利用規定

 

本利用規定(AUP)を遵守することにより、インターネットを使用する個人の利益、ならびにアドビ、その子会社、およびアドビサービス利用者の評判と信用が保護されます。メールマーケティングに関する最高水準の規範を守ることは、関係者全員の共同責任です。

迷惑メールやスパムメールの禁止

お客様は、直接か間接かを問わず、以下のメールを送信、転送、配布、または配信してはなりません。

 

(i)未承諾一括配信メール(以下「スパム」または「スパミング」という)、すなわち、メールの受信について暗黙の同意があると合理的に判断される方法でメールアドレスを提供しておらず、したがって、当該メールの受信に同意していない者へのメール。

(ii)インターネットハーベスティングやその他の不正な手段(スクレイピング、レンティング、リストの購入、共同登録、アフィリエイトマーケティング、不完全なリストや古いリスト、メールアペンディングなど)によって取得したアドレスへのメール。アドビの定義では、メールアペンディングとは、既知のお客様データ(氏名、住所など)を第三者ベンダーのデータベースと照合してメールアドレスを取得するマーケティング活動を意味します。

(iii)不正/スパムへの苦情、IP/ドメインのブロックリスト掲載につながるやスパムトラップヒット、またはアドビやそのクライアントの評判に重大な影響を及ぼす可能性があるデリバラビリティの問題を生むメール

 

オプトアウト条項の記載

お客様は、送信するすべての商用メールに、受信者が以降のメッセージの受け取りをオプトアウト、すなわち許可を取り消すための条項を記載する必要があります。それを目的として、お客様は以下のいずれかに同意するものとします。

 

(i)アドビが提供する登録解除ツールの使用。

(ii)受信者が簡単にオプトアウトできる手順を設定しておく。例:(a)受信者が以降のメッセージの受け取りを簡単にオプトアウトするためのリンクを明示する、(b)件名に「配信停止希望」と記して返信するよう指示する。

(iii)改めて許可されない限り、配信停止希望者へのメッセージの送信を速やかに停止する。

 

一般禁止事項

アドビのサービスを利用してコンテンツを伝送する場合、正体を偽ったり隠したりしてはなりません。また、無効なヘッダーや偽のヘッダー、虚偽の件名やコンテンツ、所有または管理していないドメイン名の使用により受信者を欺くことも禁じられています。

 

お客様は、アドビのサービスを利用して脅迫的、虐待的、迷惑、中傷的、虚偽的、不正、詐欺的、卑猥、わいせつ、破廉恥、または違法な内容を含むメッセージを送信してはなりません。

 

お客様は、センシティブな情報を送信またはアドビに提供することを固く禁じられています。センシティブな情報とは、適用法におけるこの用語の使用に従った意味を有するものとし、また適用法が存在しない場合は、個人の金融口座情報、性的指向、医療もしくは健康情報、または任意の児童保護法令で保護される子供の個人情報を指します。

 

上記に関わらず、Marketo Engageのお客様が1996年制定の医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(以下「HIPAA」)の規制対象であって、保管している顧客データを暗号化するためのサブスクリプションを有し、かつMarketo Engageの使用に関してアドビまたはその関連会社と業務提携契約を結んでいる場合、お客様は、医療記録や健康記録または当該治療費の支払いを反映した情報などの医療情報を伝送することを禁じられます。

 

AUPの実施と更新

AUP違反は、アドビのサービスの継続的な通常運営に対する重大なリスクとみなされ、当該サービスを利用するためのお客様のライセンスやサブスクリプションの即時取り消しにつながる場合があります。アドビは、お客様が本AUPを遵守しているかどうか判断するために、関連データを確認することができます。

 

アドビは、業界のベストプラクティスおよび適用法に従って、アドビのwebサイトに改定版を掲載することにより、AUPを更新する権利を留保します。お客様は、AUPを定期的に確認し、遵守状態を維持することに同意するものとします。

 

本AUPの違反を関知し、もしくはそれが疑われる場合、または本AUPに違反すると思われるメッセージをアドビのインフラストラクチャ経由で受け取った場合は、速やかにアドビに通知するものとします。その際、aup@adobe.comに連絡し、問題のメールを転送するのではなく、添付してください。


最終改訂日:

2019年5月13日