Shantanu Narayen(シャンタヌ ナラヤン)

会長、社長兼CEO(最高経営責任者)

現状維持は成功戦略ではない。こうした信念の下、アドビCEOであるシャンタヌとリーダーシップチームは、アドビの変革を成功へと導きました。クリエイティブソフトウェアのフランチャイズをデスクトップからクラウドに移行する一方、デジタルマーケティング分野を創出し爆発的な拡大につなげました。彼は製品イノベーションの促進とアドビのグローバルな事業拡大を目指すチームの育成と強化に情熱を注ぐ一方で、会社を定評あるグローバルブランドおよび企業市民として前進させました。インドのハイデラバード出身のシャンタヌは、電子工学の学士号、コンピューターサイエンスの修士号、UCバークレー校のMBAを取得しています。Pfizer社の役員を務め、米印戦略パートナーシップフォーラムの副会長でもあるシャンタヌは、2019年には4年連続でBarron's誌の世界最優秀CEOのうちの1人に選ばれ、2019年にGlassdoorでトップCEOに選ばれました。 

もしアドビにいなければ、プロゴルファーになっていたかもしれません。


alt
カメラアイコン

アドビとMicrosoftのCEO同士が、企業の変革、アクセシビリティ、将来について語り合う

アドビのCEO、シャンタヌ ナラヤンが、MicrosoftのCEO、サティア ナデラをSummit 2019に招き、対談しました。2人のCEOは、アドビとMicrosoftとのパートナーシップがもたらすパワー、テクノロジーのトレンド、エンタープライズソフトウェアの将来について語り合いました。
対談を見る
LinkedIn Q&A を見る

ビデオ