美しいマタニティフォトを撮るには

いつまでも大切にしてもらえるマタニティフォトを撮るためのコツを、家族写真の専門家から学びましょう。

妊婦を写した白黒写真

妊娠中の喜びを表現する

妊娠中という特別な時間とそのワクワクする気持ちを、記録として残したい人がたくさんいます。プロの写真家としてスタートする人も、プロが撮ったようなマタニティフォトを撮りたい人も、ここで紹介するコツを学んでマタニティフォト撮影を始めてみましょう。

 

撮影するときを決める

マタニティフォトを撮るのに理想的な期間は、通常28週目から35週目程度です。28週目以降になると妊婦のお腹が見事に丸くなり、出産前のお祝いの写真を撮る時間も十分あります。35周目を過ぎると、写真撮影のためにポーズを撮るのが妊婦にとって大変になってきます。

 

撮影準備をする

妊婦とコミュニケーションをとる

お互いによく知らない場合、またはよく知っている場合でも、妊婦はポーズをとることに神経質になるかもしれません。最初にマタニティフォトを撮る目的を尋ね、必要なことはすべて伝えて安心させてあげましょう。「最初からすべてを伝えることが、とても大切です。事前に電話で話をします。そうすればスタジオで会ったときには、少し知り合いになっていますから」。マタニティ写真家のナタリー・バックさんはそう話します。

 

撮る時間と場所を決める

屋外での撮影を好む人もいますが、スタジオ内のよく整備された環境での撮影を希望する人もいます。屋外で撮影する場合は、妊婦がどの程度動けるか、天気はどうか、一日のうちで最適な時間帯はいつか、などを考慮しましょう。ゴールデンアワーの撮影はとても素敵なのですが、太陽の光がすぐに変わってしまうので、暗闇の中を車まで歩いていかなければならなくなります。周りが一望に見渡せるような景色を求めて、妊婦に山道を歩かせてはなりません。危険な細い夜道を歩く必要があるかもしれないからです。

マタニティ撮影の為にポーズを撮る妊婦の写真
マタニティ撮影の為にポーズを撮る妊婦の写真

服とメイクを決める

撮影のために着る服も、妊婦と相談しましょう。マタニティフォト専門の写真家になりたい場合は、妊婦のためのマタニティウェアのコレクションを自分で用意しておくのもいいかもしれません。

「いろいろなサイズのマタニティドレスを、私が持っていくほうがスムーズなんです。ドレスは高いし、妊婦がそれを着られる期間はほんの1〜2ヶ月ですから」(写真家/ジャクリーン・ベガさん)

 

撮影前に着る服を相談するときに、メイクについても話し合いましょう。妊婦が自分でメイクをする場合は、練習しておく必要があります。あまりメイク経験のない妊婦の場合は、撮影のかなり前からメイクアップのお手本を見せたり、レクチャーをしたりします。

 

生まれてくる赤ちゃんの父親や兄弟姉妹も一緒に加わって、マタニティフォトを撮りましょう。その場合、前もって全員が着る服を選び、一緒に写したいもの(超音波写真、赤ちゃんの靴、おもちゃなど)も用意しておくとよいでしょう。

 

撮りたい写真の計画を立てる

ライフスタイル写真が常にそうであるように、しっかりと準備すればするほど、撮影はスムーズにいきます。こうした写真撮影に慣れていない場合は、オンラインで写真のサンプルを見て、マタニティフォトのアイデアを探してみましょう。好きなスタイル、ポーズ、構図など、自分だけのセンスを身につけることが大切です。ほかの写真を真似するのではなく、いい写真を見つけたら、そこからインスピレーションを得るようにしましょう。

 

撮ってみたい写真のリストを作るうちに、撮影を通して自分が何を表現したいのか、明確なビジョンが見えてきます。このリストがあれば、そのビジョンに沿って撮影をすることができ、次に何をしようか、何をすればいいのかと迷うこともなくなります。 

マタニティ撮影の為に外でポーズを撮る妊婦の写真
マタニティ撮影の為に外でポーズを撮る妊婦の写真

撮影のコツ

必要と思われるものはすべて用意する

撮影機材のほか、マタニティウェアの着替え、小道具、鏡などを用意します。ベガさんは、いつもノリや両面テープを持っていき、妊婦の体を布で覆う、またはお腹を出す際に下着が見えないように隠すときに使うそうです。

 

快適な撮影にする

24週目以降は妊婦にとって大変な時期です。予定日近くになると、妊婦は自分の体型を意識し、写真に撮られることを好まなくなるかもしれません。撮影のときに最初にすることは、妊婦の気持ちを和らげてあげることです。バックさんは、音楽をかけるなど、リラックスした雰囲気づくりに努めているそうです。

 

ポーズの指示を出す

妊婦にポーズの取りかたを教えます。そうすると妊婦はさらにリラックスして、撮影も思うように進みます。

「腕をどこに置くのか、頭はどうするのか、目はつぶるように、下を見て、顎を少し前に、というような指示を出します。そうしないと、妊婦がただそこに立って、写真家が写真を撮っているだけという感じになり、ぎこちない雰囲気になってしまいます」(バックさん)

 

ディテールに注意する

広角、中望遠、クローズアップなど、さまざまなレンズを使って、いろいろなアングルから撮影を行ない、父親や兄弟・姉妹も写真に入れましょう。このとき、被写体より少し上から撮影するほうが、人物の写真写りがよくなることを覚えておきましょう。カメラに対して妊婦が45度の角度になるように撮ると、お腹の丸さがよくわかります。妊婦のあらゆる部分に注意を払い、最高の状態にするには、衣服を直したり、手の位置を変えたりするとよいでしょう。手をお腹の上と下に置くと、お腹に視線を集めることができるようになります。

 

カメラの設定を頻繁にチェックする

撮影中、カメラの設定を常に確認して、可能な限りディテールを捉えるようにしましょう。屋外で日没近い時間に撮影している場合は、ヒストグラムをチェックし、太陽光が少なくなるのにともなって、設定を調整する必要があります。家に帰って見たときに、撮影した写真の半分が、暗くて粗いという結果にならないように気をつけます。

「撮って、チェックして、撮って、チェックして……という作業を習慣にしましょう」(バックさん)

マタニティ撮影の為にべットに横たわる妊婦の写真

最後の仕上げに編集ツールを使う

写真編集ソフトウェア・Adobe Photoshop Lightroomを使って、写真をより魅力的にしましょう。プリセットを使って、色を鮮明にする、ディテールをシャープにするといった、いろいろな編集作業が行なえます。自分だけのプリセットを作ると、より時間を節約することができます。

 

Photoshop Lightroom を使用すると、汚れを削除する、歯を白くするというような、さらに細かい編集ができます。創造性豊かな写真にしたい場合は、二重露光や別の背景と合成するなど、工夫を凝らしてみるのもよいでしょう。

 

練習をしてスキルを上げる

Photoshop Lightroomのオンラインチュートリアルを使って写真編集のスキルを身につけ、さらに練習を重ねることで、写真をより魅力的なものにすることができます。

「練習をすればするほど、あとになって時間と労力が節約できるようになります。撮影の回数を重ねるほど、腕が上達し、自分が何を求めているのかもより理解できるようになるでしょう。自分が楽しいと感じることに力を入れましょう」(バックさん)

世の中にはたくさんの写真家がいます。彼らの作品のほうが、自分が撮影した写真よりもすばらしいと思ってしまうかもしれません。しかし、自分が情熱を持てるものを見つけ、それを追求していけば、きっと自分だけのスタイルができあがり、それを求めるクライアントが出てくるはずです。

新生児の写真を撮影することも(ビジネスとしても)よいでしょう。未来のクライアントが行列をなして、あなたの写真を待ち望んでいます。早速、新しいスタイルの写真にチャレンジしてみましょう。

寄稿

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Photoshop Lightroom のプリセットを使って写真をかんたんに編集し、クラウドの写真ストレージ管理機能を使えば、どこにいても自分のプロジェクトにアクセスすることができます。

その他のおすすめ…

窓の外を見ている子供をおんぶした父親

自然体の写真を撮る基本テクニック

プロからアドバイスとコツを得て、自然体の写真を撮る方法を学びましょう。 

水辺の白い犬  - 焦点距離の取り方のコツ | Adobe

焦点距離を理解する

どのような写真でも必要な焦点距離を選択する方法を説明します。

喫茶店のコーヒー - 浅い被写界深度のコツ | Adobe

被写界深度を浅くするには

通りを歩くスケートボーダー

ドキュメンタリー写真の撮り方

 

Photoshop Lightroomを入手

写真の閲覧から補正や加工、管理まで。スマホでもPCでも同期できる写真サービス。

7日間の無料体験の後は月額1,078 (税別)