事業継続性を保つには

企業にとっていま、製品やサービスを滞りなく提供し続けることが、かつてないほど重要になっています。企業の事業継続性とサービス中断の回避を、アドビは支援します。

アドビが事業の継続性をどのように維持するか

企業の事業継続性をアドビがお手伝いします

 

企業の事業継続性を確保するために、アドビが取っている行動をいくつかご紹介します。

  • 現時点では、Adobe Creative Cloud、Adobe Document Cloud、Adobe Experience Cloud、Adobe Managed Servicesの提供に対するCOVID-19の影響はありません。アドビのクラウドソリューションは、世界の複数の場所から、マルチベンダーおよびマルチクラウドのインフラストラクチャモデルにおいて監視され、運用されています。これによりアドビは、お客様へのソリューションの提供を確実に継続しています。

  • アドビは国内および地域の規則や規制にすべて従っており、事業を効果的に継続するための管理システムを設定し管理する要件を指定した国際基準(ISO 22301)に沿っています。

  • アドビではGlobal Safety & Securityにて接触伝染病への備えに関する計画を策定しており、積極的に適用しています。その計画では、接触伝染病がアドビの担当者、施設、運用に影響を及ぼす場合の包括的なリスク管理と対応の枠組がまとめられています。

  • アドビの全世界の社員はセキュリティで保護されたリモートワークテクノロジーと共同作業用のツールにアクセスできるため、オフィスに出勤できない状況でも仕事を継続できます。

事業の継続性を維持するためのヒント

制作や共同作業をどこででも

デジタルエクスペリエンス戦略を更新

 

現在から将来までの顧客体験管理においては、デジタル戦略の変更を見直すべっかもしれません。その戦略見直しを推進する6つの柱についてご紹介します。

 

ガイドを読む

顧客とのつながりを維持

広告メッセージを適応させる

 

短期および長期にわたる現在の環境が、広告にどのような影響を及ぼすかを評価する方法と、COVID-19の観点からメッセージや戦略をどのように適応させたらよいかについて、実行可能な手順を提供する、新しいガイドを作成しました。

 

ガイドを読む

新しい働き方を受け入れる

 

最近リモートワークを導入した組織では、共同作業で生産性を維持する新しいアプローチを取ることで、スタッフやチームの生産性が上がります。また、関係者が使いやすい共同作業にすることで、困難な日々の中でもビジネスの回復力を維持できます。

また、関係者が使いやすい共同作業にすることで、困難な日々の中でもビジネスの回復力を維持できます。

Business Resilience: Leading Through Change(英語)を読む

 

WFH 101: Stay Productive Wherever You Work(英語)を読む

リモートでスムーズに業務を進める

 

連絡、共同作業、署名を、どこからでも実行できるソリューションが、アドビにはあります。リアルタイムに共同作業、レビューとコメントを追加。印刷フォームをオンラインに移行従業員と顧客は、スマホやタブレットからでも文書への入力と署名ができるようにします。紙の文書をスキャンして、電子メールで遅れるPDFに変換します。

 

文書にサインをもらう

顧客を深く理解する

 

顧客のニーズを把握し、訪問の目的を判断すること。その上で、知見から行動を導き、ビジネス成果に結びつけることがかつてないほど重要になっています。直面する課題をオープンにすることも、長期的にパートナーシップを強め、ブランドロイヤルティを築くために役立ちます。

 

ガイドを読む(英語)

写真撮影からレンダリングへ

 

合成写真を使用することで、スタジオやロケでの写真撮影をしなくても、リアルな製品レンダリングや日常のシーンの取り込みができます。

 

詳細を見る

ユーザーとのつながりを保つ

 

ソーシャルコンテンツとマーケティング戦略を発動する絶好の機会ではないでしょうか。無料のAdobe Sparkテンプレートを使えば、貴社のソーシャルメディアチャンネル用にカスタマイズできます。

 

詳細を見る

デジタルストアを活用する

 

実店舗での営業は不透明な状況です。ブランド維持のために早急にオンラインストアの整備を検討しましょう。アドビでは、規模の小さい法人のお客様のために、オンラインへの移行を支援する特別プログラムを提供しています。また、実店舗とオンラインショップの顧客体験をシームレスにする戦略の見直しも、検討する必要があるでしょう。

 

アドビは飲食店などのスモールビジネスが、webサイトの日替わりメニュー、営業時間の変更、持ち帰りの手順などをすばやく簡単に更新できるように支援します。webアプリケーションにPDFを埋め込むことで、顧客に最新情報を提供し、簡単に更新することができます。すぐにお使いいただけます

Experience Leagueコミュニティでユーザーとつながる

Experience Leagueで学び、成長し、人脈を作る

Adobe Experience Leagueには、アドビのデジタルエクスペリエンス製品(Adobe Experience Platform、Analytics、Experience Manager、Audience Manager、Campaign、Target、Advertising Cloudなど)についての学習リソース、コミュニティ、サポートリソースが含まれます。

 

Experience Leagueにアクセス

 

 

MagentoとMarketo Engageの無料オンデマンド型研修

 

2020年6月30日まで、Magento UniversityMarketo Universityのオンデマンド研修を無料でご利用いただけます。チームのメンバーがデジタル業務をフルに活用できるよう体制を整えましょう。

 

ログインする

Adobe Summit

オンラインで開催されるアドビのグローバルデジタルエクスペリエンスカンファレンスにご参加ください

 

実際に集まることはできない現状を踏まえ、Adobe Summitをオンラインにて開催します。ここではアドビの経営陣による基調講演を始めとし、製品のお知らせやデモ、業界のエキスパートによる100を超えるブレイクアウトセッションがおこなわれます。

 

 

動画を見る

その他のリソース

自宅での作業のヒント
滞りのないビジネス
滞りのないビジネス

お問い合わせ

Adobe Help Center

サポートとトラブルシューティング

エンタープライズサポート

エンタープライズ向けのサポート情報