砂漠での写真撮影:究極ガイド

砂丘やサボテンなど砂漠の風景は世界でも魅力的な風景の1つに数えられます。経験豊かな風景写真家のアドバイスを受けて、青空と砂が作る大きな空間を、迫力ある砂漠の風景写真へと変える方法を学びましょう。

砂漠の峡谷の崖っ淵に立っている人

太陽と砂の砂漠写真

砂漠は、その孤立した存在と幻想的な地形で、昔からアーティストや写真家にとって魅力のあるテーマでした。サハラ砂漠のうねるような砂丘、ユタ州やアリゾナ州の赤い岩、どれを取っても砂漠は、それ自体で風景写真のカテゴリに含まれます。

 

「砂漠写真は、それを見る人を異国情緒溢れる別世界のような空間に誘います。あの泥が固まってひび割れた場所が印象的な写真になるとは考えられないでしょうが、砂漠は写真が捉えることのできる格好の場所の1つです。人々はデスバレー国立公園を訪ね、沈む太陽の下、何時間もかけて小さな岩の割れ目を探して写真を撮ります。そのようにして撮った写真は本当に感動します」と写真家のジュリア・オーストさんは言います。

背景に山々が連なりサボテンが生えた広大な砂漠の写真

砂漠の風景は荒涼として乾燥していますが、決して不毛な状態ではありません。何を撮るべきかがわかっていれば、格好の構図はいたる所に見つかります。「どちらかと言えばこれは、ミニマリストスタイルの写真です。写真の枠を超えた思考を巡らすのです」と写真家のティファニー・ニューエンさんは言います。

 

砂漠写真撮影の準備をする

砂漠は気温や天気の違いが極端な上、予想がつかないという厳しい環境にあります。コンディションが、撮影するのに適切な状態になるまでには時間がかかることもあります。しっかり準備を整えてから撮影場所に行き、そこにいる間、快適な状態でいられるようにすることが、大変重要です。

 

必需品を用意する

「十分な水と日よけ、目を守るためのサングラス、そして寒くなった時のために服も何枚か持って行ってください」とオーストさんは言います。日中は暑くても、長袖のシャツを用意します。帽子やスカーフも太陽と風から身を守るために持っていきます。砂漠では日が沈むと、温度が急激に下がり、夕暮れ時には予備に持って行った服を着て体を温めます。

 

砂漠撮影のため長時間歩く

「足跡のない砂丘の写真を撮るには、3キロぐらい歩くこともあります。砂が靴に入るのを避けるために、長いブーツかゲートルを履きましょう」とオーストさんは勧めます。オーストさんはGPS をダウンロードして使用することも勧めています。そうすれば、構図の良い場所をチェックできるし、車への帰り道もわかります。「撮影に行く時や終わって帰る時は、大抵、暗い時間帯です。GPS があれば迷うリスクをなくせます」とオーストさんは言います。

嵐が起こる前の砂漠の写真
頭上に雲が広がっている砂漠の写真

天気に注意する

砂漠の天気は、暑かったり突然の洪水があったりとその差が極端です。撮影プランを立てる時は、予定日の天気予報を調べ、慎重過ぎるぐらい慎重になりましょう。「谷のような場所は、雨の時に行くと危険です。砂の水の吸収の仕方は土とは違うからです」とオーストさんは言います。

 

一方、雨や雷雨は迫力ある砂漠シーンを撮影するのに絶好の機会でもあります。「砂漠で少しでも違う雰囲気があれば、とても特別な写真になり、他の砂漠写真とは違う作品になります」とオーストさんは言います。撮影中は周辺に注意します。砂漠は美しい反面、その状態によっては大変危険な場所にもなりえます。 

 

事前に撮影シーンを確認する

砂漠のような荒涼とした場所で撮影する場合、事前の下見が重要です。「砂漠の場合、構図が肝心です。最初は印象深く感じないかもしれません。撮影の前に歩き回ってから魅力ある画像をイメージします」とオーストさんは言います。

 

その絶好の場所をオンラインで確認する、または人気のある場所を検索してみましょう。歩き回っている時には、気に入った場所を記憶しておくか、GPS にピンを付けて、後で構図に良いその場所に再度訪れることができるようにします。朝日や日の入りの写真を撮りたいのであれば、事前調査が大変重要です。そのわずかな時間に得られる僅かな光を最高の状態で撮影できるようにします。

夜空に星が輝く砂漠の写真

砂漠で 夜空や天の川の天文写真を撮影する場合は、事前準備はなおさら重要です。砂漠で動き回る、またはカメラを操作する、という行動には日中の方が楽です。事前に調査すればするほど、撮影時のストレスは少なくなります。

 

「撮影に良い構図はいくらで見つかります。でも、本当に特別な写真を撮りたいなら、日の入りの1時間前に出かけていっても十分な準備はできません。朝か真昼に出かけましょう」とオーストさんはアドバイスします。

砂漠に生息するサボテンの写真

周辺の自然環境に気を配る

「砂漠では、どのような生き物でも一生懸命に生きています。ですから、たとえ小さな花でも踏まないようにしましょう。自分が砂漠で与えた影響がずっとそこに残ることに留意してください。たとえ地面の表面の薄い層のように見えても、それは多分100年ぐらいかけて出来た、微生物叢なのです」」とオーストさんは言います。撮影場所の自然環境にどの程度注意をするべきか、撮影期間中にはどのような規制があるかを、事前に調査しておきましょう。撮影場所には注意をすべき蛇、サソリ、その他危険な動物や虫がいるかどうか確かめる必要があります。

 

機材と保護方法を知る

カメラの機材は自然の力から保護しなければなりませんが、その際最初に思いつくのは水から防ぐことです。しかし、砂や風はさらに危険な存在で、十分注意する必要があります。砂と風はレンズを傷つけ、カメラ内部に入り込んでしまいます。砂を吹き飛ばすとカメラのセンサーが傷つきます。

 

「風があると、埃や砂がカメラ、レンズ、三脚のどれか、または全部に入ってしまう恐れがあります。それを避けるには、ロケットブローワーと小さなブラシを使ってカメラの溝やネジ部分から砂を取り、柔らかな布で細かな埃を拭き取ります。砂はカメラの中に長く残しておけばおくほど、ダメージがひどくなります」とオーストさんは注意します。

 

使っていない機材は、カメラバックの中にしまって、完全な保護を心がけます。風や砂を避けるには、カメラカバーをつけると良いでしょう。

 

カメラ本体がウェザーシールドかどうか、チェックします。砂漠で撮影する際、ウェザーシールドカメラは必携ではありませんが、カメラの中に砂が入る可能性を低くできます。

 

砂漠ではレンズの交換をしてはなりません。カメラがウェザーシールドかどうかに関わりなく、レンズ交換をしないことがカメラとレンズを守る最善の方法です。「砂がセンサーに入り込むとダメージは修復できません。ガラスに傷がつくとレンズそのものがダメになります」とニューエンさんは言います。

 

レンズの前面を保護するには、UV フィルター、ポラライザー、NDフィルターなどを撮りたい写真に合わせて取り付けます。また、カメラをもう1台用意するか、レンタルして携行することも考えます。カメラ1台に広角レンズを、もう1台には望遠レンズを付ければ、カメラとレンズを離すことなく、さまざまな焦点距離の写真が撮れます。 

砂漠の崖縁で撮影している写真家

個性的な砂漠写真を撮るためのコツ

 

色々違うレンズと構図で試す

砂漠のように平らな地面の風景だからといって、写真も平らである必要はありません。砂漠にも、良い構図を得るためのルールがあります。例えば、光、影、テクスチャ、リーディングラインなどです。荒涼とした砂漠の風景の場合、こうした要素がさらに重要になります。 

 

さまざまなレンズを使って、迫力あるダイナミックな構図を見つけましょう。砂漠のような広い風景の場合、広角レンズが強い味方ですが、望遠レンズを使うとその風景は一変します。「私は望遠レンズを使って圧縮効果を出すことを勧めます。この方法ですと、風景の前面部と後方部が一体となります」とニューエンさんは言います。

 

カラーパレットを試す

「砂漠では、色の種類がそれほどありませんから、目につく色であれば、それらを色々試してみます。赤い岩ばかりの所で撮影していたら、何か目につく他の色を探すのです」とニューエンさんは言います。撮影シーンの中でコントラストになる色、互いに引き立て合うような色を探します。野生の花の一群や、変わった岩などシンプルでありながらも魅力的な素材となるでしょう。

 

自然界が織りなすパターンや形を探す

乾いた土の複雑な割れ目や、抽象的な砂丘の形状など、すべてのものが目を見張るような題材となります。「線形のようなものを探してくださいS型のカーブがあれば、大抵魅力的な構図になります。見る人の目線を上へと導くような線があればとても面白い構図になります」とオーストさんはアドバイスします。

晴れた日の砂丘

ゴールデンアワーに撮影する

ゴールデンアワー とは、暖かでソフトな光の中に風景が浸る時間帯のことで、日が沈む1時間前の時間帯のことを言います。この光の射し具合が、あらゆる写真で最高の光であるとされています。「私はゴールデンアワーが大好きです。光で’テクスチャを表せるからです。光が横から当たる時が最高で、砂紋が横からの光と共に綺麗に出ます。太陽にカメラを向けるとレンズフレアが出るので、ゴールデンアワーの時は太陽に対して直角に撮影します」とオーストさんはいいます。

 

撮影をする

初めての砂漠撮影でも、100回目の撮影でも、砂漠では新しいこと、意外なことを撮影するチャンスは常にあります。砂漠の風景写真は、事前の計画が必要です。しかし、先を読む思慮深さと少しの幸運があれば、目を見張るような素晴らしい写真を撮ることができるでしょう。最も大切なことはリラックスして、撮影を楽しむことです。砂漠はカメラでさまざまなことを試してみる絶好の場所です。いつもとは少し違う、砂漠という自然の中での撮影を楽しみましょう。

寄稿

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Photoshop Lightroom のプリセットを使って写真をかんたんに編集し、クラウドの写真ストレージ管理機能を使えば、どこにいても自分のプロジェクトにアクセスすることができます。

その他のおすすめ...

川に飛び込むウシカモシカの群れを捉えた美しい自然写真

あらゆる自然の写真を撮影するためのコツ

ステージで演技するバレエダンサー、シャッタースピード写真撮影 | Adobe

絞りとシャッタースピードを理解する

調

カメラのさまざまな ISO 設定

ISOの概要
露出の三大柱のひとつである ISO が写真で果たす役割を学びます。

白黒の雪山の写真

白黒写真でモノクロの世界を発見しましょう。

ょう

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 1,078  /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,248 /月(税別)