既成概念にとらわれない抽象写真

抽象写真で意外性を表現しましょう。質感、物の見方、スケール、シャッタースピードを使って魅力的な抽象写真を作成する方法をご覧ください。

抽象写真、地球の風景を写した航空写真

素晴らしい抽象写真とは

抽象写真とは、写真素材と、物理的な世界とは直接関係のない要素を使って作成されたイメージです。抽象写真は、物の見方、動き、光などを使って、普段見ている世界を、意外性のある、そして時には何が写っているかわかならいようなイメージに変えていきます。「抽象写真は説明できるものではありません。日常的な物の質感やもっと細かな部分を深く考えさせるかもしれないし、あるいは全く違う物を思い起こさせるかもしれません。」大学教授であり写真家のティナ•トライフォロスさんは、このように説明します。抽象写真の作成に決まった手順はありませんが、アーティストが写真を抽象写真の世界へと引き込むために試すことができる、一般的な基本概念があります。

 

物の見方を変えてみる

通常、写真とは実際の世界を写し出す物ですが、抽象写真のイメージは全く新しい方向性を示してくれます。「私はいつも初心者に、世界をあまり具体的な目で見ないように、と言います。新しいことを試して、光や影についてもっと違う角度から考え、形や繰り返しについても考えなさい、と。自分が知っている範囲から外に出ることを奨励しています。」とトライフォロスさんは語ります。

植物のクローズアップ
ひびが入った乾燥した地面

世界の見方を変え、カメラのレンズを通して物の見方を変えると、抽象的なイメージを通して伝えたい、何かユニークなことが見つかります。通常の物の見方で静止した写真を捕らえるのではなく、角度を変えて、上や下から見てみましょう。目の前にある物の、その向こうにあるものを見る目を養いましょう。

 

クローズアップを試してみる

新しい見方を探求する良い方法は、目で見て理解できる物をズームで見てみることです。アーティストのアーロン•シスキンドさんは、物を拡大してみて、詳細を細かく観察したり強調したりします。「このタイプの写真を撮るためにマクロレンズを使う人が多いです。物体を単純化できるんです。」トライフォロスさんはこのように説明します。 マクロレンズを使うと、物の詳細を探求できます海辺の砂をマクロ撮影してみてください。砂を海辺という観念から引き離し、影や質感、砂の粒に当たる光にフォーカスを当てると、それは抽象写真になります。

日当たりの良い砂丘と影になっている砂丘

質感と光の世界を探求

質感と色調を変えていろいろ試し、写真を撮ってみましょう。抽象写真では「ペンキの剥げたラジエーターでさえ、形や色、光、質感に焦点を絞ると、まったく違う物に変化します。」とトライフォロスさんは語ります。質感の違いが、別の雰囲気と感覚を見ている人にもたらします。目の前にある物の色や形で何ができる試してみましょう。

ペンキがはがれ、ひびが入った工業用建物の壁のクローズアップ
風景を横切って流れる風の抽象写真

海、空、森などを全く新しい観点から見た自然の写真は、質感を探求する素晴らしい方法です。海の航空写真は、波の色や形が混ざり合い海だと認識できなくなることがあります。 工場の建物の幾何学的な形  は、角度を変えて撮ってみるとまるでテキスタイルの模様のように見えるかもしれません。捕らえたいものが何であれ、その物体を通常の状況から取り出し、質感や色調にフォーカスを当てると、素晴らしい抽象写真になります。

 

動いている物体を捕らえる

通常の写真は、速いシャッタースピードで撮影し、一瞬を捕らえて物体を時間の中に閉じ込めます。イメージに動きを加えると抽象になります。シャッタースピードを遅くすると、露出時間の長い写真を撮ることができます。カメラのシャッターを長い時間開けていると、通りを走る車のブレた動きを捕らえることができます。カメラをしっかり固定させておくと、車の動きを捕らえながらも、他の物は静止した状態にできます。車はイメージの中を走り抜ける色の線のように見え、他の物ははっきり識別できます。次は水や煙のように、持続的に動いている物のブレる動きを捕らえることに挑戦してみましょう。イメージに新しい要素を加えることで、普通の物を何か別世界の物のように変えることができます。

森林の抽象写真

ポストプロセスに挑戦

素晴らしい抽象写真はカメラだけで作るものではありません。撮影後のプロセスも重要です。従来のフイルムを暗室で編集しても、デジタル一眼レフや普通のデジタルカメラで Adobe Photoshop を使っても、抽象写真は撮影後に色々なことができます。「イメージの彩度を変えてみましょう。イメージの三原色 (RGB) の度合いを変えたり、コントラストを変えると何ができるか試してみましょう。」アーティストであり、商業写真家のジョン•スパノスさんはこのように語ります。撮影後の編集ツールで、普通の写真を抽象写真にできるか試してみてください。

 

デジタル写真のコラージュは、また別の形態で表現できる抽象アートです。写真の要素を組み合わせると、具象イメージ以上のものができあがります。

 

 

 

 

もし抽象写真を撮ろうとしているならば、「毎日、何でもいいから写真を撮ることです。普通の物を見つけて、何らかの写真に仕上げてみてください。光と影で遊んでみてください。」とスパノスさんは語ります。練習を重ね、探求しなければ上達しません。時間をかければ、やがて素晴らしい抽象写真を作れるようになります。

その他のおすすめ...

窓の外を見ている子供をおんぶした父親

芸術としての写真入門

自分の情熱に従って、アーティスティックな写真で作る概念を追求しましょう。

白黒の雪山の写真

白黒写真でモノクロの世界を発見しましょう。

白黒写真を上手に撮るコツを学び、写真家としての腕に磨きをかけましょう。

マクロ写真で捕らえたアカカミ蟻

小さなものに目を向け大きなインパクトを生むマクロ写真

小さな被写体を実物より大きく撮ってみましょう。新しい世界の扉を開くマクロ撮影のヒントを紹介します。

夜の日本の街、夜景撮影のコツ | Adobe

夜景写真を上手に撮る方法
ここで紹介する夜間撮影のコツを実践すれば、撮影場所が暗くても写真の品質が下がることはありません。

Photoshopを入手

プロフェッショナル画像編集ツール。

7日間の無料体験の後は月額2,480 (税別)