再生ボタン

未来のプリンターに向けて

常に進化し続けるテクノロジー

未来のプリンターに向けて

常に進化し続けるテクノロジー

お問い合わせ

お問い合わせ

詳しくは、aepe@adobe.comまでお問い合わせください。


1 つのRIPですべてのニーズに対応

AEPEは、印刷ジョブの並列レンダリングや、強化されたメモリ管理、64ビットサポートなどのパワフルな機能により、最高のパフォーマンスを実現します。また、Adobe Acrobatで画面に表示される内容を忠実に再現します。Adobe最新のコアテクノロジーや、高度なフォント管理機能、強化されたグラフィック処理、正確なカラー再現、強力な透明効果の制御により、印刷品質を完全に新しいレベルに引上げます。AEPEはそれぞれのプリンターが持つ性能を最大限に発揮させることができるため、AEPEのソフトウェア開発を一度行うと、そのソフトウェアプラットフォームは、様々な製品に再利用させることができます。開発したソフトウェアは、AEPEの設定を変更することで、省リソースで構成されるSOHO向けプリンターから、様々な機能を持つMFPまで、様々なレンジのデバイスにシームレスに利用することができます。

PDFとPostScriptのネイティブ処理を実現

PDFファイルをネイティブに処理(PostScriptへの変換不要)し、またPostScriptファイルもネイティブに処理することで、印刷処理が大幅に高速化します。ネイティブレンダリングは、PDFとPostScriptファイルの処理の中で、カラーの一貫性も実現します。アドビのネイティブレンダリング技術により、PDFとPostScriptジョブを最小のオーバーヘッドで、シームレスに処理することができます。 

真のWYSIWYG印刷エクスペリエンスを提供

デスクトップやモバイル上のAcrobat Readerを使用して、画面に表示されるとおりの信頼性の高い優れた出力を実現する能力をデバイスに提供します。ICCプロファイルを使用して、印刷用紙に正確にカラー印刷を行います。Acrobat、Photoshop、Illustrator、InDesignなどの主要なアドビ製品と共通の、PDF解析、グラフィック処理、フォント処理のための同じコアテクノロジーを活用して、PDFの業界標準と同等の出力を実現します。

アドビが提供するメリットの活用

アドビが提供するメリットの活用

アドビは、1984年にPostScript、その10年後には、PDFを開発し、印刷業界で革命を起こした技術を保有しています。この他にも、アドビは、Adobe Embedded Print Engineや、InDesign、Illustrator、Photoshop、Acrobatで採用されている、信頼性が高く、優れたレンダリング技術を保有しています。この世界水準の技術を持つエンジニアと、各種ワークショップや、トレーニング、技術的なテーマに関する電話会議、定期的なエンジニアリングとのコミュニケーションを行うことで、最高の技術サポートを受けることができます。

一度の開発で様々なデバイスにソフトウェアを再利用

Adobe Embedded Print Engineを使ってソフトウェアを一度でも開発すれば、その後は、Adobe Embedded Print Engineをカスタマイズすることで、様々な種類のプリンターにソフトウェアを再利用させることができます。メモリ容量が少なく、シングルコアのプロセッサーを搭載する小規模オフィスや家庭用のプリンターから始まり、数百メガバイトのRAMとマルチコアプロセッサーを搭載する企業用の複合機(MFP)に至るまで、様々なクラスのプリンターに対応させることができます。Adobe Embedded Print Engineは特定のプラットフォームに依存せず、32ビットと64ビットの両方に対応しています。また、プロセッサーは、IntelとARMに対応しており、OSは各種LinuxとThreadXに対応しています。Adobeの技術サポートにより、様々なプラットフォームに迅速に対応させることができます。

パワフルな機能で最高のパフォーマンスを体感

ネイティブのPDFレンダリング、ジョブの並列処理、メモリマネージャーの拡張、64ビットサポートなどの最先端の機能により、印刷デバイスで効率良くジョブを処理し、最高のパフォーマンスで印刷することができます。

AirPrint認定を取得済

AirPrint認定を取得済

アドビはApple社と協力し、Adobe Embedded Print EngineのAirPrint認定を取得しました。つまり、Adobe Embedded Print Engineを組み込んだ印刷デバイスであれ ば、AirPrint認定取得時の主要なデバイステスト項目であるPDFの印刷品質とパフォーマンスを心配する必要はありません。