芸術としての写真入門

芸術写真は風景写真や人物写真など、その他多くの撮影スタイルと共通点があります。作品を独特の写真にするためにアーティストが取るアプローチによって、その特徴が現れます。

人の芸術写真

芸術写真は他の写真とどう違うか?

芸術写真の世界を探求するとき、常に問われる質問があります。「芸術とは何か?」多くの意味合いがある質問ですが、答えはアーティストの意図にあると言っていいでしょう。アーティストが作品を作るときのアプローチによって芸術作品は差別化されます。「芸術写真は、自分の芸術を表現する媒体として意図的に写真という手段を使用し、自分の概念を一歩先に進めるために用いられます。」大学教授であり写真家のアリエル•ウィルソンさんはこのように語ります。これが素早く撮ったスナップ写真と美術写真との違いです。

 

報道写真や商業写真とも異なります。「依頼を受けたのでも、何か極端な状況に突き動かされたのでもなく、個人のある種の考えを追求したものが芸術です。」写真家で大学教授のアダム•ロングさんは語ります。商業写真は、商品を見せ、販売を促進するという目的で作成されます。報道写真やドキュメンタリー写真は、撮影しようとしている物事の真実を捕らえ、ある特定の事柄やシーンを、できるだけ偏見をもたずに記録することです。「芸術となると、コンセプトが違います。」とロングさんは言います。

 

ひとつの芸術表現の形として写真を探求する

芸術写真は、アーティストが自分のアイディアを広げ、コミュニケーションを図る機会を与えてくれます。風景写真、人物写真、静物写真、抽象写真など、すべてが芸術写真を作ります。いきなり自分で芸術的な画像を作る前に、プロから学び、このジャンルの作品を見てみましょう。色々な作品を学んでみると、どんな芸術作品を自分で制作したいかが分かってきます。

谷の風景を写した写真

風景写真の芸術

アンセル•アダムスのような歴史に名を残す風景写真家からダン•トムのような現代のプロまで、風景写真の多くは芸術の分野に入ります。こうしたアーティストは、ある場面の真実に迫り、それを社会に伝えようと努力します。風景写真家の作品には、環境保護運動や世界の自然に関して学ぶことがたくさんあります。

 

人物写真の芸術

人物写真は素晴らしい芸術写真になりますが、すべての人物写真が芸術写真というわけではありません。たとえば、仕事の Web サイトのために作成された顔写真は、芸術のカテゴリーに入りません。しかし、ジャスティン•ディングウォールといった写真家や有名なロバート•メイプルソープが作成したような、意図を持って作成された人物写真は、社会を描写し、それを理解しようとする試みを伝えようとしています。人は他の人々を目を向けます。人物写真や自画像写真は、人間の状態のあるがままを捕らえる素晴らしい方法です。

口紅をパンの芸術写真

静物写真の中にある言葉のない真実

静物とは、構図に合わせてアレンジされた無機質の物体の集まりのことです。世界中の美術館に、有名な絵画や写真が数え切れないほどあります。現代の静物写真は商品の写真がほとんどですが、写真家のElise Mesnerさんのように、規定の考えから飛び出せば、ユニークで素敵な何かを捕らえられます。シンプルな物でもちょっと変わった見方をすれば、特徴を見いだし、その物の新しい一面を発見できます。

 

情熱を追い求める

写真の世界に際限はありません。ご紹介した写真は芸術写真の可能性を示す幾つかの例にすぎません。もし街角の写真、ファッション写真、天文写真などに興味があるなら、その分野をリサーチをして感銘を受ける有名な写真を探しましょう。スキルを高めるには、プロから学ぶことが最高のツールになります。

 

素晴らしい芸術写真と言われる理由

芸術は人の主観に影響されますが、商業写真や製品写真を成功させている法則も芸術写真を作っています。写真家で教師のティナ•トライフォロスさんは「人々の目を惹きつける説得力のある内容、本当に素晴らしい構図、良い光」を重要視するようアドバイスしています。

 

「優れた芸術写真の多くには、3 つの優れた点があります。」と写真家で大学教授のアリエル•ウィルソンさんは語ります。「そうした写真は美的に人を惹きつける魅力があり、構図もしっかり考えて作られています。そして説得力のあるコンセプトがあります。」構図が優れていて、大きな構想に通じるような興味深いイメージが作れるなら、素敵な芸術写真を撮ることができるでしょう。  

地面に置かれた果物の芸術写真

ポストプロセスの役割

カメラで完璧な画像を捕らえる必要はありません。Adobe Photoshop Lightroom といったポストプロセスのツールが、画像を変換し、さらに磨いていくお手伝いをします。「自分の伝えたいことを伝えるために必要な手段は何でも使いましょう。」とロングさんは言います。写真やデジタルアートの場合、あらゆるものが解釈を変える可能性になります。すべてがアートです。例えば、リンゴの写真はリンゴではありません。それはリンゴを表現しているものです。そして光、露光、その画像の構図によって、写真の意図が変わってきます。

 

芸術写真入門者のためのコツ

ツールを学ぶ

優れた芸術写真を作成するには、ツールを自由に使えるよう、理解する必要があります。カメラの使い方に慣れて、色々な設定を試してみましょう。被写界深度焦点距離シャッタースピードの複雑な関係を理解したら、それを自分のアイデアを伝えるツールとして使うことができます。

 

視点を変える

ごく普通のアイテムを 100 回撮影し、違う見方で、さまざまなビジュアルを作ってみましょう。そのうち 95% は役に立たないかもしれませんが、これでツールを理解でき、しかも手元にはとても興味深い画像が 5 点残ったことになります。いつもカラーで撮影している場合は、白黒写真も試してみましょう。色々な方法をごちゃまぜにして写真を作成してみると、構想が飛躍し新しい視点が開けてきます。

人の影が壁に写る芸術写真

構図をマスターする

構図のルール例えば三分割法などを理解したら、自分のもっとアイディアを伝えるためにそういったルールをあえて破ってみましょう。今度撮影する時には、変わったアングルや、面白いアングルで、余分に何枚か撮ってみましょう。ルールにしたがって撮った写真とルールを破って撮った写真を比較してみたら、もっと魅力的な、自分のアイディアを表現する方法が見つかるかもしれません。

 

自分の関心に的を絞る

最高の芸術品は、アーティストが自分の情熱を探求した時に生まれます。「芸術写真は表現と実態の両方を認識します。」とウィルソンさんは語ります。どんなアイディアを追求して探求しようとも、それはアーティストの自由です。それが自分にとって大切なアイディアならば、意義のある作品を作りやすくなるでしょう。

 

写真の芸術性を追求する

美術館、博物館、仕事場、家庭が、芸術写真が飾られる主な場所です。作品で成功するには、品質の高い芸術写真をプリントすることが重要です。暗室でフィルムを現像するにしても、完璧なデジタル画像をプリントするにしても、写真を実際の世界で見ることを忘れないようにしてください。写真は、携帯の画面で見る時と、アートギャラリーの壁に飾られた時と、訴えてかけてくるアイデアが異なります。サイズ、スケール、実際の物としての存在感などすべてが、美術作品を見る人の解釈を変えます。

 

「誰もが芸術写真を専門に撮る写真家になれるわけではありません。他の仕事をする人も大勢います。」とトライフォロスさんは語ります。芸術写真は商業的な目的で制作されるのではないので、芸術を作ることだけに集中できる人はあまりいません。だからといって、してはいけないというわけではありません。

 

趣味で写真を撮っていても、プロの写真家として芸術写真を仕事以外に撮っている場合でも、自分のアイディアを世界の人々に伝えるために写真を撮り続けましょう。芸術写真は他の写真の分野とは概念的に異なります。それは、芸術写真はアーティストの関心、アイディア、個人の目標に動かされて作成されているからです。さあ、自分の情熱をさらに探求し、自分自身が興味を持てる芸術写真を作成してみましょう。

 

その他のおすすめ...

夜の街の石畳を走るオートバイ

ストリート写真でストーリーを語る

さりげなくストーリーを語るこの方法で、日常の一瞬を捕らえましょう。

着物を着て琴を弾く人

報道写真のビジネスと活動

ニュースになりそうな出来事の写真を撮るための基礎を、プロのアドバイスと合わせて学びます。

プロファイルから始める写真編集

プロファイルから始める写真編集

編集第一歩として、またスタイリッシュ効果与えるために、写真プロファイル適用することす。

マクロ写真で捕らえたアカカミ蟻

小さなものに目を向け大きなインパクトを生むマクロ写真

小さな被写体を実物より大きく撮ってみましょう。新しい世界の扉を開くマクロ撮影のヒントを紹介します。

Photoshopを入手

プロフェッショナル画像編集ツール。

7日間の無料体験の後は月額2,480 (税別)