将来対応のeラーニング

仮想現実のチュートリアルを作成

仮想現実のチュートリアルを作成

「仮想ツアー」、「危機管理」、「防護演習」、「初期対応シチュエーション」などの体験学習を作成できます。

高度な疑似体験を提供するVRチュートリアル

高度な疑似体験を提供するVRチュートリアル

高度な疑似体験を提供するVRチュートリアル

360°画像ビデオインポートできますテキストキャプション使用シーンオブジェクトタグ付け仮想環境移動できますユーザークリックシーン移動できるナビゲーションホットスポット追加シームレス体験提供できます

情報が得られるポップアップをホットスポットで表示可能

情報が得られるポップアップをホットスポットで表示可能

情報が得られるポップアップをホットスポットで表示可能

ホットスポット360°メディアアセット追加できます情報られるホットスポット追加ビデオオーディオ再生たり画像テキストキャプション表示たりできますクイズ質問追加受講テストスコアLMS報告することできます

 

VRデバイスでのライブプレビュー

VRデバイスでのライブプレビュー

VRデバイスでのライブプレビュー

Adobe CaptivateQRコード生成ますこのQRコードスマートフォンスキャンすることにより仮想現実プロジェクト受講VRデバイスどのよう表示れる素早く確認できますさまざまデバイス対応VRプロジェクト公開できます

モバイル対応講座を数分間で作成

モバイル対応講座を数分間で作成

アセットストアモバイル対応スライド使用モバイル環境最適講座作成できます。Fluid Box内蔵コースプレビューカスタマイズて、さまざまデバイス公開できます。

モバイル対応講座を数分間で作成

クイックスタートプロジェクトからモバイル対応スライドを選択

幅広いモバイル対応スライドの中から選択できます。スライドの画像を簡単に入れ替えたり、テキスト、図形、文字、ビデオを置き換えたりできます。

レスポンシブプロジェクトでFluid Boxを使用

あるいは、水平方向と垂直方向のFluid Boxをレスポンシブプロジェクトに適用できます。テキスト、画像、スマートシェイプなどのオブジェクトやクイズの質問を講座に簡単に追加できます。

さまざまなデバイスでコンテンツをプレビュー

ドロップダウンメニューから特定のデバイスを選択するか、レスポンシブ対応スライダーを使用してプレビューして、さまざまなデバイスでコンテンツがどのように見えるかを確認できます。



Adobe Captivateのその他の用途:

Adobe Captivateのその他の用途: