将来対応のeラーニング

仮想現実のチュートリアルを作成

仮想現実のチュートリアルを作成

「仮想ツアー」、「危機管理」、「防護演習」、「初期対応シチュエーション」などの体験学習を作成できます。

高度な疑似体験を提供するVRチュートリアル

高度な疑似体験を提供するVRチュートリアル

360°の画像やビデオをインポートできます。テキストキャプションを使用してシーン内のオブジェクトにタグを付けて、仮想環境内を移動できます。ユーザーがクリックして次のシーンに移動できるナビゲーションホットスポットを追加し、シームレスな体験を提供できます。

情報が得られるポップアップをホットスポットで表示可能

情報が得られるポップアップをホットスポットで表示可能

ホットスポットを360°メディアアセットに追加できます。情報が得られるホットスポットを追加して、ビデオやオーディオを再生したり、画像やテキストキャプションを表示したりできます。クイズの質問を追加して受講者をテストし、スコアをLMSに報告することもできます。

 

VRデバイスでのライブプレビュー

VRデバイスでのライブプレビュー

VRデバイスでのライブプレビュー

Adobe CaptivateでQRコードを生成します。このQRコードをスマートフォンでスキャンすることにより、仮想現実プロジェクトが受講者のVRデバイス上でどのように表示されるかを素早く確認できます。さまざまなデバイスに対応したVRプロジェクトを公開できます。

モバイル対応講座を数分間で作成

モバイル対応講座を数分間で作成

アセットストアのモバイル対応スライドを使用して、モバイル環境に最適化された講座を作成できます。Fluid Boxと内蔵のコースプレビューをカスタマイズして、さまざまなデバイスで公開できます。

クイックスタートプロジェクトからモバイル対応スライドを選択

幅広いモバイル対応スライドの中から選択できます。スライドの画像を簡単に入れ替えたり、テキスト、図形、文字、ビデオを置き換えたりできます。

レスポンシブプロジェクトでFluid Boxを使用

あるいは、水平方向と垂直方向のFluid Boxをレスポンシブプロジェクトに適用できます。テキスト、画像、スマートシェイプなどのオブジェクトやクイズの質問を講座に簡単に追加できます。

さまざまなデバイスでコンテンツをプレビュー

ドロップダウンメニューから特定のデバイスを選択するか、レスポンシブ対応スライダーを使用してプレビューして、さまざまなデバイスでコンテンツがどのように見えるかを確認できます。