蝶の描き方

このチュートリアルのステップに従って、簡単な形から綺麗な蝶に仕上げる方法を学びましょう。 

青虫、繭、蝶と、蝶の一生を描いた絵

蝶の効果

鮮やかな色、デリケートな羽、ヒラヒラとした動きなど蝶はイマジネーションを掻き立ててくれます。自然派が描くリアルな絵からリサ・フランクのカラフルで大胆なステッカーまで、蝶は多く描かれます。「大抵の場合、単純なクリップアートに見られるような蝶は本物とはかなり違っています。標本にピンで付けられた蝶はこんな風に見えます。」とイラストレーターのケビン・ジェイ・スタントンさんは語ります。 

 

蝶は大きな羽が2枚付いているだけでなく、もっと気がつくことがたくさんあります。描くのは難しいかもしれませんが、参考写真と適切なツールがあれば、単純な曲線をダイナミックな蝶の羽に変えることができます。

蝶の絵
色々な種類の蝶の絵

心を蝶の気分にしましょう

すぐに蝶を描き始める前に、まず蝶がどのように見えるか理解する必要があります。「自然派が描くようなイラストを描きたいなら、参考写真を分析することがまず大切な作業です。」とイラストレーターのジョナサン・ケースさんは言います。「あまり馴染みのない動物を描く時はいつも、その動物の幾何学的な形態を理解しなければなりません。

 

しかし蝶が全部、同じに見えるわけではありません。モンシロチョウでもアゲハチョウでも、または特徴あるオオカバマダラでも、どの種にもそれぞれ考慮すべき模様や色、形があります。スケッチを始める前に、少し時間をかけてリサーチしてください。色々な種類とその画像を観察し、それを参考写真として使ってください。

 

この簡単なチュートリアルで蝶を描いてみましょう

絵を描くための計画を立てる

これは絵の構図を考えるために使う時間です。蝶をどんなアングルから描きたいか、考えてみましょう。羽を広げた蝶を上から描きますか?羽をヒラヒラさせて飛んでいますか、それとも花びらの上に停まっている蝶でしょうか?構図の中の背景も考え、蝶と関連させられるような花、植物、物などを簡単な形で描いてみましょう。すぐに仕上げにかからず、参考写真を見て遠近感を出してみましょう。

 

 

蝶のラフ画

ケビン・ジェイ・スタントンさんの作品

羽から始める

蝶の羽の大まかな形をスケッチします。参考写真の、近距離撮影の効果を観察してください。すぐに分からないかもしれませんが、蝶には2組の羽があります。1組の羽がもう1組の羽の上に覆いかぶさっています。一般的に上の羽は三角形に近く、下の羽はもっと丸みを帯びていますが、種類によって異なります。羽の大まかな形を描き、このレイヤーを下書きとして使って、さらに細かい部分を描いていきます。

蝶の絵の骨組み

ケビン・ジェイ・スタントンさんの作品

蝶の体をスケッチする

羽が描けたら、蝶の頭と体の形を描きましょう。「羽と比較して、体は大変小さいんです。」とスタントンさんは言います。参考写真をもう一度見て、胸と腹部が正確な形と角度になっているか確かめましょう。ここでアンテナと、顔の部分も加えて描き入れます。「蛾と違って蝶は、一般的に細いアンテナを持っています。そして大変細い吻があり、口からカールして出ています。」とスタントンさんは付け加えます。

 

蝶は足が6本あります。3本ずつ体の側面に付いています。周りの風景や背景を考慮して蝶のいる位置を決めましょう。もし花に停まっている蝶を描くなら、足も描く必要があります。空中を飛んでいるなら、イラストとして描く場合足を描く必要はないでしょう。

蝶の絵

ケビン・ジェイ・スタントンさんの作品

羽をさらに細く描く

「これからもっと面白くなりますよ。蝶の羽に模様を描くんです。」とケースさんは言います。「この部分は蝶の羽の幾何学模様を正確に描くのが難しいので、ほとんどの人が適当に済ませています。」もし、自分で想像した夢の蝶ではなく、実存の種類の蝶を描くなら、時間をかけてその羽のパターンを分析しましょう。

 

もし羽に水玉模様があるなら、小さな円をスケッチして自分の好きな模様を描くことを考えます。もし蝶の羽が部分的に違う色をしているなら、違う色の部分がいくつあるか、最初に数えましょう。例えばオオカバマダラは、下の羽が筋によって約10色に分かれています。それがステンドグラスの窓のように組み合わされています。どの色も取り残さないようにしてください。参考写真をガイドにして、それぞれの色の形をスケッチしてみましょう。 

 

描いた線を微調整する

満足できるスケッチが出来上がりましたら、作成中の描画に戻って微調整しましょう。筋の太さや羽の周りにある水玉を調整し、体、頭、アンテナにテクスチャーを加えましょう。もし何か気に入らない部分があったら、ためらわずに消しゴムを使い、もう一度描いてください。もしAdobe Frescoのようなデジタルツールを使っているなら、ファイルに新しいレイヤーを作り、下のレイヤーをオフにしてください。こうすれば、先に描いた絵を失わずに、一定の部分を描き直すことができます。 

 

レイヤーに色をつける

さあ、色を塗っていきましょう。蝶は鮮やかで独特な色をしています。絵を作成する上でも、ためらわずに思い切った色を使ってみましょう。このステップでは時間をかけて、よく考えながら作成中の蝶と背景に色をつけていきます。デジタルペイントの場合、もし満足がいかなければ、いつでも前に戻って描き直せることを覚えておいてください。

 

美しい蝶からインスピレーションを受ける

鮮やかな色とデリケートにヒラヒラと舞う動きで、蝶はどこの国でも絵を描く人にインスピレーションを与えてきました。アイデアを探しているなら、Behanceでさまざまなアーティストの独特な蝶の絵をご覧ください。

水彩画の蝶

セーラ・アルビズさんの作品

蝶の詳細を描いた絵

Adobe Frescoでさらに学ぶ

デジタル描画ツールとアーティスティックブラシをAdobe Frescoで使用し、蝶のアートに変化を加えてください。複数のレイヤーを作り、それぞれ一定のセクションにエフェクトを加えて、絵を構成していきましょう。デジタルなら油絵水彩のブラシを使って、実際の絵の具のように混ぜることができます。絵の具を周りに飛び散らすことなく、また出費もなく自然な効果を出すことができます。シンプルな蝶の描画でも、複雑な油絵の蝶でも、いよいよ、羽を羽ばたかせて飛び出す準備ができました。

 

その他のおすすめ…

踊っている人物のシンプルな描画

絵の描き方入門

プロのイラストレーターのアドバイスに従って絵を練習し、スキルを磨きましょう。

紐でつながれた大きいフグと小さいフグのイラスト

プロのイラストレーターになるには

新しいキャリアへの足掛かりとなるポートフォリオの作成と作品のプレゼンテーションのヒントを学びます。

2本のバラの絵

バラの描き方

棒にとまっている青い鳥のカラフルなイラスト

鳥の描き方
このチュートリアルに沿って、鳥の基本的な描き方をデジタルのテクニックで描いてみましょう。

Adobe Fresco を使う

どこにいても絵を描ける喜びを感じましょう。