ヴィンテージフォト加工でレトロ感を出す

白黒写真などの古い手法から、レトロな写真技術を最大限に活用して素敵な写真を撮影する方法を学びましょう。

庭に立つ人を写したヴィンテージ写真

撮影 : ジェニファー・フローラ=ウェバー

ビンテージ写真とは?

ビンテージ写真は幅広いく分類されています。1つの技術や技法に代表されるものではありません。博物館に収蔵されるような 100 年前のカメラ、かつてコダクロームを使っていたカメラ、さらには 2000 年代初頭のフィルムカメラなど、あらゆるタイプのアナログ写真があります。「ビンテージ写真とは、基本的にアナログカメラでカラー、モノクロ、カラースライドフィルムを使用する写真のことです」と写真家のジェニファー・フローラ=ウェバーさんは語ります。

 

写真というメディアは 200 年近くの歴史があり、最初の写真は19 世紀初頭にさかのぼります。その間、銀板のダゲレオタイプ、鉄板タイプ、ゼラチンガラスプレート、そしてセピア、白黒写真ポラロイドなどの近代的なフィルムと進化し、多くの変化を遂げてきました。

 

現在、本格的な写真家のほとんどがデジタルカメラを使用していますが、レトロな技術を使って撮影することは、写真家にとって魅力的な体験であり、今でも興味深く、味わい深い写真です。写真の歴史を知ることは、ファッション写真の撮影を盛り上げたり、楽しいウォールアートや家族写真を作ったりするのに最適な方法です。

立って左を向いている人のビンテージポートレート写真
ミツバチの巣を持っている人のビンテージ写真

撮影 : ジェニファー・フローラ=ウェバー

ビンテージ写真を撮るための最初の手順

ビンテージ感のある写真を撮るには、ビンテージの機材を使います。昔のカメラは、今でも簡単に手に入るものが多いです。「私のカメラはリサイクルショップのグッドウィルで 13 ドルでした」と写真家のページ・マーサーさんは言います。

 

19 世紀のカメラを見つけるのは難しいかもしれませんが、35 mm 一眼レフカメラは、中古ストアやエステートセールなど、古い物の価値が再発見されるのを待っているような場所で見つけることができます。しかし、ビンテージ写真に独特の雰囲気を与えるのはカメラだけではありません。カメラだけでなく、フィルムも重要な要素です。

棚の上に並んだビンテージカメラのモノクロ写真

ビンテージ感を出したいのであれば、1950 年代以前の古い箱型カメラを使うか、数十年以上前の期限切れフィルムを使った方がよいでしょう。60〜80 年前のフィルムで撮影したことがあります」とフローラ=ウェバーさんは言います。フィルムでの撮影はコストがかかりますが、撮影枚数が限られているので、シャッターを切るタイミングをより慎重にすることができ、1 枚1 枚の撮影をより丁寧に行うことができます。フィルムでは1 回シャッターを押すごとにお金がかかるので、意図的にポーズをとるときに役立ちます」とマーサーさんは言います。

 

自分でフィルムを現像することもできますが、ビンテージ写真を始める際には、その技術や手法を心得ている専門店を見つけるのが得策です。ビンテージ写真の撮影や後処理の過程の中で助けてくれるフィルムラボと良い関係を保つことが重要です。必ず良いフィルムラボを見つけて、コミュニケーションをよくとってください。フィルムラボで処理してもらいますので」とマーサーさんは言います。 

 

ビンテージ写真の撮影方法

フィルム写真は、デジタル写真に比べて即時性がありません。調整、撮影し、結果が出るまでにはかなりの時間がかかります。したがって、現代の技術でできることを時間をかけて自分のものにしなければなりません。「自分が選んだカメラをよく知ることが大切です。最初のうちは試行錯誤の連続です」とフローラ=ウェバーさんは言います。

 

ビンテージ写真は、1800 年代から 20 世紀にかけての幅広い技術を網羅しているため、その時代のカメラが当時どのように機能していたかを一概には言うことはできません。 しかし、一般的に古い写真技術は、現在のデジタルカメラの性能よりもISO 感度が低い傾向にあります。

 

「古いフィルムは ISO が低いので、レンズ、シャッター、絞りのコントロールは遅いフィルム用に設計されています。このことは、注意すべき重要なことです」とフローラ=ウェバーさんは言います。昔のフィルムは今よりも光に対する感度が低かったため、写真家は絞りを開ける、シャッタースピードを遅くする、照明を明るくする、あるいは以上の 3 つの作業を組み合わせて低い感度を補う必要がありました。ビンテージ写真の撮影では、フィルムに必要な光の特性と、それが最終の作品にどのような影響を与えるかを念頭に置いてください。

 

「中間レベルで調整することが最善の方法です」とフローラ=ウェバーさんは述べていますが、これは使用しているカメラやフィルムの年代に関係なく通用するアドバイスです。中間レベルで測光しないと、画像が膨らんだ感じになり、また露出アンダーになることもあります」。古いカメラの中には測光、つまり光を測定して絞りやシャッタースピードを決めるには、携帯用ライトメーターを別に用意しなければなりません。デジタル以前のカメラの多くは、カメラ自体で光を測定することができませんでした。

べッドでポーズをとるビンテージフォトシュートをしているモデル

撮影 :ページ・マーサー

ビンテージ写真の撮影は、クリエイティブな写真撮影の楽しい練習になります。特に、アンティーク写真のようなイメージを作り出そうとする場合にはそうです。モデルにレトロな服を着せたり、ポーズをとったり、撮影場所を工夫したりすることで、まるで昔の時代に戻ったような雰囲気になります。携帯電話などのハイテク機器を隠して、19 世紀や20 世紀を思わせるような場所にいる雰囲気を出します。

 

「何が時代を超越しているかを考えることが大切です。ひとつの時代に収まらず、長い年月を経てきたもののことです」とフローラ=ウェバーさんは言います。

 

いくつかの歴史的資料があると役に立ちます。フローラ=ウェバーさんは、レトロな衣装や小道具、その他のアクセサリーを使いすぎないようにアドバイスしています。モデルをリンカーン大統領やプレイボーイ誌のバニーのように着飾るのは特殊すぎます。「くどくなりすぎないようにしてください。でも、遊びは加えてください。画像が、ある時代のものであることをかすかにわかる程度の方がずっとインパクトがあるのです」とフローラ=ウェバーさんは言います。

車から頭をだしている、サングラスをかけた女性のビンテージフォト

ビンテージ写真をデジタル化

ビンテージ写真を撮影しましたら、次はそれを共有しましょう。ビンテージ写真の撮影結果をスキャンして編集すると、どうしても大掛かりな画像修正や編集をしたくなります。その衝動を抑えましょう。古い写真の面白さは、エッジのボケ、光の漏れ、レンズフレア、動線、色の粗さなどです。それを消してしまうと、レトロ感がなくなってしまいます。

 

「画像を調整するにしても、微調整にとどめるべきです。暖かみのある色にしたり、黒で引き締めたりします。時には露出を少し上げることもありますが、それくらいがちょうどいいのです」とマーサーさんは言います。

 

Adobe Photoshop を使って写真をきれいにしたり、微調整したりすることは、ほぼすべての画像の処理項目に含まれていますが、ビンテージ写真の場合は、軽いタッチで大きな成果が得られます。

 

ビンテージ写真は、写真というメディアの歴史を探求するのに最適な方法です。過去の写真技術は、現在のデジタルカメラがどのようにして生まれたのか、レンズ、センサー、そして光で何ができるのかを理解するのに役立ちます。

寄稿

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Lightroom 使

その他のおすすめ...

窓の外を見ている子供をおんぶした父親

芸術としての写真入門

ティ

モデルが座ってポーズを取っている、微光の写真

座っているボーズや手のボーズを効果的に撮るコツ

手先の表現、座位の被写体を効果的に撮影する方法を学びます。

黒を背景にした、そばかすのある女性のポートレート写真

美しいポートレート写真の撮り方

プロの写真家からコツを学び、アドバイスに従ってポートレート写真を撮りましょう。

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 1,078  /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,248 /月(税別)