Substance by Adobe

3Dはさらにリアルに

テクスチャとマテリアル作成にSubstanceスイートを使用することで、ディテールまで緻密な3D制作が実現します。ゲームや映画の制作、建築、あるいはデザインでも、Substanceアプリがあれば、自由な発想を思うままに表現することができます。

SUBSTANCE PAINTER

SUBSTANCE PAINTER

3Dアセットのテクスチャ作成アプリ

3Dテクスチャをリアルタイムでモデルにペイントできる強力なアプリです。オブジェクトにマテリアルを適用し、風合いや傷み具合をリアルに表現。何度でもやり直しができるため、いろいろなマテリアルを好きなだけ試すことができます。どんなシェイプにでも馴染むマスクプリセットを試したり、ペイントしながらブラシを変更することもできます。

詳細を見る

SUBSTANCE SOURCE

SUBSTANCE SOURCE

ハイエンドな3Dマテリアルライブラリ

プロレベルの高品質3Dテクスチャをプロジェクトで利用できます。Substance Sourceでは、アドビのスペシャリストやゲストの有名アーティストが作成した1,800種以上のマテリアルをダウンロードし、自由にカスタマイズすることが可能。テクスチャのバリエーションを無限に生み出すことができます。Substance Sourceには、メジャーなデジタルコンテンツ作成アプリやゲームエンジンからもアクセスできます。

詳細を見る

SUBSTANCE SUBSTANCE ALCHEMIST

PROJECT SUBSTANCE ALCHEMIST

自分だけの3Dテクスチャライブラリを作成

この次世代アプリでは、マテリアルのコレクションを簡単に作成できます。既存のマテリアルを組み合わせたり加工したりすることもできれば、写真や高解像度のスキャン画像を用いて新規作成することもできます。実物の参照が必要なワークフローでも、単にいろいろと試したみたいという場合でも、おおいに頼りになるアプリです。Alchemistがあれば、ブレインストーミングにもマテリアルの再利用にも便利です。

詳細を見る

SUBSTANCE DESIGNER

SUBSTANCE DESIGNER

強力な3Dテクスチャ作成ツール

思いのままにテクスチャを作成できるSubstance Designerは、カスタムマテリアル作成の業界標準ツールです。タイル化可能なテクスチャやパターンをデザインし、テクスチャ全体をまとめて編集できます。ノードベースの非破壊編集環境で一から作成することもできれば、今後さらに充実していくDesignerのスクリプト機能を利用することも可能。思い描いたとおりの精密なデザインが実現します。

詳細を見る

おすすめの新ワークフロー

3Dのモデリングやレンダリング、ゲームエンジンなど、3Dプロセスで使用する他のアプリでもSubstanceファイルを自由に扱うことができます。SubstanceのSBSARファイルは、Adobe Dimension、Epic GamesのUnreal Engine 4、Unity、AutodeskのMayaと3ds Maxなどで直接読み込み、加工、書き出しがおこなえます。

SUBSTANCE by Adobe