二重露光・多重露光の撮り方の基礎知識

多重露光撮影では、期待に胸を弾ませてアート感のある写真を追求できます。デジタル編集ソフトウェア使えば期待はさらに高まります。

山の画像の上に半透明の女性が写る写真

多重露光の歴史

現在では、デジタル写真の編集ソフトを使って、簡単に多重露光の写真を作成できますが、昔はもう少し複雑でした。多重露光写真はかつて、フィルムに画像を撮影して作りました。フィルムを取り替えるか、フィルムを前に進ませる代わりに、同じフィルムをもう1度露出させて画像をそこに重ねるのです。それは、その時代に使われた特殊効果であり、人々にとって刺激的でシュールなイメージでした」と説明するのはベテランの写真家で教師でもあるベン・ロングさんです。

 

多重露光撮影は、写真撮影において最も古い特殊撮影のひとつと言えます。それは、人間の肉眼では見ることのできない画像を作る今までにない新奇な方法でした。現在の人々は、画像を修正することに慣れてしまい、これは画期的な方法ではなくなってしまいました。しかし、多重露光写真は今でも、アートの極限を追求し、ユニークで興味深い画像を創るチャンスを与えてくれます。多重露光写真はどちらかと言うと、抽象的な画像になり、構図を理解するにはうってつけの手法となります。

 

フィルムで多重露光写真を撮影する方法

印象的な多重露光写真を撮るには、フィルム写真ではどのようにして撮るのか、そのプロセスを理解することが大切です。フィルムを使って多重露光写真を撮るには2種類の方法があります。カメラ自体を使う方法と暗室で行う方法です。

 

カメラを使う方法

カメラで多重露光写真を撮る場合は、フィルムの同じ部分で2度露出します。使用するフィルムカメラにもよりますが、シャッターを切った後、自動的にフィルムが前に送られるタイプの場合、2回目にシャッターを切る前に、フィルムを手動で後ろに戻す必要があります。 

 

「多重露光は’最初から上手く行かないので、そのつもりでいてください。何度もやり直さないといけないでしょう」とロングさんは言います。

 

カメラで多重露光写真を撮る場合は、露出を何度も重ねていきます。2度目の露出によって入ってくる光は、最初の露出によってきた画像に影響を与えて暗くしますから、絞りとシャッタースピードを設定する時は、それを考慮します。最終的な画像を飛ばしてしまわないように、両方を露出不足にして撮影します。これは少し難しいかもしれません。「多重露光は、すぐに上手くは行かない覚悟でいてください。何度も、色々やってみることが大切です」とロングさんはアドバイスします。事前の計画をしっかり立てることが、多重露光を成功させるコツです。最終的な作品を頭の中でイメージして、そのディテールに注意を払います。

 

同じフィルムのロールで、何回か同じような2重露出撮影を行うと、その中から1番上手くいった写真を選ぶことができます。「どのような写真になるのかは、フィルムを現像するまで分かりません」と写真家のショーン・インガーゾルさんは言います。

二頭の鹿の写真

暗室を使う方法

多重露光を暗室で行う場合、そのプロセスはカメラとは少し違います。暗室では、感光紙を引き伸ばし機(ネガを通して光を当て、画像を映すための特別な映写装置)の中で何回も光に当てます。この方法はカメラそのものを使う方法よりは簡単です。普通に撮影して現像したフィルムのネガを使い、そのネガを引き伸ばし機の中で、好きな位置に置くことができるからです。任意の場所に置けるという柔軟性により、各レイヤーの不透明さを試すことができます。この場合、感光紙の上に当てる光量を調整しなければなりません。最初のネガは引き伸ばし機の中で少し長めに露出する必要があるでしょう。2番目のネガは数秒で十分です。

 

暗室で多重露光写真を、最初から成功させるのは難しいことです。辛抱強く作業を続ける必要があります。「最初は白黒でやってみて、カメラのメカニズムを学んでください。すごく簡単なやり方でスタートするのでます。なるべく何も無い空間を探し、そこに物を置きます。次に、別の何もない空間に物を置きます。最終的な構図に対して、露出がどのようになるのか分かってきます」とロングさんは初心者にはこのようにアドバイスしています。影と光で試してみることは、それがカメラの中でも暗室の中でも、多重露光撮影の構図を学ぶ上で役に立つ経験となります。

 

デジタル多重露光撮影はシンプル

デジタル写真と編集ソフトウェアの発達で、多重露光は簡単にできるようになりました。「カメラで多重露光をしていた頃に比べると、今はずいぶん簡単になりました。違う場所、違う時間に撮った写真の場合は特にそうです」とベテラン写真家、カーリ・デビッドソンさんは言います。

 

デジタルカメラの中には多重露光設定が付いているモデルもありますが、設定とツールはそれぞれのカメラで異なるので、古いモデルの場合は付いていないかもしれません。編集ソフトウェアの柔軟性のある機能は、写真家やアーティストを多重露光のアートの極限まで追求させてくれます。「2枚のデジタル写真を2つのレイヤーにそれぞれ入れて重ねてください。ブレンドモード、透過、そしてマスキングを使えば、多重露光の画像が出来上がります」とインガーゾルさんは語ります。

花の画像と踊る女性の二重露光写真
赤と青の女性が重なる二重露光写真

透過を試す

編集作業で多重露光効果を出すには、2枚の画像を重ね、上の画像に透過と不透過を使って色々試してみましょう。不透過は光が通るのを防ぎます。Photoshop ならレイヤーの不透過、フィルター、エフェクトを変更できるので、下のレイヤーの画像が見えるようになります。

 

初心者にはマスキングを使用する

レイヤーマスキングはリバーシブルな方法で、レイヤーの1部を隠すことができます。.最初の画像の中に、2番目の画像に写したくない部分がある場合、それをマスキングで隠すことができます。マスキングは、画像の1部を永久に消してしまうよりも、より柔軟に使うことができる方法で、合成写真や多重露光写真の作成に役立ちます。

 

画像ブレンドの基本

「フィルムを正しい位置まで巻き戻す必要がありません」と写真編集ソフトを使った多重露光写真についてロングさんは語り、「画像のブレンドをよりコントロールできます。暗室ではブレンドできない画像も編集ソフトであればブレンドできます」と付け加えます。ブレンドは、画像の中でピクセルがどのように描画や編集ツールによって影響されるかコントロールします。暗室で色々作業する代わりに、デジタルソフトウェアでのブレンドは、画像をピクセルレベルで結合します。

 

チュートリアルを使う

基本が分かりましたら、多重露光写真や合成写真を成功させる準備が整います。多重露光写真や合成写真を成功させるには入念な調整が必要です。

 

  • 多重露光写真の作成:2枚の画像を重ねることで、いかに視覚的なインパクトを与え、多重露光写真のエフェクトが得られるか、このチュートリアルで学びましょう。

 

 

 

美しい多重露光写真に出会った時、ロングさんによると、「ルール通りにしなくても素敵な写真はできると思います。自分の好きなようにやってみてください」と語ります。フィルムでもデジタルでも、新しいツールで色々試して創造性を追求しながら経験も積んでいきましょう。最初の何枚かの多重露光写真は、満足のいく作品が出来ないかもしれませんが落胆する必要はありません。他のどの撮影技法もそうであるように、この多重露光撮影も時間をかけ、練習を重ねていけばマスターできるようになります。

寄稿

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Lightroom 使

その他のおすすめ...

ピンクの傘をさして歩く女性を三分割法を使用して撮影した写真

三分割法の使い方とその先のステップ

構図のスキルを磨いて、もっと魅力的な写真を撮りましょう。 

喫茶店のコーヒー - 浅い被写界深度のコツ | Adobe

被写界深度を浅くするには

ステージで演技するバレエダンサー、シャッタースピード写真撮影 | Adobe

絞りとシャッタースピードを理解する

調

川に突進するウシカモシカの群れを撮影した見事な自然の写真

あらゆる自然の写真を撮影するためのコツ

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 1,078  /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,248 /月(税別)