Adobe Captivate(2019リリース)に対するお客様からのご意見

Adobe Captivate(2019リリース)に対するお客様からのご意見


「Adobe Captivate一番のお気に入りeラーツールあるのには、いくつか理由あります。まず、Creative Cloudアプリケーションスムーズ連係し、非常に柔軟性が高いため、レスポンシブ対応かどうかかかわらず、あらゆる種類の魅力的なeラーニングコース使用できることです。また特に評価できるのは、高度なアクションや共有アクション、埋め込みのJavaScriptの機能により、機能がないために自分の創造力が犠牲になるといったことがない点です。新しいバージョンは、私も試してみましたが、ホットスポットを挿入した360度の画像やビデオ、インタラクティブなビデオ機能、ビデオデモの強化機能(Webカメラとグリーンスクリーン)をツールボックスに追加しています。トレーナーとして評価しているのは、革新的なレスポンシブ対応プロジェクトメソッドのこの2番目のバージョンでFluid Boxのワークフローがより簡単になったことです

Lieve Weymeis氏

「アドビがCaptivate 2017リリースした時、私が最も驚いた機能の1つが、Fluid Boxレスポンシブデザインでした。Fluid Boxを使用して数分も経たないうちに私は確信しました。
やがてすべてのレスポンシブデザインがこれと同じように作成されるだろうと。それは非常に直感的な予測でした。
しかし、Fluid Boxに期待する機能はまだいくつか残っていました。Adobe Captivate 2019では、これらの優れた機能がすべて搭載されました。今では、Fluid Boxサイズを正確に設定し、どんな画面でもレイアウト予測を表示できます。1回のクリックで、Fluid Box内に分散されたオブジェクト正確にすることもできます。静的なFluid Boxレイアウト管理も大幅に強化されました。Adobe Captivate 2019は、今なおレスポンシブデザインeラーニングオーサリング業界標準です。最高に魅力的なツールです!

Paul Wilson

「私はバージョン1からAdobe Captivate使用しており、れまで見てきた進化には驚かされています。
今回のリリースも例外ではありません。数多くの新機能強化機能が搭載されており、これまでで最強のリリース1つです。新しい仮想現実とインタラクティブワークフローは私が長い間待ち望んいたものであり、Captivate 2019チームがv導入したとても満足しています。
今後は、シンプルでも洗練された効果的な方法で、さらに多くのお客様を満足させることができるでしょう。
Fluid Boxその他のレスポンシブ対応eラーニング機能言うまでもなく、常に増え続けている無料のアセットコレクションは大きな財産です。Captivateの機能セットは市場で最強であると自信を持って言えます。Captivate 2019は、その新機能により今後数年市場をリードvし続けることは間違いありません…

Damien Bruyndonckx氏

「Adobe Captivateの新しいリリースはまさに驚きのツールです!
仮想現実のような新しいテクノロジーはまもなくラーニング分野にも導入され、おそらく主流になるということは、誰もが感じています。
したがって、Adobe Captivateが大きな一歩を踏み出し、VRヘッドセットで体験できるイマーシブなラーニングコースの制作が非常にシンプルになったことをとてもしく思います。現在、受講者にとって魅力的なトレーニング資料の作成に取り組んでいますが、最新のテクノロジーを使用して、受講者をイマーシブでインタラクティブな体験に夢中にさせるツールがあることは、非常に重要です

- Debbie Richards氏

「現在、ビデオトレーニングコースの人気が受講者の間でますます高まっているのは明らかです。しかし、トレーナーや指導デザイナーにとって、ビデオコンテンツを作成し続けるのは容易なことではありません。それには多くの計画、技術的スキル、制作コストがかかわっています。
ところが、新しいAdobe Captivateリリースより、インタラクティブビデオコース極めて簡単制作できるようになりました。自前のビデオやYouTubeのビデオを使い、インタラクティブなクイズや評価スライドなどを追加して、数分でコースを作成できます」

Josh Cavalier

「私は個人的に、Adobe Captivate 2019にとても満足しています。
アドビが4年前にレスポンシブ対応eラーニング機能を導入してからレスポンシブ対応コースを制作しています。昨年は、デスクトップ専用コンテンツやレスポンシブ対応スライダーなどを自動で移行できる、Fluid Boxの「レスポンシブとして保存」オプションのようなすばらしい機能に圧倒されました。
これらの機能により、Adobe Captivateは他のツールを一歩リードしたと言えます。今年も、Fluid Box強化機能に感銘を受けました。さらにシンプルになって、柔軟にカスタマイズできるようになり、レスポンシブ対応コースを以前よりも短期間で制作できます。また、モバイルデバイスでQRコードをスキャンして、レスポンシブ対応コースをプレビューできる新機能もあります。コースをより効率的にデザインできるため、これは非常に便利な機能です

- Phil Cowcill氏、カナドール大学、退官教授

「Adobe Captivateの新しいリリースには、VRや360度の表示などのクールで便利な機能が搭載されています。私個人の感想では、一部の機能を使用することで生産性が向上し、インタラクティブなビデオを使用して小さな学習モジュールを作成できるという単純な理由から、このリリースには非常に大きな影響力があります。ビデオファイルを使用したり、クイズや評価スライドを追加してトレーニングコースを作成したりすることが簡単にできるようになりました。また、PowerPointスライドでも同様の操作を実行できます。PPTスライドを表示して、インタラクティブ機能を追加し、モバイル学習コースを作成することで、以前のコンテンツの多くを再利用できるようになりました」

Ray Jimenez氏

Adobe Captivate(2019リリース)に対する業界レビュー

Adobe Captivate(2019リリース)に対する業界レビュー


イマーシブな学習体験を作成するためのAdobe Captivate 2019の上位8つの機能

「Captivate 2019は、複数の点で重要な要件を満たしています。強力なリリースであり、魅力的でイマーシブな学習体験を作成できるオーサリングツールのリポジトリーに追加すべき、優れたツールとなります」- Asha Pandey氏、EI Design、ラーニングストラテジスト

詳細を見る >

VRは言葉で説明できるものではありません。実際に体験する必要があります。–
Adobe Captivate 2019

「VRは言葉で説明できるものではありません。実際に体験する必要があります。  Captivate 2019のリリースによって、ついにその体験ができるようになりました。従来の360度ビデオの作成と注釈の追加は、特殊なソフトウェアや高度なAfter Affects技術を利用する単調な技術プロセスでした。  Captivateを使用すれば、この作業を簡単かつ洗練された方法で実行できます」-  Steve Pixel氏

詳細を見る >

Adobe Captivate 2019:選ばれるツール

「.....私は以前からCaptivateを使用していましたが、Captivate 2019の新機能セットを見た時は驚いて、「すごい、今すぐにでも試してみたい!」と思いました。新しいバージョンをインストールして新機能を使っていくつかのアイデアを試してみましたが、期待したとおりの仕上がりになり、操作も簡単でした。-Greg Stager氏、テクニカルカリキュラム開発者

詳細を見る >

Adobe Captivate 2019:イマーシブな学習体験とインタラクティブ機能の新たな機会

「Captivate 2019では、VRワークフロー内で360度の画像を使用できるだけでなく、ホットスポットやその他の要素を追加して、インタラクティブで魅力的な学習体験を実現できます」- Jim Farrell氏

詳細を見る >

Adobe Captivate 2019をして、インタラクティブなビデオの作成がはるかに簡単に

「Captivate 2019を使用すると、インタラクティブなビデオの作成が非常に簡単になり、キューポイントを設定したり、クイズの質問を含むさまざまなアセットを添付したりできるため、柔軟性が高まりました」-  Andrew Glennie氏

詳細を見る >

Adobe Captivate 2019 PowerPoint Mobileを使いやすくする2つの方法

「ソフトウェアの場合、冗長なインターフェイスが効果的です。冗長なインターフェイスを使用すると、特定の操作を複数の方法で実行できます。Captivateには、モバイルに適したスライドショーを作成するための2つの方法があります」-  Phil Cowcill氏、カナドール大学、退官教授

詳細を見る >

お客様限定の特典を– プレリリース体験

「Captivateは、主に(優れた)ソフトウェアシミュレーションを作成することを目的としたアプリケーションから始まり、考えられるすべてのeラーニングアセットに適した包括的なツールへと、長年にわたって成長してきました。このリリースには、インタラクティブなビデオの簡単なワークフロー、VR世界への進出、Video Xpressの優れた機能のビデオデモへの統合、GIFTの読み込みに変わるCSVの読み込みなどがあります」- Lieve Weymeis氏、Advanced Captivateのコンサルタント兼トレーナー

詳細を見る >

Adobe Captivate 2019 飛躍的な前進

「....Robo Demo以降、新バージョンにこのように幅広い新機能が搭載された製品はなかったと記憶しています。新しいインタラクティブなビデオ機能には大いに感銘を受けています。既存のリニアビデオに価値あるインタラクションを追加する方法を活用することで、再利用性がさらに向上します。適切に設計すれば、既存のメディアアセットを以前のリニアコンテンツのプレゼンテーション、検証、および修正に活用でき、非常にやりがいのある取り組みになります」-Kevin J. Brown氏、SunTech 3, Inc.、バイスプレジデント

詳細を見る >

Fluid Box アドビはユーザーの意見を尊重

「レスポンシブ対応のeラーニングを設計していなければ、5年後には競争上の強みを失うでしょう。Captivate 2019のFluid Boxesの機能強化を見てみると、アドビがそのような事態に備えていることは明らかです」-  eラーニングの熟達者、Paul Wilson氏

詳細を見る >

可能性を秘めた強力なツール Captivate 2019で創造性を解き放ちましょう

「...最新のメジャーバージョンのソフトウェアであるCaptivate 2019を使用すれば、仕事がより簡単になり、教育者/デザイナー/開発者としてのスキルを磨き、間違いなくオーディエンスを感動させられます」-Adam Beardslee氏、シニアコーポレートトレーナー

詳細を見る >

Adobe Captivate(2017リリース以前)に対する業界レビュー

Adobe Captivate(2017リリース以前)に対する業界レビュー


「私は従来型のeラーニングは生まれ変わるべきだと考えています。複数の画面にまたがるレスポンシブで強力な学習体験を配信して、eラーニングをデスクトップコンピューターを超えたレベルへと引き上げることに注目する必要があると確信しています。Captivate Draftは、モバイルデバイスがシンプルな消費ツールから強力なオーサリングツールに成長しつつあるというアイデアを補強するものです。アドビは、学習設計ソフトウェアを開発するすべての人のために、非常に高いハードルを設定しました」

RJ Jacquez、mLearning Revolutionブログ

レビューを読む

「Captivate Draftというストーリーボードツールは、Adobe Captivate 9や同ソフトの2017リリースと連携する仕様のiPadアプリです。デザイナーは、自分のアイデアをコンテンツ、質問のスライド、分岐ロジックなどのeラーニング要素を備えたストーリーボードに変換できます。このツールをiPadアプリとして所有する利点は明らかです。これまで何回eラーニング開発会議に出席し、ゴツゴツしたラップトップをなぜ持ち込まねばならないか論争してきたことでしょうか」

Paul Wilson

レビューを読む

「マルチステートオブジェクトは、Adobe Captivateの前のバージョンで導入された中でも私がとりわけ気に入った新機能の1つでした。オブジェクトにさまざまなステートを定義し、ユーザーインタラクション、高度なアクションなどに基づいてそれらのステートを切り替えられます。これは以前も可能でしたが、操作がさらにシンプルになりました」

Michael Lund氏、CP Guru  

レビューを読む

私のお気に入りの新機能を紹介します。(a)応答性に優れたデザイン これまで以上に高速で使いやすい。(b)高度なアクション シンプルな機能で、eラーニングの開発がとても簡単。(c)製品内プレビュー コースがLMSでどのように見えるのか、Captivate内でプレビュー。この製品は本当におすすめです」

Anita Horsley氏、Calex Learning Consultants創立者

レビューを読む

「新しいリリースには、強力なアップデートが含まれています。実際の効果モジュールでは、マスタータイムラインで選択した効果を表示することができます。また、新しくなったオブジェクトパネルを使用すると、あらゆる要素をマルチステートオブジェクトに変換できます。応答性に優れたデザイン機能がさらに向上したCaptivateには、市場のライバル製品を上回る多数のメリットが存在します。 Captivate Primeを見て驚きました。Connect Primeではありません。アドビは、このLMS製品に力を注ぎ、白紙の状態から構築したのです」

The Chef、eLearning Chef

レビューを読む

「私がとても気に入っている機能の1つが、Apple App Storeで入手できるAdobe Captivate Draftです。アプリでストーリーボードを作って、Creative Cloudに保存しておけば、Captivate(2017リリース)で直接起動して、本格的な開発に入れます。もうひとつの素晴らしい強化機能が、応答性に優れたプロジェクトです。最新のバージョンでは、最大5つのブレークポイントを利用できるようになりました。また、マルチステートオブジェクトの対話機能が新たなレベルに進化しました。表示/非表示技術を使用しなくても、インタラクションを作成できるのです」

Will Constantine氏、Learnhaus

レビューを読む

「新しい機能を体感する最良の方法は、白紙の状態からプロジェクトを作成することです。試している最中にいくつかの機能が見つかりました。Adobe Illustratorとのやり取り。これを私は今まで、Adobeアプリケーションの美しいブレスレットにおけるミッシングリンクと呼んできましたが、この機能により、素晴らしいeラーニングコースを作成できるようになりました。Captivate、Photoshop、Audition、Edge Animate、Edge Inspect、そして今回ついにIllustratorが加わりました。

これまでの効果パネルはなくなり、さまざまなオブジェクトのすべてのモーションパスを同時に見ることができます。作業がとても簡単に行えるようになりました」

Lieve Weymeis氏、a.k.a. Lilybiri

レビューを読む

「重要な質問は、「追加機能はアップグレードに値するのか」ということです。この場合、答えは間違いなく「値する」です。アップデートした理由の上位9つをご説明しましょう」

Joe Ganci氏、Learning Solutions Magazine

レビューを読む


受賞歴

受賞歴

Elearning Magazine 2014

Elearning Magazine 2014

賞:"最優秀シミュレーションツール" 部門 - 最優秀eラーニング賞2014 awards

Codie Awards 2014

Codie Awards 2014

賞:"特別支援が必要な学生向けのベストソリューション" 部門 - 優秀賞

BSOCO Awards 2013

BSOCO Awards 2013

賞:"eラーニング/高速学習" 部門 - 金賞

Brandon Hall Excellence

Brandon Hall Excellence in Technology Awards 2012

賞:"最も優れたコンテンツオーサリングテクノロジーの進歩" 部門 金賞

Brandon Hall Excellence in Technology Awards 2012

Brandon Hall Excellence in Technology Awards 2012

賞:"最も優れたテストまたは学習評価テクノロジーの進歩" 部門 - 銀賞

Elearning Magazine 2010

Elearning Magazine 2010

賞:"最優秀高速開発ツール"部門 - 優秀賞

Elearning Magazine 2010

Elearning Magazine 2010

賞:"最優秀シミュレーション開発ツール"– 部門賞

Elearning Magazine 2010

Elearning Magazine 2010

賞:"最優秀eラーニング開発ツール"部門 - 優秀賞

Brandon Hall Research Award

Brandon Hall Research Award

Best Advance in Learning Content Management Technology 金賞受賞

Training Media Review

Training Media Review

賞:Product of the Year

CODiE

CODiE

賞:最優秀コーポレートラーニングソリューション賞(2009年5月7日)

Learn X Asia Pacific

Learn X Asia Pacific

賞:最優秀シミュレーションソリューション賞(2008年)