音楽をつけてSNSの投稿をより魅力的に

ヒット音楽、サウンドエフェクト、ボーカルなどを使って視聴者を惹きつけ、ソーシャルメディアの視聴者を増やしましょう。

SNSに音楽をつけるイメージイラスト:虹色の背景に音符とスマートフォンを持つ手

ソーシャルメディアでは、企業経営者、個人はコンテンツを共有でき、他の人とつながることができるので、ソーシャルメディアは重要なツールとなっています。しかし、プラットフォームは多くの人が使っているため、ノイズを回避してユーザーとつながる事が難しくなっています。ソーシャルメディアの人気の高さは、それだけ多くの視聴者をつながる機会があることを示しています。ただし、自分のメッセージが相手側に正しく伝われることが重要です。

 

自分の意見などを人に聞いてもらうには、コンテンツに音声をコンテンツに加えることが良い方法でしょう。音声があれば、人間の5感のうちの2つ、つまり視覚の他にも聴覚も加わるのでユーザーとのつながりを促進します。そしてサウンドが、ユーザー満足度の半分を占める時、それはソーシャルメディアの視聴者を増やすための重要な手段となります。

 

視聴者を増やす音声

音声はソーシャルメディア視聴者の増加の効果的なツールですが、その利点をフルに活用するには、音声をいつ、どこで、どのように使うのかを考慮しなければなりません。一般的に、音声は動画と共に使われた時が最も効果的ですが、コンテンツとプラットフォームによっては、音声だけでも十分に人を魅了することがあります。 ソーシャルメディアのプラットフォームでのさまざまな視聴形態は以下の通りです。

 SNSに音楽をつけるイメージイラスト:Instagram、YouTube、Facebook、Tiktokのロゴと音符
  • Facebook
    一般的に音声はFacebookでは視聴者獲得の良いツールではありません。Digidayの調査によると、Facebookでは85%のユーザーが音声なしで動画を視聴しています。しかも、News Feedに含まれる動画は、自動的に音無しで再生されており、視聴者は自分でクリックして音を出すか設定を変えなければなりません。
     
  • Instagram
    Instagramでシェアされているコンテンツで人気のあるのは写真と画像ですが、Hubspot の調査によると動画は、2倍の視聴者獲得の効果があるそうです。Facebook と同様に、Instagram も動画を自動的に音無しで再生するので、音声の使用は最良の方法ではありません。Instagram に関して言えば、ストーリーズ の方が良いかもしれません。ユーザーの60%が音声を出してストーリーズを見ています。
  • TikTok
    ショート動画で有名なTikTokは、全体的な視聴者数では最高の数値を記録しています。他の2つの有名なプラットフォームと比較して視聴者数は高くなっています。TikTok の調査によると 音楽はコンテンツと一体となっており、流行の曲がチャートで上昇するように、アプリでも同じように人気が高まります。

  • YouTube
    YouTube というプラットフォームは動画のコンテンツを中心としているので、音声は視聴者獲得に欠かすことができません。Business Insider によると、96% YouTube ユーザーが音声を出して動画を見ているそうです。つまり、YouTube 動画を作成するのであれば、音声が欠かせないということです。

 

プラットフォームに関わらず、ユーザーのいる場所、そして機器も音声を含むコンテンツの視聴者獲得に影響を与えます。Verizonのアンケート調査では、回答者の69%が、公の場で動画を見る時は、音声を消していると答えました。回答者の25%のみが、プライベートな場所でも音声を消して見る、と答えました。携帯機器のユーザーは、音声を消して動画を見る傾向にあります。公共の場にいることが多いので、音声を出すのは適切でないと思うからです。一方、PC のユーザーは、動画の視聴方法に柔軟性があるので、音声を出して見る傾向にあります。

SNSに音楽をつけるイメージイラスト:口からカラフルな曲線と音符が出てくるイラスト

ソーシャルメディア用コンテンツに使う音声のタイプ

視聴者がどのような機器を使って、どこで見るのかわからないし、それをコントロールできません。しかし、視聴者が音声を出してコンテンツを視聴する時に、どのような音声が聞こえるかをコントロールすることはできます。実際、視聴者獲得に影響を与える大きな要因のひとつが音声のタイプです。

 

単に音声を入れるだけでは十分ではありません。ユーザーに届けるためには、適切なタイプの音声を入れないと、多くの視聴者を獲得することはできません。使用可能な主な音声のタイプ:

 

  • 人の声
    吹き替え、歌声、ナレーション、数人の会話といった人の声です。詳細な説明用動画 から カジュアルなブログまで、人の声はソーシャルメディアでは必ず使われています。
  • サウンドエフェクト
    サウンドエフェクトまたは音声エフェクトとは、動画コンテンツの特定部分を強調するために使われる、人工の音声または合成された音声のことを言います。このような音声は大抵の場合、フォーリーで作成されますが、ストックサウンドエフェクトのライブラリでも見つけることもできます。

  • 音楽
    音楽は、ミュージック動画のようなコンテンツの場合、それがメインですが、サウンドトラックのようにWebサイトやページのバックグラウンドミュージックとしても使われます。

 

 

コンテンツで使う音声は1種類のみに限られてはいません。いくつかのタイプの音声を組み合わせて使うと、ユーザーを惹きつけておくことができます。例えば、2人が長い間話しているのは、あまり面白くありませんが、そこに音楽を入れると動画がより興味深くなり、視聴者をコンテンツに引き込んでいきます。

 

ソーシャルメディアのコンテンツに音声を入れる方法

オーディオのブランドを開発することに比べれば、ソーシャルメディアのコンテンツに音声を入れるのは比較的簡単なことです。

 

良質のオーディオ機器を用意する

コンテンツに入れる音を入手するには、何よりも良質のオーディオ機器が必要です。サウンドがどのようなに素晴らしくても、それを録音できなければ意味がありません。

 

定期的に録音をするのであれば、以下の機器が必要になります。

 

  • コンピューター
  • マイク
  • マイクスタンド
  • デジタルレコーダー
  • ヘッドホン
  • オーディオインターフェース
  • スタジオモニター
  • ポップフィルター
  • 防音素材
  • ストーレージ機器またはメモリーカード

 

必要なのはハードウェアだけではありません。録音用のソフトウェアと音声と動画の編集ソフトも用意します。

 

ホームスタジオで作業する場合には、以上の他にも必要なアイテムはあります。どのようなサウンドを録音したいかにもよりますが、付属機器または特別な機器が必要になるかもしれません。例えばポッドキャストを作成する場合は、音楽を録音する時とは異なる機器が必要です。経験を積むにつれ、何が他に必要かわかってきます。

SNSに音楽をつけるイメージイラスト:カラフルな色の出てくるマイクと音符

音を正しく録音する

機器をセットアップしましたら、音声を録音します。良質の音声を得るには、良い音を録音する必要があります。不要な音を消去する、または録音した後で音質を高めることもできますが、最初から良質の音を録音することを推奨します。

 

できるだけ静かな場所で録音して、車の音など周りからのノイズは最小限にとどめましょう。普通の状態での会話では気が付かない音、例えば風やエコーなどは、録音時には邪魔な雑音になります。バックグラウンドノイズはあっても、極力短い時間、録音します。そうすれば、編集処理がより楽になります。

 

これは少しテクニックが必要ですが、話し手、音楽、録音している音が、マイクから適切な距離を保つようにします。強く明瞭な音声が良いのですが、あまり強すぎないように注意します。音声が大きくマイクに近いと、高すぎる音声レベルになります。音が小さくマイクから離れていると、背景のノイズが入ってきます。

 

音声の編集

ベストな録音であっても、編集する箇所はあるものです。周囲のノイズが入らないよう努めても、ノイズが入ってくることがあります。また、サウンドエフェクトやパンチを効かせるためのバックグラウンドミュージックを入れる必要が出てくるかもしれません。 以上の他、技術的な要因をチェックする必要があるかもしれません。たとえば、録音のビットレート ファイル形式は音質や、ソーシャルメディアでの共有にも影響を与えます。音声を圧縮しておくと、編集時に助かります。

 

編集の知識を得るのも、好みの素材を見つけるのも時間がかかります。編集の方法に、これが正しくてこれは間違っている、ということはありません。全ては、作品でどのような創造性を発揮できるかにかかっています。

 

音声を動画に同期させる

動画に音声を入れていく時には、両方が確実に合う必要があります。人の口と話されている言葉が一致していることを確認します。ノイズや音楽は入るべきところで入れるようにします。

 

音声が数秒ずれている動画は、最初見た時には大したことではないように思われますが、実はこれは大きな失敗と言えます。音声がズレた動画、特に誰かが話している時に口と音声がズレていると視聴者は必ず気がつき違和感を覚えます。視聴者の注意を数秒で引きつける必要があるソーシャルメディアでは、音声と動画がピッタリと同期していることが重要です。

 

キャプションを加える

投稿する前に動画にキャプション付けましょう。キャプションがあると、さらに多くのユーザーの目を引くことができます。さらに多くの人に視聴してもらいたい場合は、キャプションや字幕を複数の翻訳言語で入れます。

 

さらにキャプションは、全体的な視聴回数を上げるのに役立ちます。 Verizonが報告の中で述べているように、ユーザーの80%は、キャプションがあった場合、動画を最後まで見る傾向にあります。キャプションは、ユーザーが音と一緒に映像を見る、見ないに関わらず、ユーザーの視聴体験を向上させます。

 

何度も試してみる

ソーシャルメディアで音声を使うことは、科学というよりアートに近いです。人の好みは早く、頻繁に変わります。どのようなコンテンツが視聴者の注目を浴びるのか予想がつきません。果敢に新しいことに挑戦しましょう。自分と視聴者にとって何がベストなのか、試行錯誤を繰り返していくと分かってきます。

Adobe Premiere Pro の多彩な機能

どどこにいても映画テレビ、Web サイトに使える魅力的な映像を作成できます。

その他のおすすめ...

Adobe Premiere Rush を使用して携帯電話でビデオを編集

ミュージックビデオ編集アプリ

Adobe Premiere Rush Premiere Proを使って、シンプルな編集コレクションや複雑なHDミュージックビデオを作ってみましょう。

Adobe Premiere Pro を使用して動画に音声を加える人

動画に音声を加える

ナレーションや効果音など、複数のオーディオトラックを動画ファイルに加えます。

ソファで映画鑑賞する人の画像

フレームレートのガイド

映像が正しく見えるようにするフレームレートの基礎を学びます。

ノートパソコン上の Adobe Media Encoder インターフェイス部分の図の表示

Adobe Media Encoder で動画サイズを縮小する

品質を落とさずに動画のサイズを縮小する方法を学びます。

動画で詳細を見る

Adobe Premiere Pro を購入しましょう

最先端の映像編集ソフトウェアで思い通りの作品を作りましょう。

7日間の無料体験の後は月額2,728 /月(税別)