インテリジェントなデザイン。優れた効率性

Adobe Captivateの2019リリースは、スマートなeラーニングデザインプラットフォームで、マルチデバイス環境のモバイルラーニングコースを作成できます。新しい画期的なFluid Boxで、ホワイトスペースを最適に使用してオブジェクトが自動的に並べられるため、オーサリング時間を短縮できます。Adobe Captivateの従来のモバイル非対応コースを完全レスポンシブ対応eラーニングコンテンツに変換します。

30日間の無料体験版を試す

Adobe Captivate(2019リリース)の主な用途:

Adobe Captivate(2019リリース)の主な用途:

Fluid Boxを使用するスマートなeラーニングデザイン

Fluid Boxを使用するスマートなeラーニングデザイン

ホワイトスペースを最適に使用する最新のインテリジェントコンテナです。レスポンシブ対応できるテーマを選択すると、コンテナを使用できるようになります。独自のFluid Boxを描画することもできます。Fluid(流動)ボックスに配置したオブジェクトは自動的に整列されるため、学習者は使用するデバイスまたはブラウザーを問わず、常に最適な閲覧体験を得ることができます。

モバイル対応への自動移行

モバイル対応への自動移行

従来のAdobe Captivateデスクトップ専用コースを、完全レスポンシブなモバイル学習コンテンツに変換します。既存のAdobe Captivateプロジェクトを取り込んで、レスポンシブプロジェクトとして保存します。再起動すると、オブジェクトの論理的グループ化機能がFluid Boxに配置されて、承認とカスタマイズができます。

レスポンシブ対応のマルチスクリーンeラーニングのオーサリング

レスポンシブ対応のマルチスクリーンeラーニングのオーサリング

従来どおりの方法でオーサリングするだけで、受講者のデバイスに応じてコンテンツが自動的に再調整されます。デバイス固有の製品内プレビューを使用すれば、パブリッシュ前に内容を確認できます。単一のプロジェクトとしてパブリッシュしても、受講者に完全レスポンシブな体験を提供します。

最高クラスのHTML5パブリッシング

最高クラスのHTML5パブリッシング

PowerPointプロジェクトをAdobe Captivate(2019リリース)に読み込み、HTML5に直接パブリッシュするときにテキスト、シェイプ、オーディオ、アニメーションを保持できます。スケーラブルなHTML5、モバイルテーマ、再生バー、および時や場所を問わず、あらゆるデバイスで一時停止や再開機能を完全サポートすることで、eラーニングコンテンツのモバイル化が改善されます。HTML5のコースをAdobe Captivate PrimeまたはAdobe Connectに直接パブリッシュすることもできます。