子供のためのアニメーションメーカー

このアニメーションソフトウェアツールを使えば、子供達はアニメづくりと編集のスキルを学ぶことができます。スキルが上がるに連れ、このアニメーションメーカーもレベルが上がっていきます。

Adobe Animate を使用してラップトップで漫画をアニメーション化する親子

あらゆる年代向けアニメーション作成用の直感的なアプリ

アニメづくりが子供達、特に DIY に興味を持つ子供達にとってはこれまで以上に簡単になりました。YouTube とTikTok は子供達による投稿で溢れています。今では、子供達が動画を「もし作ったら」ではなく、「今こそ作る時」と言わなければならないでしょう。適切なアニメーション作成ツールを与えて、子供達達の創造力を高めてあげましょう。Adobe Animate にはカスタマイズのツールバーと内蔵のチュートリアルがあります。子供達がストーリーボードからアニメーションへ移行するには最適のツールです。

 

Adobe Animate が子供達に役立つ理由

Animate は、従来の動画編集ソフトウェア機能(クリップのカットや編集)と高性能のアニメーションツールを併せ持ち、初心者にも利用しやすいように設計されました。初心者向けにAnimate のツールバーは簡素化することができます。そのルールバーに慣れてきましたら、ツールバーを拡張することができますので、子供でも使いやすく、徐々にスキルも上げることができます。まず、アニメーションのストーリーボードとなるレイヤーとフレームを作ります。次に、スキルが上がりましたら、さらに上級の機能へと移行します。アプリには動画チュートリアルと説明用動画が含まれています。新規プロジェクトごとにスキルが上達するような仕組みとなっています。

新規アニメーションプロジェクトを準備する

Animate を使えば、簡単に動画アニメーションを始めるのことができます。 

 

新規プロジェクトをセットアップする

Adobe Animate をダウンロードして開始します。

ステップ

デバイスでAnimate を開く。

ステップ

新規プロジェクトを作成する。

ステップ

CC Libraries に移動してプロジェクトに使えそうなアセットをロードする。そこから、さらにアセットを探すためにAnimate やAdobe Stock からも検索できます。

初めてアニメーションを描く

簡単な絵でクイックフリックブックのアニメを作ってみましょう。 

ステップ

挿入 /タイムライン /フレームの順に進む。

 

ステップ

ラインツールを選択し、ラインを描く。 

ステップ

編集/タイムライン/フレームのコピーの順に進む。次に、編集/タイムライン/フレームのペーストの順に進む。

ステップ

このプロセスを繰り返して基本的なストップモーションのアニメを作りましょう。線描きの絵が、フレームごとに少しずつ動きます。ペンシルツールやブラシツールでも試してみます。 

スケートボードに乗っている漫画のリンゴ
近未来的な宇宙飛行士の絵

創造性豊かな子供達のためのアニメチュートリアル

Animate では、動画づくりを始める子供達向けにたくさんの役に立つチュートリアルが用意されています。初心者向けの使い方の説明をプレビューしてアプリを開始します。

 

2Dキャラクターアニメーションを作成する

基本的な2Dキャラクターアニメーションの作成の手順に従い、ベクターとAdobe Stockの使い方を覚えます。

 

Animate Timeline について学ぶ

タイムラインの詳細を学ぶ。Adobe にはたくさんのプログラムがあり、これらに精通することは重要であり、Animate も例外ではありません。

 

テーブルで建物や魚の漫画の絵を描く子供

子供達のスキルアップをサポートする

絵を描くことを学ぶ

アニメと描画の基本をしっかり学び、アニメーションの世界に繋がる重要な原則を基礎から理解します。Adobe Illustrator とAnimate に含まれているブラシ、ペン、イリップシス、鉛筆などの描画ツールを使ってラインワークや形を描く練習をしましょう。次に Camera などの映画撮影ツールを使って躍動感溢れる動きをつけてみます。

 

ベクターとパターンで色々試す

ベクターとパターンのアートは、アニメーター用ツールキットでは高性能のツールです。ベクターはピクセルや絵ではなく、方程式に基づいたツールなのでサイズ変更が可能で簡単に素早くアニメーションを作成できます。ベクターとパターンの使い方を学ぶと、アニメーションのスキルの幅が一段と広がります。

 

ストーリーボードを試す

動画の基本的な形を作っていく前に、ストーリーを構成する必要があります。まず ストーリーボードからスタートします。ストーリーボードを作るための構図や視点などのルールを理解しておくと、アニメーションを作る前のアイデア構想に役立ちます。

 

ストップモーションを試す

ロトスコープは、生の動画の映像をトレースして、動く映像を作るアニメーションの方法です。ロトスコープは、アニメーターが、特定の動きをより正確に捉える助けとなり、スキルの幅が広がります。Animateを使うとユーザーは、自分のアニメーションの中に動画をインポートして簡単にトレースできます。最初に、ロトスコープのテクニックを使って簡単なGIFを作ってみましょう。これとよく似た、フレームごとのアニメーションも、ストップモーションのアニメを作る鍵となります。

 

アニメの作成や、キャラクターをアニメ化するのは難しそうですが、スキルの上達に合わせて段取りをしてAnimate を使えば、アニメーション動画をうまく作成できるようになります。熱意と練習、そして上達に導くツールがあれば、年齢を問わず、創造力を働かせてアニメを作成できるようになります。 

その他のおすすめ…

スマートフォンでビデオを編集します。

ビデオ編集入門

らゆ

トラの白黒画

トラの描き方

この美しくどう猛な動物の真の姿を捉える方法を学びます。

ガラスの上をローヒールで歩くときの効果音を録音している人

フォーリーサウンドエフェクトについて学ぶ

フォーリーアーティストが後処理で使用するサウンドエフェクトをどのように作り、またそのサウンドがサウンドデザインのどこに入るのか学んでいきます。

森の中の2人をカメラで見た光景

ロックでも、スウィング、グルーヴ、ジャムでも、かっこいいミュージックビデオの作り方

コンセプトからポストプロダクションまで、ミュージックビデオ成功の秘訣をベテラン映像制作者が伝授します。

Adobe Animate を使って、複数のプラットフォームでインタラクティブなアニメーションを作ります。