リーディングラインで視線を誘導

リーディングライン写真で、人目を被写体に引きつける独創的な方法を学びましょう。テクニックを学び、試してみましょう。

砂漠の山々の写真

リーディングラインで誘導する

「リーディングラインとは構図上のテクニックで、人工的な物や自然のラインを使って見る人の視線を、被写体か写真の最も重要な部分に引き付けます。とても目立つラインもあれば、さりげない場合もあります」と説明するのは写真家のルーカス・コスローさんです。この構図上のテクニックを使って、見る人の視線を写真の重要ポイントに誘導し、作品にバランスを生み、写真からストーリーを伝えることができます。

 

三分割法と同様に、リーディングラインは、ポートレートから風景写真に至るまで、あらゆるタイプの写真に使える、構図構築ためのテクニックです。「何でもリーディングラインとして使えます。どこかに続いている道でも、並木でもいいのです。人でもいいし、列になって並んでいる物、例えば鉄道でもいいです」とフェリッペ・シルバさんは言います。

 

写真によっては、特定の位置にハイライトを当てるラインが意図せずに含まれている場合もありますが、意図してそのようなラインを構図に入れると、画像にパワーが増してきます。大胆な直線でも、優雅な曲線でも、リーディングラインは構図の質を高め、写真に独特の美しさを加えます。

 

さまざまなリーディングライン

両サイドに木々が広がる道路の空撮写真

水平のライン

水平のラインのことを考えると、すぐに水平線を思い浮かべます。「水平のリーディングラインは、主に風景写真で使われます。小道や未舗装の道路が、まっすぐな川や倒れた木に続いている例がそうです。このようなラインは安定性を感じさせます。ずっと続いていくので、頼りになる感じがします」とシルバさんは説明します。しかし、意図的なラインは別として、水平のラインが見る人の注意を画面から完全にそらさないように注意します。それが狙いであれば別ですが。

砂漠の中を続く道
雪に覆われた山を背景にした凍った湖

撮影:フェリッペ・シルバさん

縦のライン

縦の線は人の視線を上か下へと導きます。「縦の線はパワーや自信を感じさせるので、ファッション写真や、ポートレート、ストリート写真などによく使われます」とシルバさんは言います。縦のラインは、街灯や窓ガラスなど人工的なセッティングでよく見られます。

畑沿いに続く道

斜めのライン

流れるような構図が欲しい時には、斜めのラインを試してみましょう。「斜めのラインは動きの感覚と変化を感じさせますが、写真ではあまり見ません。斜めのラインは、前面から背景に向かっていく距離を強調することが多いです」とシルバさんは指摘します。

連なる山々に向かって走る道

交差するライン

ラインが交差すると、見る人の視線がそこで止まります。交差するラインは、緊張感や矛盾を作り出すこともできるし、人の注意を他の部分へと誘導させることもできます。画面の前方からのラインと背景から来るラインが合流すると、深さや距離を感じさせます。消失点、つまり道路が地平線に消える地点は、ラインが合流するポイントの良い例です。

山間を走る夜のハイウェイの写真

曲線

自然の中の曲がりくねったラインは、風景写真の中で最も多く使われます。「曲線がリーディングラインの中では最高だと思います。曲線は見る人の注意を写真の隅々まで向けるからです」とコスローさんは言います。湾曲した花の茎でも、うねる丘陵地帯でも、曲線は人を魅了する風景写真となります。

 

ラインの見つけ方

事前に計画する

写真にリーディングラインを使いたい場合は、撮影場所を注意深く選ぶ必要があります。橋、道、遊歩道、線路などを、力強い直線として写真の構図に組み込むには、撮影計画を立てる必要があります。水のある景色、登山道、並んでいる木、積もった雪などは、より自然な感じの曲線を作ります。どこから始めれば良いのか分からなければ、撮影場所の風景を見て、テクスチャやパターンをよく観察します。

 

被写体に焦点を絞る

リーディングラインは、人の視線を常に写真の中の最も重要な被写体に誘導しなければなりません。この構図テクニックを効果的に使うには、ラインの行き先、または2つのラインが合流する地点に重要な被写体を配置しなければなりません。ファッション写真を撮るのであれば、服やモデルが写真の主要な被写体となるように撮影します。建築写真の場合、「最初に被写体となる建物を見つけ、そこから逆回りで構図を決めていきます。周囲を歩き回って、その建物に続くリーディングラインを探します。自分が見ている物を、他人にも見せたいわけですが、人の視線をそこに誘導しなければなりません」とシルバさんは言います。

 

直感を信じる

リーディングラインは、前もって探し、計画的に撮影に使うことが多いのですが、時には突然現れることもあります。周囲をよく注意して観察し、さまざまな構図を色々試し、ユニークなアングルから被写体にアプローチします。何か新しいことを試してみると、予期しないラインが見つかるかもしれません。

山の上から景色写真を撮っている人

魅力的な写真にするための構図のコツ

スマートフォンから始める

リーディングラインを使った撮影の場合、普段とは違うカメラのポジションや、少し変わったアングルで撮ることがよくあります。自分のスマートフォンで、撮りたい写真のスナップショットを撮り、それを見て場所やカメラポジションなどを調整します。そうすれば、かさばるカメラや三脚をその度に調節することなく、思い通りの構図を求めて自由に移動することができます。「スマートフォンで、大体どのような写真になるか見当がつきますから、本格的にカメラをセットする時間が省けます」とシルバさんは言います。思い通りのポジションが見つかりましたら、スマートフォンからカメラに変えていきます。

 

カメラを設定する

撮影の設定をするときは、カメラの絞り、ISOシャッタースピード を設定します。絞りを大きくすると、より浅い被写界深度となり、全体を見ている感覚が写真に出ます。こうすることで、見る人の注意を写真の主要な被写体、つまり焦点を当てている部分に集めることができます。しかし、被写界深度が浅すぎないように注意します。構図全体が散漫になり、リーディングラインの効果が薄れてしまうことがあります。

 

レンズを変えて、さまざまな方法で色々な写真を撮ってみましょう。例えば、広角レンズを持っているのであれば、写真の中に1つ以上のラインを入れることができるかもしれません。

夕暮れ時都市を背景にした高速道路の空撮
都市を背景にした高速道路の写真

撮影:ルーカス・コスローさん

光に注意する

写真の撮影は常にそうですが、その時間帯を選ぶことが重要です。これはスタジオでリーディングラインを作って撮影する場合より、屋外で自然のラインを探す時に、特に重要になります。ラインに当たる自然光は、写真に強いインパクトとムードを与え、またさまざまな影はそれぞれ全く違う様相を呈します。

 

「私はヘリコプターからピッツバーグの街を撮影したことがあります。それは丁度、日の出の時間帯で、私達は街の上空を旋回していました。すると太陽が昇ってきて、とても長い影を建物の後ろ側に作り、それが視線を街へと誘導していきました」とコスローさんは言います。自然の影は大変ユニークです。天気の変化や異なる時間帯などにより、どの写真も同じ写真になることはありません。

 

リーディングラインは、人を惹きつける魅力ある構図を作る助けとなります。しっかり目を開けて、雲、木、建物、川などからリーディングラインを見つけましょう。きっと傑作と呼べる写真が撮れることでしょう。

寄稿

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Lightroom 使

その他のおすすめ...

夜の街の石畳を走るオートバイ

ストリート写真でストーリーを語る

白黒の雪山の写真

白黒写真でモノクロの世界を発見しましょう。

ょう

窓の外を見ている子供をおんぶした父親

芸術としての写真入門

ティ

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 1,078  /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,248 /月(税別)