二次色を用いてムードを高めるアート制作

違う色を組み合わせることで、いかに人々の注目を浴びる作品を作成できるか見てみましょう。

オレンジと白黒のみで写された男性が家の前に立っている画像

色が世界を形作る

色は感情を掻き立てる、ある一定の反応を呼び起こす、そして時にはメッセージを意識下で伝えることもあります。アーティストが作品で色や色の度合いを選ぶ時、そのカラースキームが、自分で決めた全体の色合いと合うかどうか考慮しなければなりません。それぞれの色がどのように作用しあうのか理解することで、アーティストやデザイナーは、作品をよく引き立たせるため判断をしています。

カラーホイールを水彩画で描く人

色相環を動かす

色相環には、目に見える色の全てが表示されています。これは、色の組み合わせを見て理解するための一般的なツールです。最初の色相環は1666年にアイザック・ニュートンによって考案され、光のスペクトラム(赤、オレンジ、黄、緑、青、紺、紫)の色の順に構成されています。

 

色相環には2種類あります。:1つは三原色RYB(赤、黄、青)を基本とし、もう1つはRGB(赤、緑、青)を基本としています。版画アーティストは主にRYB をカラーモデルとして使います。それはこれが、色を混ぜ合わせていくプロセにおいて、インクと絵の具の相互作用をよく表すことができるからです。

 

デザイナーや電子媒体を使うアーティスの場合、RGBカラーパレットがよく使われます。それは、こうした色が、人間の目の感光体で認識されるからです。モニターやスクリーンの光源は、赤、緑、青のさまざまな色を組み合わせて、あらゆる色を作り出すことができます。しかし、印刷することを目的とするのであれば、デジタルアーティストやデザイナーは、CMYK (シアン、 マジェンタ、 黄、 黒)のファイルを使うか、ファイルをそのように変換するといいでしょう。これらはカラー画像を印刷するための4つの基本色です。

多くの人が歩き回る混雑した道の描画
カラフルな衣装でポーズをとる二人の絵
頭部が重なり合う絵

色のカテゴリーを知る

色相環は3つの色のカテゴリーを基本としています。

 

  • 原色: 全ての色の基礎となります。基本色とも呼ばれるこうした色は、他の色を混ぜて作ることができないので、従来より美術と色の理論では3原色RYB として認識されています。人間は基本的に3色で色を見分けるので、RYB が人間世界の色のスペクトラムを見るための基礎となっています。
 
  • 二次色:これは、2つの原色を同量の配分で混ぜて作った色です。色相環で、二次色は原色と原色の間に位置しています。伝統的な色相環を見てみると、赤と黄を混ぜればオレンジになり、赤と青を混ぜれば紫に、そして青と黄を混ぜると緑になります。RGB を原色とする色相環を使った場合では異なる二次色となり、これは中間色と呼ばれます:青と緑を混ぜるとシアンになり、青と赤を混ぜるとマジェンタになり、青と黄を混ぜると緑になります。
 
  • 3の色:原色と二次色を混ぜると第3の色、または、色が混合していることから、中間色と呼ばれます。色を混ぜることで、青緑、青紫、赤味のあるオレンジ、赤味のある紫、黄味のあるオレンジ、黄緑といったカラーコンビネーションが出来上がります。色相環を見ると、第3の色は原色と二次色の間に位置しているのがわかります。

 

注意:CMYK を印刷のために使う時は、これが「減法混色」であることに注意してください。インクを増やしたり他の色と混ぜたりすると、色が暗くなります。

太陽が上る都市風景をバックにしたヤシの木の絵

色彩理論とは?

色彩理論とは創造的かつ科学的な色の使い方を意味します。色のコントラスト、混ぜ方、互いにどう合わせるかなど考える時に、ガイドラインやルールを与えてくれるシステムです。 

 

「色彩理論と言っても、やってはいけないことのリストなんてありません。「綱引きみたいなもので、結局は本人の好みによります」とイラストレーターのアリッサ・ニューマンさんは言います。選択肢が多くある場合、作成するイラストに最適なカラーパレットは何か、どのようにして選択すれば良いのでしょうか?そこで登場するのが色相環です。自分が出そうとしているムードを表わすのに、どのカラースキームが適しているのか、色相環で決めることができます。 

 

カラースキームでデザインする

互いに引き立てあう色を使いたいと思っていますか?その場合、色相環で隣同士になっている色を選ぶと良いでしょう。このような色を類似色と言います。イラストを描く場合、適切なコントラストが必要です。イラストレーターはまず、中心となる色を選び、次にそれをサポートする色を選びます。そしてアクセントやハイライトとなる3番目の色を選びます。

 

これはカラーシステムを作る簡単な方法ですが、これにも欠点はあります。「このアプローチにはさまざまな意見があります。この方法だととても落ち着いた感じのカラーパレットを作ることができますが、同時にコントラストが鈍くなり、色が全部混ざったように見えてしまいます」とニューマンさんは言います。例えば、黄緑、黄、黄味がかった赤は全て非常に鮮やかな色で、それぞれが複雑さを持っています。しかし、1枚の絵の中で使うと全部が原色の黄色のように見えてしまいます。幸いなことに、デジタルイラストレーションの特性は従来のアートとは異なります。選んだカラーパレットを自由に使えるという柔軟性があります。

 

「イラストを描くなら、絶対に類似色のカラーパレットを二次色として使います。そして、色相環中の反対色を、主な色として使うのです」とニューマンさんは言います。これを補色のカラースキームと呼びます。色相環で最初に選んだ色の反対側の色を選ぶと、その色に合うコントラストを与え、しかも目に心地よく映る配色となります。デザインでは色相環を常に手元に置いて、どのような色が最適なのか決めていきましょう。

林と山々を背景にし、双眼鏡を覗いている人の絵

適切な色温度が重要

色相環の色は、目に見える光のスペクトラムの色の順に並んでいます。左側は温色側で、赤を基本色としています。右側は寒色で青を基本色としています。このような分類方が定着していますが、より微妙な色と色の結びつきがあります。例えば隣の色のとの関係で、温色が寒色にもなり、またその逆もあり得ます。同じ色相の色から選んだ色でさえ、隣の色が何の色であるかによって暖色にも寒色にもなります。

 

デザインを始める前に、どのような感情を作品で表現したいか考えることが大切です。寒色と暖色は、イメージをさまざまな方法で変えてしまうという特性を持っています。寒色は静かで、落ち着いた雰囲気を、暖色はエネルギーに溢れた楽しい雰囲気を出します。暖色は見ている人との距離を近く感じさせ、寒色は遠くの物を見ているような感覚を与えます。

 

Adobe Creative Cloud で生き生きとしたデザインを作る

想像力を自由に発揮して、さまざまな色のコンビネーションを試して、作品に合うようカスタマイズされたデザインを作成します。「二次色は、面白い色の組み合わせを作るためのカギとなります。これが自分のオリジナルの作品だと感じさせてくれます。ただの青や黄、赤、黒の色だけではダメなんです。二次色は自分の特性やアピールを出してくれます」とデザイナーのジェイコブ・オバーミラーさんは言います。Adobe Creative Cloud All Apps プランには、作品に個性を与えるためのツールが全て揃っています。

 

色についてさらに学び場合は、カラー写真の技巧、白黒写真に色をつける方法 またモニター調整による鮮やかな色を出す方法など試してみてください。色についての理解が深まるほど、作品の完成度を期待することができます。

その他のおすすめ...

スマートフォンでビデオを編集します。

ビデオ編集入門

らゆ

アーティストは金色の筆で水彩画のテクニックを練習します。

水彩画テクニックを知ろう

水彩画のブラシストロークと表情豊かなテクスチャを表現するためのヒント

風船を持つ手の色に違いがある2枚の画像

写真の色を創造力豊かに変える

Adobe Photoshop で色相と彩度のレベルを変更し、写真のカラーパレットを調整しましょう。 

Creative Cloud

創造力を活用する

写真、動画、デザイン、UX、3D やAR まで。Creative Cloudには、あらゆる想像力に応えるツールが揃っています。