ティンタイプの歴史:ビンテージアートの世界

鉄板写真は、一般の人々が気軽に手にすることのできる最初の写真でした。その銀色の輝きと印象的な写り具合は、時代を超えて愛され続けています。 

ミツバチの巣を撮影した鉄板写真

撮影 : ジェニファー・フローラ=ウェバー

鉄板写真のレトロな雰囲気を再現

鉄板写真は、メラノタイプやフェロタイプとも呼ばれ、暗い色のラッカーやエナメルでコーティングされた薄い金属や鉄のシートに写真画像を作る古いスタイルの写真です。

 

鉄板写真は、金属板に化学薬品を塗り、カメラで光を当て、さらに化学薬品で処理して出来上がります。これは露出アンダーのネガ像になります。 そのネガを暗い背景に置くと、透明な部分が黒く見え、それがポジ画像のようになります。 

 

写真史における鉄板写真

鉄板写真はフィルム写真に先駆けて登場しました。また、19 世紀初頭、鉄板写真に先駆けてダゲレオタイプやアンブロタイプが登場しています。アンブロタイプとは、鉄板写真と同様に、透明なガラス板と黒い台紙を使って撮影したものです。錫や鉄ではなく、銀メッキ加工された銅の高純度シートを使用したダゲレオタイプは、一般の人々が利用できる最初の写真製法でした。

 

ダゲレオタイプは高価で当時、富裕層だけが手に入れることができました。鉄板写真は、より手頃な価格で、より多くの人が利用できる携行可能な写真処理の必要性から生まれました」写真家のジェニファー・フローラ=ウェバーさんは語ります。

 

鉄板写真は、1850 年代にフランスで、アドルフ・アレクサンドル・マルタンという人物によって発明されました。鉄板写真は、アメリカ南北戦争の盛衰を目撃し、20 世紀から現代に至るまで存続しています。

 

「鉄板写真の写真家は、カーニバルやお祭りを回っていました。南北戦争の兵士が家族のために撮影した鉄板写真の肖像画は何万もあります。当時、手頃な価格の写真だったのです」と ジェニファー・フローラ=ウェバーは説明します。

 

これら初期の写真は、世界中の個人コレクション、米国議会図書館、博物館に現存しています。しかし現在では、フリーの写真家(ある特定の種類の写真を専門にしている写真家) が、前衛的なファインアートからビンテージの家族写真まで、あらゆるものに鉄板写真を使用しています。

鉄板写真用のカメラをセットアップする写真家
液体に漬けて鉄板写真を準備する写真家

鉄板写真に必要なもの

鉄板写真には湿板と乾板の 2 種類があります。

 

  • 湿板写真では、カメラで露出する直前に、コロジオン乳剤の混合液を金属板の上に流し込みます。露出時にはプレートがまだ濡れています。

  • 鉄板写真処理の近代的な方法の乾板処理は、液体の代わりにゼラチン写真乳剤を使用し、事前に塗布します。

鉄板写真は、現代のデジタル写真とは異なり、専用の機材、薬品、特定の物理的条件を必要とします。鉄板写真用カメラとは、プレートホルダー、レンズ、三脚を備えた大判カメラのことです。「プレート自体はどんなサイズでもかまいません。24×30 インチの大きさもあれば、2 インチや 35 ミリの大きさもあります」と写真家のデビッド・クリフォードさんは語ります。

 

暗室用品、薬品、プレート、安全装備などを含めると、材料費自体は 2,000 から 5,000 ドルになります。硝酸銀の粉末、コロジオン、現像液、定着液、ワニスの混合液などが必要です。初心者には、必要なものがほとんど揃ったスターターキットもあります。

 

また、撮影時の物理的な条件も考慮する必要があります。「従来の方法で説明します。薬品は華氏 68 度(摂氏20度)か、室温にしてください。昨日、私は外で撮影していましたが、外は華氏 38 度(摂氏4度)でした。凍えるような寒さの中で、2 枚の鉄板写真を作ってもらいましたが、その後は寒すぎて何もできませんでした」とクリフォードさんは言います。

 

鉄板写真の作り方

全部で 30 以上の工程があり、1 枚の画像を作るのに約 15 分かかります。ここでは、その基本を説明します。

 

プレートを準備する

湿板コロジオン法では、写真を作る直前に各プレートを準備する必要があります。そのため、移動可能な暗室や暗室用テントが必要になります。湿板法で撮影する場合は、撮影対象や被写体を準備してから版を用意しないと、本番の構図決めが忙しくなります。

 

鉄板写真プレートには通常、プラスチックのカバーが付いていますので、それを剥がしてきれいにします。続いて、コロジオンをプレートに流し込み、20 秒ほどセットします。

 

「暗室では、硝酸銀を 9%、残りを蒸留水で作ったシルバーバスを用意してください」とクリフォードさんは言います。その後、プレートを 2~4 分ほどかけてゆっくりとシルバーバスに入れます。「これで、プレートは感光性になります」とクリフォードさんは付け加えます。シルバーバスを落とし、プレートを感光しないプレートホルダーに下向きにセットします。 

鉄板写真用カメラをセットアップする写真家
ポーズをとっている人に向けられた鉄板写真用のカメラ

鉄板写真を撮影する

鉄板写真を撮るには、用意したプレート (プレートホルダー) をカメラにセットします。撮影とモデルを準備し、プレートに光源を当てます。カメラによっては、この工程が少し異なる場合があります。一部の古い鉄板写真カメラでは、プレートをセットする前に、シーンや被写体を設定し、カメラを覗いてピントを調整します。

 

「シャッターのないカメラや古いレンズを使用する場合もあります。古い真鍮レンズにはシャッターがありません。ですから、レンズキャップや帽子を使って、露出時に光源やレンズを隠すこともあります。私は古い真鍮レンズを使っているので、スライドをバックから取り出してプレートを露出します。その後、レンズキャップを開けて画像を露出し、鉄板写真の露出を行います」と ジェニファー・フローラ=ウェバーは言います。

 

鉄板写真は、ISOすなわち光の感度が低いです。ISO 感度が 1 または 2 の場合、うまく画像を作成するには、より長い露出時間が必要となります。8 20 秒程度の露出時間が目安となります。露出時間の予測が難しいため、「実際に使用する前にテストプレートを作る人が多いです」とフローラ=ウェバー氏は言います。

 

露光を行う際には、照明の設定に注意します。窓を開けているか、曇りの日などで自然光があれば、均一な露出にすることができます。絞りの設定が可能なレンズの場合は、撮影開始前に設定します。絞りを開けると光量が増え、露出時間が短くなります。また、絞りを開くことで、被写界深度が浅くなります。

花束を持っている人の鉄板写真
オレンジの鉄板写真

撮影 : ジェニファー・フローラ=ウェバー

画像を現像する

フィルム写真と同じように、露出した後にプレートを現像する必要があります。暗室に持ち帰り、現像液を素早く均一に流すために、ホルダーから取り出した鉄板写真プレートに片側の縁に沿って現像液を流し込みます。 10 15 秒で、わずかに像が出現します。(注 : 露出の下準備として、プレートの中央にコロジオンを流してからプレートを傾けて全面を覆うようにします)

 

画像が完全に見えるようになるまで待たずに、プレートに水をかけて現像処理を止めます。「変な言い方ですが、プレートの露出を少しアンダーにしたいのです。乾いたときには予想よりもだいぶ明るくなります。ですので、少し暗すぎると思うプレートがあっても、慌てないでください。少し暗くしたほうがいいんです」と ジェニファー・フローラ=ウェバーは説明します。

 

次に、フィクサーバスに入れます。 20 秒でネガ画像からポジ画像に反転します。

 

この手順が終わりましたら、鉄板写真プレートをぬるま湯に入れ、 20 分間すすぎます。次に鉄板写真プレートを取り出し、裏面を拭き取り、ラックで約 30 分乾燥させます。翌々日までにニスを塗り、鉄板写真の画像を保護します。

 

デジタルで鉄板写真を撮影する

鉄板写真は物理的な写真かもしれませんが、それをスキャンして、デジタルコピーもできるようにするのが一般的です。「多くの人がスキャナーを使っていますが、高解像度のデジタルカメラで撮影すれば、それと同等かそれ以上の品質を得ることができます」とクリフォードさんは言います。

 

写真を編集したりスキャンしたりするなど、金属板の上で起こっていることを再現するのは大変な作業になりです。最初のステップとしては、画像を Adobe Photoshop に取り込み、グレースケールに変換します。次に、 RGB スライダーを調整して、物理的な鉄板写真に合わせて微調整します。暖色系のフォトフィルターやプリセットをかけ、ヒーリングブラシを使って、不完全な部分や傷を編集します。ただし、ビンテージ感を損なわない程度です。

 

鉄板写真は複雑な過程を経て出来上がる写真ですが、そのプロセスを経ることで、レトロ感溢れる、世界にひとつだけの画像やポートレートが生まれます。自分で実際に試してみるにしても、デジタル作品で再現するにしても、誰もが鉄板写真のレトロな雰囲気を味わうことができます。

寄稿

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Lightroom 使

その他のおすすめ...

背後に星の軌跡が写った海の長時間露光写真

長時間露光の撮影方法

長時間露光写真で、遥かな星を光の尾を引いて流れる星に変える方法を学びます。

 

白黒の雪山の写真

白黒写真でモノクロの世界を発見しましょう。

ょう

プロファイルから始める写真編集

プロファイルから始める写真編集

編集第一歩として、またスタイリッシュ効果与えるために、写真プロファイル適用することす。

薄明りの中で咲く黄色い水仙の静物画像

静物写真の撮影テクニック

静物写真の撮り方を学んで、構図のテクニックをレベルアップさせます。

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 1,078  /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,248 /月(税別)