強化遠近法でさらに印象的なストーリーに

画像のプロポーションを変えることで、特別なメッセージをどれだけ伝えられるでしょうか。 ここでは強化遠近法を使って、写真をより印象的に仕上げる方法を紹介します。

強化遠近法を強調する紫色の線でレンガ造りの建物

強化遠近法を使って好奇心をくすぐる写真に

します。使アル真をは限使ピサの。こクニるの

 

強化遠近法の使いかた

強化遠近法は、人間の奥行きに対する知覚や遠近感を利用して、サイズ、位置、大きさの尺度を変えながらも、全体のバランスを取っていくという点で、人間の感覚に挑むものと言えます。ピサの斜塔のような例は写真でよく使われていますが、映画撮影にも応用することができます。映画「ロードオブザリング」で、ホビットが人間よりずっと小さく見えるのは、このテクニックを使っているためです。

 

があ曲収ディンズを使 Adobe Photoshop 使イメ調

紫色の遠近法ワイヤーフレームが記された街角の建物の写真
紫色の遠近法ワイヤーフレームが記された街角の建物の写真

Photoshop の遠近法ワープツール

Photoshop遠近法ワープ使ル感調るたを表使使調

Adobe Photoshop で使用されるパースペクティブワープツール

使でき」は調調調

 

カメラで強化遠近法を使う

使。カ使

 

もうひとつの視点

モデルあるいは違った遠近感をアドバイスしてくれる人、またはその両方が必要です。遠近法の写真を撮影するときには友人に来てもらいましょう。

遠くにいることで背景にある山より背が高く見える女性

スケール感を変えてみる

大きなものを背景に、小さなものを手前に持ってきて、サイズ感やスケール感を確認しましょう。この方法を使うと被写体のサイズの違いを限りなく目立たないようにでき、人の目を欺く、楽しい写真ができあがります。この効果を使って、ものを実際のサイズよりもっと小さく、あるいはもっと大きく見せてみましょう。

 

撮影ポイントの実験

意外な位置から撮影すると、新しい遠近感覚が生まれます。前景を強調するために低いアングルから撮ってみる、イメージに 2D の雰囲気を持たせるために空から撮ってみる、そうしたチャレンジをしてみるのもいいでしょう。

強化遠近法で玩具の怪獣よりも小さく見える人間

小道具や切り抜きを使う

イメージに小道具を加えて、おもしろい写真にしましょう。おもちゃ、シール、自分で作った切り抜き写真などが使えます。それぞれの要素の位置を調整したり、物を前景または背景に動かしたりすることで、スケール感のゆがみやすさを確認し、思い切って実験してみましょう。

 

使

その他のおすすめ...

雪山の頂上にある雪をかぶった山小屋

写真をもっと良くするためにホワイトバランスの設定を調整

 

夜の街の石畳を走るオートバイ

ストリート写真でストーリーを語る

夜の街の石畳を走るオートバイ

ストリート写真でストーリーを語る

マクロ写真で捕らえたアカカミ蟻

小さなものに目を向け大きなインパクトを生むマクロ写真

小さな被写体を実物より大きく撮ってみましょう。新しい世界の扉を開くマクロ撮影のヒントを紹介します。

Photoshopを入手

プロフェッショナル画像編集ツール。

7日間の無料体験の後は月額2,728