About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ 株式会社、企業向け電子フォームソリューション
Adobe® Acrobat® Approval 5.0 日本語版を発表

Adobe Acrobat 5.0 日本語版ファミリーの新メンバー、紙ベースのプロセスから、
費用対効果の高いAdobe PDFフォームを用いたワークフローへの移行をサポート

【2001年8月28日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:堀 昭一)は、本日、Adobe PDF(ポータブル・ドキュメント・フォーマット)に基づいた費用対効果の高い電子フォーム(電子化された申請書類などの定型文書)ソリューションを、企業、行政機関、ソリューション プロバイダ向けに提供するAdobe Acrobat Approval 5.0 (アドビ アクロバット アプルーバル 5.0)日本語版を発表しました。

Acrobat Approval 5.0は、Adobe PDFをベースにした電子フォームでの申請システムや承認ワークフローでの利用を目的としたクライアントソフトウェアです。電子フォームの記入、スペルチェック、電子署名の付加、保存、配信が可能なため、一般企業における稟議書などの承認ワークフロー、電子フォーム化した社内申請業務、企業間のEDIシステムでの利用に最適です。また、行政分野においては、G2G(行政と行政)、G2B(行政と企業)をベースにした電子申請ワークフローでの利用が考えられます。

米国の調査会社であるメタグループの電子ビジネス戦略部門担当シニア プログラム ディレクタ、エリザベス サン(Elizabeth Sun)氏は、「企業は常に、社内のワークフローを向上させ、導入が簡単で、時間とリソースコストを削減できるテクノロジー・ソリューションを求めています。多くのユーザにとってこの要求を満たす製品、特に広く普及した標準規格に準拠した製品は魅力的なものとなるでしょう」と述べています。

Acrobat Approval 5.0を利用すれば、ユーザはAcrobat 5.0で作成した電子フォームを、小規模なワークグループに、または、世界中の何万人もの社員間にも配信することが可能です。Adobe PDFを活用したAcrobat 5.0とAcrobat Approval 5.0に基づくソリューションを用いれば、自動計算機能やルール検証、使い慣れた紙文書と同様の見た目の保持、社員情報のセキュリティや機密性の増強、管理コストや材料費の削減により、フォームデータの正確性をより確実なものとすることができます。

国際商品取引を手掛ける金融機関にサービスを提供するカナダのCCEWebのCEO、ジェイコブ カッツマン(Jacob Katsman)氏は、「当社はAcrobat 5.0とAdobe PDFの機能を活用して、国際規則と銀行業務慣習に準拠したエンドツーエンドのオープンな商取引ソリューションを開発しました。Acrobat Approval 5.0の登場により、当社の顧客は、世界中のどこからでもWebを介してフォームへの書き込みや保存、電子署名による承認、配信を手軽に行えるようになります」と述べています。

Acrobat Approval 5.0を用いることにより、Webブラウザ上もしくはデスクトップ上で、社員は統一されたユーザ・インタフェイスでAdobe PDFフォームに必要事項を書き込み、書き込んだ情報のスペルミスを防ぐためにスペルチェックし、本人であることを確実にするために電子署名し、オフラインで使用するためにローカルに保存し、最終的にフォームデータをバックエンド・データベースにサブミットして、XMLを含む様々な形式で配信および処理することができます。

発売方法と時期
Acrobat Approval 5.0は、企業、行政、ソリューション プロバイダを対象にAdobe Open Optionsライセンス・プログラムを通じて本日より販売開始されます。対応OSは、Windows® 95 OSR 2.0、Windows 98、Windows NT 4.0 SP5/6、Windows ME、Windows 2000、ならびにMacintosh® OS 8.6, 9.0.4および9.1となっています。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、1982年に創立された、米国カリフォルニア州サンノゼに本社をおくソフトウェア会社です。これまで、Web、印刷、ネットワーク パブリッシングで定評のある様々なソフトウェアソリューションを提供し、多くの業界賞を受賞してきました。その優れたグラフィックデザイン、イメージング、映像動画、そしてオーサリングのためのツールは、豊かな視覚効果にあふれ、信頼度の高いコンテンツの制作、管理、配信を可能にします。アドビ システムズ社は米国を本拠とするパーソナルコンピュータ用ソフトウェア会社中第2位で、2000年の年商は12億ドルを超えています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。詳細な情報は、Webサイトwww.adobe.co.jpでご覧いただけます。

<本件をご掲載いただく場合の読者からの問い合わせ先>
アドビ製品一般に関する問い合わせ先
アドビ カスタマーインフォメーションセンター