Shantanu Narayen(シャンタヌ ナラヤン)

会長、社長兼CEO(最高経営責任者)

シャンタヌ ナラヤンは、世界有数の規模と多様性を誇るソフトウェア企業、アドビの会長兼社長兼CEO(最高経営責任者)です。

 

アドビは、デジタルエクスペリエンスを通じて世界を変革すること使命とし、学生からビジネスコミュニケーター、さらには世界最大クラスエンタープライズ含む大規模な顧客ベースサービス提供しています。シャンタヌは、CEOとして、Creative Suiteいち早くクラウドベースサブスクリプションモデル導入し、デジタルドキュメントグローバルスタンダード確立し、成長が著しいデジタルエクスペリエンスカテゴリー創出して牽引することにより、アドビを業界イノベーターへと変革しました。現在、彼は、すべての人に「つくる力」提供し、ドキュメント生産性を加速させ、デジタルビジネス強化するために、アドビの戦略を推進しています。

 

アドビは、シャンタヌの指導の下で、大幅な収益増大を達成しただけでなく、「働きがいのある会社」やFortune誌の「最も称賛されている企業」に連続して選ばれるなど、インクルーシブで革新的な他に類を見ない職場として業界で認知されるようになりました。

 

シャンタヌは、1998年にエンジニアリングテクノロジーグループのバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーとしてアドビに入社しました。2005年に社長兼COOに、そして2007年にCEOに就任し、2017年に取締役会長になりました。

シャンタヌは、米印戦略パートナーシップフォーラム副会長Pfizer社役員務めています。Dell Inc.取締役務めていたこともあり、米国社長管理諮問委員会元委員です。

 

シャンタヌは、Barron's誌「World's Best CEOs」、Fortune誌「Businessperson of the Year」リスト、社員の口コミよって決まるGlassdoorvの「Top CEO」選ばれるなど、多くのメディア世界有数幹部一人して認められてきました。インド民間人送られるパドマシュリー勲章Economic Times Global Indian of the Year賞を受賞しています。

 

アドビに入社する前、シャンタヌは、AppleSilicon Graphics製品開発従事した後、創成期写真共有サービスであるPictra共同創業しました。

 

シャンタヌは、5件の特許を保有しています。オスマニア大学で電子工学の学士号、米オハイオ州ボウリンググリーン州立大学でコンピューターサイエンスの修士号、カリフォルニア大学バークレー校ハースビジネススクールでMBAを取得しました。シャンタヌは、アジアのレガッタでインド代表選手としてヨットを操船したこともあります。



関連メディア


注目の基調講演

顧客体験をビジネスの強みに変える


アドビCEOシャンタヌ ナラヤンが、バーチャルAdobe Summit基調講演にて、世界中の組織の変革を推し進める経済およびビジネストレンドついてお話します。

 

基調講演をご覧ください


ビデオ