プリズムを使い幻想的な写真を撮る

ガラスのプリズムとほんの少しの虹色を使って、ポートレート、風景写真、ウェディングフォトを、さらに美しくしてみます。

人の手に降り注ぐレインボーライト

プリズム写真とは?

プリズム写真とは、プリズムを使って物の上に光を屈折させたり、散らしたりするテクニックです。ポートレートや、アルバムジャケット、ウェディングフォトなど、少し虹色の光を加えたら、さらに素敵な写真になります。カレイドスコープやサイケデリックで幻想的な風景の中に被写体を置いても良いでしょう。こうした効果は全て、ガラスやプラスチック、その他の素材でできたプリズムによって起こります。「これはカメラの中で起きるエフェクトで、現実の世界で起きる、自然の光の歪みや煌めきです」と写真家のサム・ハードさんは言います。

人の顔に反射するプリズム

プリズムの効果で創造性豊かな写真 

プリズムは光を屈折させます。白い光はさまざまな色からできています。赤、オレンジ、黄色、緑、青、インディゴ、紫といった色は、全て太陽の光に含まれています。こうした色がミックスされて、白い光になります。プリズムは、この白い光を屈折させ、色の付いた光に変えるのです。

 

フィルターのように、プリズムをカメラのレンズと被写体の間に置けば、光の歪みをキャッチし、プリズムが作る虹色の光を捉えることができます。 

プリズムがレインボーを反射する

プリズム写真の設定

良いプリズム写真は、写真自体も良い写真でなければなりません。プリズム写真として良い画像を作成するには、ポートレート、顔写真、ウェディングフォトを上手く撮るために決めている設定で撮影します。「私は決して最初からプリズム写真を撮ろうとはしません。被写体に適切な光が当たっていることを必ず確認します。良いポートレート写真を撮るための準備が、良いプリズム写真を撮るための準備になります」とハードさんは言います。

 

カメラに入ってくる光の量によって、良いプリズム写真が撮れるかどうかが決まります。近距離撮影用のレンズを使って、自分に非常に近い物に焦点を合わせます。浅い被写界深度のプリズムレンズが最適です。ズームレンズはお勧めしません。どんな焦点距離でも構いません。絞りが最も重要です」とハードさんは言います。絞りとは、カメラのセンサーに当たる光の量を決めるために開閉するカメラの開口部のことです。これはカメラの設定で行います。ハードさんは絞りを2.8にすることを勧めています。これで、かなりの量の光が入ります。

 

最高のプリズム効果を出すには、マニュアルで焦点を合わせます。その方が、レンズ、プリズム、被写体、光の関係を素早く調節することができます。

 

プリズム写真は太陽の光を利用しますが、屋外での真昼の光のように頭上から差し込む光は、良い効果を生みません。「直射日光の中でプリズムを使って撮影するのは、普通の状態とはかなり違います。光が強すぎるのです。フェアリーライトか懐中電灯で、直射日光に向かって照らしてみて、どんな効果をもたらすか実験してみてください」と写真家のステファニー・ドゥフランコさんは言います。 

被写体を歪める用途で使われるプリズム

撮影でプリズムを使う方法

プリズムをカメラのレンズの前にセットしましたら、プリズム通してはっきりと見えるように、焦点を合わせます。プリズムを動かして、虹やその他のエフェクトを出してください。一定のプリズムのエフェクトを出すのに、決まったポジションや特別な撮影テクニックがあるわけではありません。試行錯誤で発見していきます。プリズムを使うたびに違う結果が出ます。練習を重ねて、好みのエフェクトを探してください。それぞれのツールがどのような相互関係で働くのか、直感でわかるようになります。「すぐに良いエフェクトが現れることは期待しないでください」練習が必要です。どんな光の時に上手くいくか、練習で学んでください」とドゥフランコさんは言います。

 

プリズムを通して焦点を合わせた太陽光を被写体になっている人の顔に、当てないようにします。眩しくて目を細めてしまうと、せっかくの写真が台無しになります。

被写体を歪める用途で使われるプリズム
被写体を歪める用途で使われるプリズム

カメラに小さな道具を付けてプリズムを固定させるか、または手でプリズムを押さえてレンズの前に持ちます。「手で持つと、良いアイディアがあった時に、それを早く繰り返すことができます。思いがけず良い効果が出ることがよくあります」とハードさんは言います。光源に合わせてプリズム角度を変えることで、わずかな歪み、虹、ボケ効果など、色々なエフェクトが得られます。

 

撮影用プリズムの種類

プリズム写真に使うプリズムは何種類もありますが、最もよく使われている15cmの三角プリズムは、レンズの前で手で持つことができます。この様なプリズムは簡単に手に入ります。カメラショップにはプリズムも、プリズム写真に使う他の道具も揃っています。また、科学用品の店舗やAmazon などのオンラインショップでも購入可能です。

 

「自分の指が写真に入らないよう、長いプリズムを使ってください」とハードさんは言います。プリズムは、その端がフレームに入らないよう、十分に大きな物を選んでください。

 

虹を作り出すのは、三角のプリズムだけではありません。光を屈折させる物であれば何でも、さまざまな色を加えるツールとして使えます。ペットボトルは安価で手軽に入手できますし、普通のガラスやプラスチックなども光を散らして、虹を作ることができます。

 

「ほとんど何でも、カメラの前に置けば何かしらのエフェクトが得られます。「携帯電話の底をレンズの底に当てると、とても面白い反射効果を作ることができます」とドゥフランコさんは言います。 

手を繋いでいる人の手に反射するプリズム
リンゴの木を歪めるために使われたプリズム

プリズムのエフェクトと作品を一体化させる

プリズム写真の基本がわかりましたら、そのエフェクトを簡単に素早く写真に取り入れることができます。ポートレートやウェディングフフォトの場合は、クライアントのため、個性的かつ思い出深い写真を撮影しなければなりません。虹やサイケデリックなエフェクトが入っていれば、クライアントはさらに満足することでしょう。この光のマジックをマスターすれば、他に追随を許さない写真家として、そのクライアントはサポートしてくれるかもしれません。しかも、15cm のプリズムは小さいのでバッグの中に簡単に収まり、しかも安価です。

 

Adobe Photoshop を使えば、虹やその他のエフェクトを加えることもできます。練習を重ねれば、撮影時と後処理の編集の両方で、素晴らしいエフェクトをさらに加えることができるようになります。

寄稿

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Lightroom 使

その他のおすすめ...

黒を背景にした、そばかすのある女性のポートレート写真

美しいポートレート写真の撮り方

プロの写真家からコツを学び、アドバイスに従ってポートレート写真を撮りましょう。

バラの花と女性の体

シュールレアリズム写真の技法を理解する 

 

薄明りの中で咲く黄色い水仙の静物画像

静物写真の撮影テクニック

静物写真の撮り方を学んで、構図のテクニックをレベルアップさせます。

窓の外を見ている子供をおんぶした父親

芸術としての写真入門

ティ

Photoshop Lightroomを入手

写真の閲覧から補正や加工、管理まで。スマホでもPCでも同期できる写真サービス。

7日間の無料体験の後は月額1,078 (税別)