スマートデバイスを使ってビデオを撮影する

Macでビデオを作成する別の方法として、iPhoneまたはiPadを使用する方法があります。これらのデバイスの1つをMacに接続して、デバイスに表示されているものをキャプチャし、Macでムービーとして保存します。この方法では、定位置にあるデスクトップで録画するのではなく、自由に動いて撮影することができます。手順は次のとおりです。

デバイスをMacに接続する

「アプリケーション」から、QuickTime Playerアプリケーションを起動する

「ファイル」、「新規ムービー録音」の順に選択する

ポップアップメニューで、オプションの矢印をクリックし、接続しているiPhoneまたはiPadをカメラソースとして選択する

ビデオの録画を開始するには、赤い録画ボタンを押す

終了したら、赤い停止ボタンを押す

「ファイル」、「保存」の順に選択して、録画を保存する

写真を編集する準備が整ったら、Macに組み込まれているビデオ編集ソフトウェアであるiMovieを使用して基本的な編集を行うか、さらに高度な編集を行うための追加の編集ソフトウェアや技術を使用することができます。

ビデオ撮影を始めて、**Premiere Pro**でできることをすべて試してみましょう。