雨の日ならではの写真撮影

水たまりの水滴や、雨の日の幸福な家族の写真など、雨写真を撮るには少しの工夫が必要です。どのような天候でも、満足のいく写真を撮るための方法を見ていきます。

雨の日にプールに浮いている女性のモノクロ写真

雨の予報が出ているとき

「悪天候」といいう通常のイメージから、クリエイティブでドラマチックな写真が生まれることがあります。暴風雨の中、トレンチコートを着た人が傘や雑誌で頭を覆って走り回っている、そんなニューヨークの街角を想像してみましょう。暴風雨の写真家、ジェイソン・ウェインガート さんは「こういう状況こそ、ユニークな芸術的チャンスが生まれます」と言います。

 

雨写真には、「雨の中の写真」と「雨そのものの写真」の 2 種類があります。雨の中で撮影すると、個性的なポートレートや魅力的な風景美しい街角写真を撮ることができます。雨そのものを撮影すると、水たまりや波紋、飛び散る雫など、抽象画のような緻密なイメージを撮影することができます。どのような被写体であっても、満足のいく写真を撮るには事前に計画を立てて機材を確保することが大切です。

水滴で追われた葉っぱの近距離でモノクロの写真

計画とリサーチ

希望する雨の写真が撮れるかどうかは場所によります。雨の日に落葉樹林の中で撮影したい場合は、あまり苦労はしなくても撮影できるでしょう。しかし、砂漠で雷雨を撮影しようと思ったら、リサーチを十分しなければなりません。「私が写真を始めた頃に知っておきたかったのは、望む天気になるのを待つのではなく、自分から天気を求めるには、気象のことを学ぶ必要があると思いました。現地で希望する天気を待つのではなく、事前に計画を緻密に立てれば、うまくいきます」とウェインガート さんは言います。

 

まず、天気予報で雨が降っているかどうかを確認します。 その後、自分の住んでいる地域の気象パターンや天気の傾向を調べていきます。地形によっては、雨の影響の受け方が異なることを覚えておきましょう。街中では、土砂降りになると視界が悪くなるので、すれ違う車や交通には特に注意しましょう。森の中やビーチでは、土が柔らかく、また深い水たまりや濡れた砂があると、三脚やカメラ、自分の足元が危なくなります。また、大雨の場合ですと、思い通りの写真が撮れないこともあります。 

雨が止み、虹がかかる景色お眺めるレインコートを着た人

雨具などを準備する

雨写真は、他の自然写真や風景写真と同様に準備が大切です。

 

  • 自分と(モデル)を守る
    まず、自分用にレインコートと傘を用意します。「私の場合、カメラバッグには傘を入れ、ポンチョやレインコートも用意しています。ジーンズと T シャツで出かけてしまうと、すぐに着心地が悪くなってしまいます。適切な雨具、ブーツ、レインパンツ、レインスーツを用意します。カメラだけでなく、自分も濡れないようにしてください」とウェインガート さんは言います。

    撮影後にも備える必要があります。「着替えを持っていけば、終日ずぶ濡れで寒くなることもありません。予備の靴を持たないで水たまりに足を浸してしまうと、一日中、足を冷やしてしまいます」と写真家の メリッサ・D・ジョーンズさんは言います。

    自身の準備の後は、モデルや被写体のことを考えましょう。雨の中での家族写真やファッション写真の場合は、モデルに着てもらう衣服を考えます。お揃いのコートや傘、またはコーディネートが必要でしょうか?濡れてもよい衣服の場合は、後のことを考えて被写体になる人に予備の服や撮影後の着替えを用意します。誰にも不快な思いをさせないためにも、準備できるものはすべて準備し、そのことを関係者に告げておきます。

 

  • 機材の保護
    カメラが濡れてしまうと、修理に多額の費用を要します。カメラを濡らさないために、防水カメラバッグ、カメラ用レインカバー、傘、レンズフード、タオルなどを準備します。「レンズは曇ることがあるので、レンズ用クロスを使用する必要があります。雨の中で撮影するときは、いつもレンズフードを使います。レンズを雨から守ることができるからです。ただし、強風や土砂降りの場合は、駄目な場合があります」とジョーンズさんは言います。カメラ用の雨具は、複雑で高価である必要はありません。一眼レフカメラにビニール袋を巻いておくだけでも、十分な予防になります。

    カメラ内部に水分が入ってしまい、内部が曇ってしまった場合は、カビの発生や内部の水濡れを防ぐために、できるだけ早く乾燥させる必要があります。ほんの少しの湿気が、後で大きな問題になることがあります。
雨の中を歩く人々の足
水滴の近距離写真

雨天時の正しい撮影方法

雨の中で写真を撮るときは、まず周囲の状況や天候に常時注意を払います。「雨はただまっすぐ降るだけではありません。風が吹いていると、水しぶきを受けることもあります。ストームチェイスを行ってみて、雨がソフトボール大の氷の塊になることもあるなど、雨について多くのことを学びました。どのような嵐や天候に対処しなければならないのかを把握しておく必要があります」とウェインガートさんは言います。

 

1.カメラ設定の調整

さまざまなカメラの設定を試してみて、自分に合った設定を見つけましょう。落ちてくる雨を空中や水しぶきの中で静止させたい場合は、非常に速いシャッタースピードで撮影します。三脚を使わずにカメラを手で構えて撮影する場合、1/60 秒よりも遅い速度で撮影すると手ぶれが発生し、ブレが生じてしまいます」とウェインガート さんは言います。雨の動きは非常に速いので、雨をフレーム内の理想の位置に入れるためには、相当な枚数を撮影する必要があります。そのため、写真をたくさん撮り、撮影場所から離れてから画像を調整する必要があるのです。

 

また、雨天時に屋外で人物写真や風景写真を撮影する場合は、ISO や絞りを意識して撮影するようにします。雨が降っていたり、曇っていたりすると、一般的に周囲の光が少なくなるので、何度かテスト撮影をして、適切な露出のための設定になっているか確認します。頭上に雨雲があるような光量の少ない場所では、絞りを開く必要があります。この場合、被写界深度が浅くなるので、それを意識しながら構図を決めていきます。

 

2.レンズをきれいに保つ

「特に雨や風が強いときは、2、3 枚撮影するごとにレンズに雨粒がついていないか必ず確認してください」とジョーンズさんは言います。雨粒がレンズにかかってしまうと、数え切れないほど多くの写真が台無しになってしまいます。カメラで撮影した画像がすべて歪んでしまうので、レンズは表面をきれいにする必要があります。レンズ用クロスやタオルを十分用意して、常にレンズを乾燥した状態にします。

雨が降っている街を傘をさして歩く人々

3.三脚を使用する

大雨の中、雨に打たれるのは撮影者だけではありません。「カメラが三脚にしっかりと固定され、地面に設置されているかを確認します。雨が降ると地面の形が変わり、カメラが滑りやすくなってしまいます。写真を撮る前に、カメラがしっかり固定されていることを再確認して、機材にダメージを与えないようにします」とジョーンズさんは言います。長時間露出の写真やセルフポートレートを撮りたい場合は、特にそうです。カメラに手で持つ場合は、安定性を高めてください。

 

4.大雨が降る時を知る

天候が悪すぎて、正しい写真が撮れないこともあります。そんなときは、車の中や、テントや日よけの下に避難します。「カメラが壊れるのではないかと心配になるほどの強い雨が降っている場合、良い写真は撮れないでしょう」と ウェインガートさんは言います。加えて、被写体や自分の身の安全が心配になりましたら、すぐ撮影を中止して屋内に入りましょう。

雨が降っている街を傘をさして歩く人の芸術的な写真

雨がやんだとき

写真撮影は、雨が止んだら終わりではありません。「嵐が去った後も目を離さないでください。私の最高の写真は、雷雨が去った後に撮られたものなのですから」とウェインガート 氏は言います。

 

雨が止んだ後、残った水たまりやプールは、反射面に生まれ変わります。「雨が降った直後は、濡れた道路や桟橋の濡れた木など、普段は目にすることのない反射面がたくさん見られます。雲や空、夕日などが映り込むこともあります」とジョーンズさんは付け加えます。濡れた舗装道路から跳ね返る街灯や信号機の様子を撮影します。 光の屈折やゆがみが、写真に絵画的な効果を与えます。

 

また、雨が降った直後は、水滴をクローズアップして撮影するのに絶好の機会です。車の窓や植物の葉についた水滴の光の当たり方を調べてみましょう。 また、マクロレンズがあれば、水滴や水たまりの波紋の光の動きをより詳細に観察することができます。このように、嵐の後の静けさは撮影の対象になります。

 

雨の日の撮影後、室内に戻ってからは、Adobe Photoshop Lightroom のプリセットを使えば、画像を簡単に編集することができます。少しのリサーチと準備があれば、街角や山中、ビーチなどで魅力的な雨写真を撮影することができます。

寄稿

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Lightroom 使

その他のおすすめ...

landscape-photography

美しい風景写真の撮り方
景色を芸術的に撮るコツを学びます。

街の夜景のボケ写真

写真の背景をボケにする方法

写真を印象的に見せる美しいボケについて詳しく学びます。

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 1,078  /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,248 /月(税別)