Creative Cloudには常に新しい発見がある

新開発のアプリケーションや機能、これまでにない制作方法、Adobe Creative Cloudメンバーシップでは、最新のイノベーションをすべて手に入れることができます。

Creative Cloudの新機能
最新アップデート:2017年6月13日
Adobe Premiere Pro
 

エディトリアルコレクション

Adobe Stockにエディトリアル(報道用)画像とビデオが加わり、作品の完成度を高める優れたコンテンツが大幅に増えました。
 

 

 

Adobe Premiere Pro

洗練されたグラフィック、タイトル、オーディオ

エッセンシャルサウンドパネルを使用すれば、プログラムモニターで直接モーショングラフィックステンプレートを編集し、タイトルを作成できます。新しいオーディオエフェクトおよび連携機能により、専門知識がなくても、プロ品質のサウンドを実現できます。

 

 

Adobe After Effects

モーショングラフィックステンプレート

コンポジションをモーショングラフィックステンプレートにすることで、他のユーザーがPremiere Proで編集できるようになります。また、新しい手ぶれの除去機能を使用してモーションブラーを除去すれば、使用できないと思われていた素材も補正できます。

 

 

Adobe Audition

マルチチャネルオーディオが簡単に

マルチトラックミキシング、波形の編集、機能強化されたスペクトル周波数表示を使って、ビデオ・放送業界向けのオーディオコンテンツをミキシング、編集、作成できます。

 

 

Experience Design CC(ベータ版)

UXデザインとプロトタイプ作成

Adobe XD(Experience Design)では、シンボルの上書き、すべてのシンボルの更新がサポートされました。また、Windows 10ではグラデーションやビットマップのコピー&ペーストもサポートされています。

 

 

Adobe Premiere Pro

効率化されたビデオ編集機能

キャプションやLumetriカラーの改善などにより、プロダクションワークフローを強化。チームプロジェクト(ベータ版)を使用すれば、シーケンスやコンポジションを共有しながら共同作業をおこなえます。

 

 

Photoshop CC / Illustrator CC

すぐに使えるテンプレート

Adobe Stockのテンプレートがあれば、すぐに制作作業に取り掛かれます。PhotoshopおよびIllustratorでファイル/新規を選択して、パンフレット、ワイヤーフレーム、ソーシャルメディアのレイアウトなどの多彩なテンプレートを簡単に利用することができます。

 

 

Photoshop CC

アプリケーション内検索

Photoshopのツール、パネル、メニュー、Adobe Stockコンテンツ、ヘルプコンテンツ、チュートリアルを、アプリケーション内の新しい検索パネルからすぐに検索できます。

 

 

Illustrator CC

ピクセルパーフェクトなアートワーク

パスとシェイプを描画すると、ピクセルグリッドにシームレスに整列。既存のアートワークもワンクリックまたは簡単な変換で整列できます。

 

 

Dreamweaver CC

Dreamweaverが一新

最新のインターフェイス、新搭載の開発者ワークスペース、コードを書くデザイナーのための直感的な環境、Gitサポートを備え、Dreamweaverが生まれ変わりました。

 

 

After Effects CC

エフェクトとパフォーマンスの高速化

新しい3Dレンダリングエンジン、プレビューパフォーマンスの向上、GPU高速処理対応エフェクト、Premiere ProとのDynamic Link処理の高速化により、ワークフローをスピードアップします。

 

 

Project Felix

2Dと3Dの合成を簡単に作成

新しいベータ版では、モデルやマテリアル、ライトを使用し、フォトリアリスティックな製品画像やシーンの視覚化が、3Dの経験が必要なくできます。3Dの経験は必要ありません。

 

 

Lightroomモバイル版

モバイルでRAWをサポート

Lightroomモバイル版を使えば、iOSやAndroidデバイスでAdobe DNG RAW写真を取り込み、編集して他の人と共有できます。写真とモバイルでおこなった編集は、デスクトップ版と自動的に同期します。

 

 

Character Animator CC

2Dキャラクターアニメーション

パフォーマンスの向上により、インタラクティブなパペットを一段とスピーディに作成し、Webカメラとマイクを使用してリアルタイムでアニメーション化できます。

 

 

Photoshop Sketch

PhotoshopのブラシをSketchで使用

Photoshop SketchがPhotoshop CCのブラシをサポート。お気に入りのブラシをCreative Cloudライブラリに保存すれば、iPadでSketchのアートワークを編集する際に、そのブラシを使用できます。

 

 

Lightroomモバイル版

撮ったその場で部分補正

露光量、明るさ、明瞭度などの調整を、写真の特定部分を選択して適用できます。iPhoneとiPadに対応しています。

 

 

Photoshop Lightroom CC

Apple TV版Lightroom

Lightroomの写真を自宅の大画面テレビに映し出し、臨場感をみんなで味わうことができます。

 

 

Photoshop Lightroom CC

Adobe Stockに直接アクセス

Lightroomなら、Adobe Stockへの写真投稿もスムーズに行えます。世界最大のクリエイティブコミュニティで自慢の作品を販売してください。

 

 

Photoshop CC

プロパティパネルの機能強化

属性パネルにレイヤー種類とドキュメントに関する共通情報が表示され、より細かい調整ができるようになりました。

 

 

Photoshop Lightroom CC

境界線ワープ

境界線ワープでは、複数の写真をつなぎ合わせたパノラマのエッジを引き伸ばすことによって、写真内の重要な細部を切り抜く必要がなくなります。

 

 

Photoshop CC

Adobe XDとの緊密な連携

SVG要素をクリップボードにコピーし、Photoshopデザインアセットを簡単にAdobe XDにペーストできます。

 

 

InDesign CC

新しい脚注機能

特定のフレームまたはドキュメント全体で、段抜きの脚注を作成できます。

 

 

Adobe Stock

豊富なストック素材

Adobe Stockなら、数千万点もの写真やイラスト、グラフィック、ビデオをお気軽にご利用いただけます。また、新たにテンプレートや3Dアセットに加え、「プレミアムコレクション」と呼ばれるトップクリエイターによるハイエンドな作品も取り扱いをしています。

 

 

Animate CC

仮想カメラ内蔵

ビデオカメラを扱うときと同様に、内蔵V-Camを使用してアニメーションをパン、ズームイン、ズームアウトできます。V-Camでは色合いやフィルターの追加も可能です。

 

 

Creative Cloudビデオアプリ

パワフルな映像製作パイプライン

アドビのビデオアプリでは、パフォーマンスが向上し、より緊密な連携が実現。最先端の制作を効率化する様々な新機能も搭載されています。

 

 

Premiere Pro CC

自動認識VR

Premiere ProはVRビデオが平面視か立体視かを自動的に認識し、適切な設定を適用します。

 

 

Premiere Pro CC

Behanceに直接出力

ビデオ作品をBehanceのポートフォリオに直接出力できます。事前の書き出しもアップロードも必要ありません。

 

 

After Effects CC

3Dレンダリングエンジン

Cinema 4Dテクノロジーを使った新しい3Dレンダリングエンジンにより、After Effects内で直接テキストの押し出しやシェイプレイヤーなどの3D要素を作成、編集できます。

 

 

Premiere Pro CC

Live Textテンプレートの機能強化

Live TextテンプレートをAfter EffectsとPremiere Proで共有できます。Adobe Typekitフォントは、プロジェクト全体で自動的に同期、更新されます。

 

 

Audition CC / Premiere Pro CC

Auditionのオーディオエフェクト

新しいリアルタイムオーディオエフェクトにより、Premiere Proとのラウンドトリップ時に高音質で精度の高い出力が可能になります。

 

 

Premiere Pro CC

キャプションの機能強化

新しいキャプション機能では、テキストの編集、時間と位置の変更が可能で、オープンキャプションやクローズドキャプションをゼロから作成できます。

 

 

Premiere Pro CC / After Effects CC

Dynamic Linkの高速化

高速パフォーマンスにより中間レンダリングが不要になり、高いフレームレートで再生できます。

 

 

Premiere Pro CC

キーボードショートカットのマッピング

ビジュアルマップを使用して、キーボードショートカットを検索、調整、カスタマイズできます。

 

 

Premiere Pro CC

Lumetriカラーの機能強化

Lumetri Colorパネルに新しいカラーピッカーが備わり、ビデオ内で直接選択できるようになりました。また、HDR10ファイルにも対応。カラースペースメタデータが扱いやすくなりました。

 

 

チームプロジェクト(ベータ版)

共有プロダクションで共同作業

チームプロジェクト(ベータ版)では、複数のメンバーが各自のビデオアプリケーションを使用し、同時進行で共有のシーケンスやコンポジションを編集できます。Creative Cloudグループ版とエンタープライズ版でご利用いただけます。

 

 

これまでのCreative Cloudのアップデートでは以下が含まれています。
Adobe Stock

プレミアムコレクション

Adobe Stock プレミアムコレクションでは、世界が注目するトップクリエイターの作品の中から厳選されたハイエンドな作品を、お使いのアプリケーション内から簡単にご利用できます。

 

 

Photoshop CC

コンテンツに応じた切り抜き

切り抜きツールを使って画像を回転させたり、元のサイズ以上にカンバスを拡大したりするときに空いたスペースができると、コンテンツに応じた切り抜きが自動的に周囲と調和させながら塗りつぶします。

 

 

提供開始:Illustrator CC - 新しいShaperツール

アセットをすばやく書き出し

アートボードからアセットを選択して1回クリックするだけで、複数のサイズ、解像度、フォーマットに書き出すことができます。

 

 

Capture CC.

パターンの作成

モバイルデバイスの写真を、カラー、シェイプのほか、パターンにも変換してPhotoshopプロジェクトで使用できます。

 

 

Photoshop Sketch

レイヤーと編集可能なブラシ

Sketchがレイヤーに対応し、編集可能なブラシが加わりました。iPhoneやiPadでも描画の微調整ができます。

 

 

Creative Cloudライブラリ

読み取り専用のライブラリ

読み取り専用のライブラリを活用すれば、変更や削除の心配なくチーム内でアセットを共有でき、共同作業がはかどります。

 

 

Creative Cloudライブラリ

共同作業を効率化

読み取り専用としてライブラリに公開することで、より多くのアセットを共有。キーワード検索またはビジュアル検索を使い、Adobe Stockの画像をライブラリに保存できます。

 

 

InDesign CC

Publish Online(プレビュー版)

ドキュメントを手軽にオンラインで配信、配布できます。表示にプラグインは必要ありません。

 

 

Adobe Muse CC

レスポンシブWebデザインを自由に作成

レスポンシブWebサイトを簡単にカスタマイズできます。コーディングの必要もテンプレートの制約もありません。

 

 

Photoshop Lightroom CC

ガイド付きUpright

Uprightで自動的に検出されなかった水平線や建物の歪みを角度補正し、正確な遠近法に修正します。

 

 

Photoshop CC

選択とマスクワークスペース

専用のワークスペースで、正確な選択範囲とマスクを作成。境界線調整ブラシのようなツールを使用して、前景と背景の要素をきれいに分けられます。

 

 

Photoshop CC

顔のパーツの調整

ゆがみツールの「顔立ちを調整」オプションでポートレートをレタッチ。目、鼻、口など顔のパーツが自動的に識別されるので、調整が簡単です。

 

 

Animate CC

ブラシの機能を強化

新しいパターンブラシ、ベクターブラシのスムージング、およびタイリングによって、Animate内で描画する表現方法が広がります。

 

 

Animate CC

4K以上のビデオの書き出し

Animate CC(旧Flash Professional)では、カスタム解像度設定でビデオを書き出し、最新のUltra HDのテレビやモニターで美しく表示することができます。

 

 

Adobe Muse CC

Comp CCとの連携

Comp CCを使用してiPhoneやiPadでレイアウトを作成し、それをMuseに送ってWebサイトに仕上げることができます。