情報システム部門向け情報とインサイト

コンプライアンスに準拠したソリューション

アドビは、セキュリティ標準規格や規制要件に適合するよう、テクノロジーとサービスの開発を継続的におこなっています。

コンプライアンス

コンプライアンスが常に重視される時代

お客様が厳密な法律、要件、業界基準を満たすことができるようアドビがおこなっている支援についてご覧ください。

世界中のあらゆる国や地域に対応しています。

コンプライアンスを確保して、

事業を継続的に推進

アドビのフレームワークはオープンで柔軟性が高く、

絶え間なく変化する世界の規制に対応し、

コンプライアンスを確保できるように設計されています。

そのため事業が滞ることはありません。  

法的拘束力のある電子サインを

世界中で利用可能

電子サインに関する法律は国ごとに異なります。幸い、アドビでは電子サインに関するあらゆる国の法律に準拠しているため、お客様のリスク管理の支援と、すべての電子サインの法的効力の確保が可能です。

また日本国内においても、電子サインの法的有効性が認められています。電子署名法第2条第3条にも対応可能です。

すべてのアドビのソリューションが

高い基準をクリア

アドビのソリューションは

セキュリティ規格に準拠しているだけでなく、

HIPAA、FERPA、GLBA、

FDAの21 CFR part 11をはじめとする業界特有の規制にも準拠しています。

Adobe Signのコンプライアンス

コンプライアンスに準拠した電子サインは

Adobe Signで

Adobe SignはeIDASをはじめとする証明書ベースの電子署名規則に準拠しているため、高い信頼性を誇り、お客様に安心してご利用いただけます。

Acrobatによるアクセシビリティの向上

Acrobatでアクセシビリティを強化

Adobe AcrobatとAcrobat Readerは優れたアクセシビリティサポートを提供しているため、誰もがアクセスできるユニバーサルなコンテンツを作成することができます。

PDF規格

高い基準をクリアするPDF

Acrobat PDFは電子文書交換の国際標準規格ISO 32000に準拠しているほか、長期保管用のPDF/A、エンジニアリング用のPDF/E、印刷用のPDF/Xなど、特定の目的に対応した標準規格にも適合しています。

具体的な活用方法のご案内

Adobe Document Cloudなら、デジタルトランスフォーメーションのどのフェーズにいても次のステップに進むことができます。

具体的な活用方法のご案内

Adobe Document Cloudなら、デジタルトランスフォーメーションのどのフェーズにいても次のステップに進むことができます。