ハーフトーン効果でレトロ風に

CMYK 印刷のように見える高解像度の画像で、カラープリントの初期の頃を再現します。

ハーフトーン効果を適用したサングラスをかける人の画像

ハーフトーン効果とは?

ハーフトーンは20世紀の印刷技術で、点がパターンを作って画像を作り上げます。印刷技術にまだ限界があった頃、ハーフトーンという手段を使って、色と影のある外観を作りました。現在では、ハーフトーン効果をまねることが、レトロなメディアスタイルを表現する手段となっています。

 

かつてシアン、マジェンタ、黄色、 (CMYK)のみを使って印刷した技術者達がハーフトーンを始めました。色がベタ塗りされているように見える部分は、実は小さな点が密集している部分です。ハーフトーンの各点は持続した色なので、1つの点は1色でできています。シアンの点はすべて同じ色合いのシアンで、マジェンタの点はすべて全く同じマジェンタの色合いです。しかし、この3色と黒の組み合わせから、より幅の広い色の領域が生まれました。

 

このような点を集めると遠くから見た時に、点は混合され他の色のように見えます。シアン、マジェンタ、黄色、黒が、点と点との距離、パターン、点のサイズによって、バラエティに富んださまざまな色を作ります。この4色のみを使って印刷技術者は、点をミックスし、マッチングさせて他の色を出していきました。

ハーフトーン効果のドット加工写真

Adobe Photoshopでハーフトーンフィルター効果を出す方法

簡単なチュートリアルに従い、Photoshopでハーフトーンパターンを加える方法を学びます。

 

1.画像を加える

ハーフトーン効果を加えたい画像を選び、それを Photoshop に加えます。

 

2.フィルターを見つける

上のナビゲーションバーの「フィルター」ドロップダウンメニューへ移動します。

 

3.ピクセルを選ぶ

「フィルター」メニューのオプションから「ピクセレート」を選択します。

 

4.「カラーハーフトーン」を選択

「ピクセル化」メニューでカラーハーフトーンを選択します。ここから、半径とチャンネルを調整し、ハーフトーンのテクスチャの外観を決めていきます。

一部にハーフトーン効果が適用されたバンの写真に重なるAdobe Photoshopのハーフトーン効果メニュー

半径

半径はハーフトーンの点のサイズと、点と点の間の距離に影響を与えます。点のサイズを調整して、色と画像のグラデーションとボケ方を変えます。小さな点はスムーズで繊細に見え、大きなサイズの点はビンテージのコミックや、広告ポスター、自作のグランジデザインのような質の低いプリントの感じがします。

 

チャンネル

チャンネル設定で点がどのように置かれ、重なるかを調整します。各チャンネルは、スクリーンアングル設定でコントロールします。数値は度数で表されます。数値を調整すると、シアン、マジェンタ、黄色、黒の点を、パターンにどの角度で加えるかを変えることができます。点と点が重なると、その組み合わせ次第で、違う新しい色が生まれます。

 

デジタル時代でもハーフトーン効果を使う

ハーフトーンは、ポップアート、スクリーンプリント、グラフィックデザインなど過去の印刷スタイルを表現する、重要な手段です。ハーフトーンを使って、ノスタルジーな世界を作ったり、何かを古く見せたり、またはビンテージルックにしたりとカラー印刷の初期の頃を想いおこします。

Adobe Photoshop の多彩な機能

Photoshop 使

その他のおすすめ...

オレンジと白黒のみで写された男性が家の前に立っている画像

二次色を用いてムードを高める

原色、二次色、三次色とそれぞれの色の組み合わせで美しい配色を作ります。このガイドではグラフィックデザインの色選びにも役立つ色彩理論の基礎を学びます。

釣りをモチーフにした3つのロゴ

モダンなロゴデザインの作成方法

大胆な色と幾何学な模様を使って、見る人にアピールするモダンロゴを作りましょう。

黒い雲を描いたクールなデザイン。

色としての白と黒を理解する

色を科学的に考察し、白と黒の違いを理解します。

月面の風景を描いたピクセルアート

ピクセルアートの制作技法を学ぶ

ファイナルファンタジーやスーパーマリオなど、ゲームからインスパイアされたデジタルアートの技法を学びます。

お気に入りのCreative Cloudプランをお選びください