Adobe Sign

電子契約でビジネスを止めない

電子契約でビジネスを止めない

Adobe Signなら働く場所を問わずにワークフローを作成でき、安全な電子サイン、自動化されたワークフロー、Adobe Acrobat DCとすぐに連携できる機能が利用できます。

電話で導入のご相談:

video marquee
iconplay

  

契約に要する時間やコストを削減

契約の送付から締結までをオンライン上で完結できるので、契約締結までにかかる時間とコストの両方を削減することができます。

既存システムとの連携
icon_1

電子サイン

Adobe Signは国内はもちろん、国外でも法的に有効な電子サインソリューションです。

詳細を見る

icon_1

相手は特別な料金や設定は不要

署名を依頼された側は、Adobe Signの利用料金や特別な設定は不要です。メールアドレスとブラウザさえあれば、いつでもどこでも署名ができます。

icon_1

リストを使って一括送信

CSVファイルをアップロードし、多数の人に個別に文書を送信し、署名入り文書を回収することができます。

詳細を見る

icon_1

Webフォーム

文書を入力可能なフォームに変換し、必要な人がwebサイトから直接フォームに入力できるようにします。

詳細を見る

icon_1

契約書を独自にカスタマイズ

契約書をカスタマイズしてテンプレートとして保存すれば、次に契約書が必要になったときも最初から作り直す手間が省けます。

icon_1

ワークフローからミスを排除

ビジュアルデザイナーを使用して、一貫性があり、ミスの発生を防ぐ署名ワークフローテンプレートを作成することができます。

詳細を見る

icon_1

クロスデバイス

Adobe SignはPCでもモバイルを問わず、どのような環境でもお使いいただけます。

詳細を見る

日本をはじめグローバルにも対応

Adobe Signの電子サインと電子署名は、世界各国の最高レベルのコンプライアンス要件に対応し、世界中で安心してご利用いただくことができます。

2_Desktop_Riverflow
icon_1

電子署名法に対応

Adobe Signは日本国内においても、電子署名法 第2条第3条に基づき、その法的有効性が認められています。

icon_1

グローバルおよび業界規格のコンプライアンス

Adobe Signの電子サインと電子署名は、世界各国の最高レベルのコンプライアンス要件に対応し、世界中で安心してご利用いただくことができます。

詳細を見る

icon_1

トラッキングと管理

送信済み、署名待ち、署名待済みの文書を一目で確認。また、ステータスが変更されるたびに通知が来るので、書類の管理が楽になります。

詳細を見る

icon_1

本人確認で文書の信頼性を担保

Adobe Signによって高いレベルのセキュリティと多要素認証が提供されるので、業務を安心して、安全かつ効率的に遂行できます。

詳細を見る

あらゆる国内外のシステムと連携

Adobe SignはMicrosoftの各サービスとシームレスに連携し、Microsoft 365やTeamsなどから直接文書を送信して署名できます。また、Salesforceやkintoneなど、多くのアプリと開発不要で連携できます。

請求書
icon_1

Microsoft とのパートナーシップ

Adobe SignはMicrosoft製品の推奨ソリューションです。Adobe Signがあれば、Microsoft 365またはMicrosoft Dynamics 365を使って、どこにいてもあらゆる文書に署名できます。

詳細を見る

icon_1

APIでどんなシステムとも連携可能

Adobe Signの豊富なAPIで、普段お使いの業務アプリに電子サイン機能が追加できます。

詳細を見る

icon_1

お使いのシステムと簡単に連携

アドビは各分野を代表する企業とパートナー提携しています。既にお使いのCRMシステムや人事システム、業務アプリにAdobe Sign機能を追加することができます。

詳細を見る

icon_1

Adobe Sign パートナー

Adobe Signのライセンス販売や連携ソリューションの実装支援に対応できる、パートナー企業にご相談いただけます。

詳細を見る

  

技術・必要システム構成を確認

セキュリティ、コンプライアンス、ID管理など、管理方法や導入時の必要システム構成をご確認いただけます。

icon_1

技術概要

Adobe Signのアーキテクチャやセキュリティ、コンプライアンスなどの技術概要について説明します。

詳細を見る

icon_1

セキュリティ概要

Adobe Signとユーザーデータのセキュリティを強化するための、厳重な対策と手順について説明します。

詳細を見る

icon_1

必要システム構成

Adobe Signに必要なシステム構成について説明します。

詳細を見る

  

電子契約の法的有効性について

athome

政府が発表した押印についてのQ&A

押印の必要性などについて、内閣府、法務省、経済産業省が回答しています。

 

富士山を背景に前方に日本風の建築物が建ち並ぶ街の風景。日立

電子署名法3条に関するQ&Aについての解説

総務省・法務省・経済産業省が2020年9月4日に公表した、「利用者の指示に基づきサービス提供事業者自身の署名鍵により暗号化等を行う電子契約サービスに関するQ&A」について解説します。

 

野原の画像。アイオワ州立大学

電子署名法2条1項1号の解説

立会人署名方式による電子署名の電子署名法2条1項1号の該当性について解説します。

 

野原の画像。アイオワ州立大学

取締役会議事録への電子署名についての解説

リモートワークの推進により「脱ハンコ」への機運がますます高まっております。この記事では取締役会議事録への電子署名について解説します。

 

野原の画像。アイオワ州立大学

電子帳簿保存法の改正ついての解説

2020年12月に「2021年度税制改正大綱」が公表され、抜本的に見直されることになった電子帳簿保存法の改正のポイントについて解説します。

 

  

Adobe Signの法人向けプラン


小規模企業版

2〜9ユーザーにおすすめのプラン

ビジネス版

中規模から大規模の組織向けプラン

エンタープライズ版

高度なシステム統合を必要とする大規模組織向けのプラン

⚫️

⚫️

⚫️

受領印や社印だけでなく、個人の認印の追加

⚫️

⚫️

⚫️

自動通知やリマインダーの受信

⚫️

⚫️

⚫️

Admin Consoleでユーザー設定を管理

⚫️

⚫️

⚫️

Admin Consoleでグループ毎の設定を管理

⚫️

⚫️

専門家による電話と電子メールによるエンタープライズサポート

⚫️

⚫️

スマートフォンのワンタイム確認コードなどを用いた2要素認証*

+

+

⚫️

既存の企業IDとパスワード、ソーシャルIDなどを使用してのログイン

⚫️

+ 追加料金が必要

  

多くの企業・団体がAdobe Signを導入しています

世界中の電子サイン関連法令および規則に準拠しつつ、あらゆる業界、あらゆる部門のすべての処理をスピードアップ。

logos
athome

アットホームは、Adobe Signで賃貸物件の更新手続きを電子化することで、不動産管理業務を効率化し手続き時間を削減しました。

 

富士山を背景に前方に日本風の建築物が建ち並ぶ街の風景。日立

新しいデジタルワークフローにより、どのようにしてソニー銀行のローン契約手続きにかかる時間が数週間短縮できたかについてご覧ください。

 

野原の画像。アイオワ州立大学

OBCはAdobe Signとkintoneを連携させ、お客様との署名業務をペーパレス化し、コスト削減と事務処理の効率化を実現しましした。

 

  

企業導入に関するご相談

onlineform
 
ソリューションパートナーにご相談
Adobe Signのライセンス販売や連携ソリューションの実装支援に対応できる、パートナー企業にご相談いただけます。
onlineform
 
オンライン問い合わせ
14:00までにお問い合わせフォームに入力いただくと、当日中にご連絡差し上げます。
telform
 
お電話でのお問い合わせ
平日9:30~17:30の間は、お電話でのお問い合わせも受け付けております。

0120-921-104

  

Adobe Signの資料やセミナー情報

Adobe Sign サービスガイド

 

Adobe Signの概要と企業での導入例とメリットをわかりやすくご紹介します。

 

電子契約導入ガイド

 

Adobe Signでの電子契約が、どのようにして法的有効性を保証しているのかをご説明します。

 

国内企業向け 電子契約/Adobe Sign FAQ

 

電子契約FAQ - 検討、導入においてよくある質問を解説します。

 

パンデミック影響下で継続性を維持する

 

アドビ、全米50州の政府機関と連携を達成、行政サービスのデジタル化に貢献

 

セミナー情報

 

Adobe Signに関するセミナーも随時開催しております。