Adobe Technical Communication Suite

テクニカルコンテンツ、eラーニング、ビジネスコンテンツ向けの、市場をリードする5つのツール。5つのツールをこれ1つで。

Adobe Technical Communication Suite

テクニカルコンテンツ、eラーニング、ビジネスコンテンツ向けの、市場をリードする5つのツール。5つのツールをこれ1つで

Adobe Technical Communication Suiteのサブスクリプションを7,150 /月で購入。

60% OFFで最新のツールをご利用いただけます*。

Adobe Technical Communication Suiteでは、テクニカルコンテンツやeラーニング、ビジネスコンテンツを優れたエクスペリエンスに変換するための5つの最先端製品をご利用いただけます。Adobe FrameMakerで長大で複雑なXML、非XMLコンテンツを処理し、生産性を向上しましょう。Adobe RoboHelpでよりパーソナル化されたヘルプ、ポリシー、ナレッジベースのコンテンツを配信しましょう。Adobe Captivateでレスポンシブなeラーニングコンテンツを作成し、Adobe Presenterでプレゼンテーションを変革してオンデマンドラーニングを可能にします。Adobe Acrobat*ではPDFレビューを共有してリアルタイムに共同作業を行えます。.

Adobe FrameMaker

Adobe FrameMaker

 

FrameMakerの強力な機能により、長大で複雑なコンテンツの生産性を上げることができます。パワフルで使いやすいワークスペースでXMLやDITAファイルをオーサリングできます。オンラインビデオおよび高性能な画像処理を使用して、リッチで魅力的なエクスペリエンスを作成しましょう。オンラインレビューを使用してシームレスに連携します。XLIFFの新しいサポートにより、世界中のオーディエンスとコンテンツを簡単に共有できます。シングルソースから、WYSIWYG PDFやResponsive HTML5、EPUB、モバイルアプリなど、様々なデバイスに対応するフォーマットでパブリッシュできます。

詳細を見る›

Adobe RoboHelp

Adobe RoboHelp

 

RoboHelpで魅力的なヘルプ、ポリシーおよびプロシージャ、ナレッジベースのコンテンツを作成して配信しましょう。Macにも対応しました。チャットボットや検索結果で特集されたスニペット用のMicrocontentをオーサリングできます。HTML5とCSS3を使用して魅力的な体験を作成。Webベースのレビュー機能を使用することでシームレスな共同作業が可能。動的コンテンツフィルターを使用してエクスペリエンスをパーソナル化。フレームレスなResponsive HTML5、PDF、モバイルアプリケーションなどでコンテンツをパブリッシュし、あらゆるタッチポイントで顧客をサポートします。

詳細を見る›

Adobe Captivate (2019 release)

Adobe Captivate (2019 release)

 

スマートなオーサリングツールのCaptivate (2019 release)で、新たな学習環境を切り開いてください。あらゆるタイプの完全レスポンシブ対応eラーニングコンテンツを作成できます。将来を見据えましょう。仮想現実と360°のメディアアセットを活用した、最新の魅力的なラーニング体験を簡単に設計できます。自分で録画するビデオやYouTubeのビデオに簡単にインタラクティブ機能を追加して、ビデオベースの学習を強化し、学習者の関与を推進します。

詳細を見る›

Adobe Acrobat

Adobe Acrobat

 

Acrobatを使用すると、時間、場所、デバイスを問わずツールや文書にアクセスできるため、効率的に作業できます。Acrobatではあらゆるデバイス上に存在するPDFを最大限に活用できます。Acrobatレビューサービスのオンラインレビュー機能は、複数の関係者との共同作業を容易にします

詳細を見る›

Adobe Presenter 11.1

Adobe Presenter 11.1

 

Presenter 11.1は、魅力的なアセットやクイズを使用してPowerPointスライドをインタラクティブeラーニングコンテンツ変換します。
Webカメラビデオを使用して、同時に画面コンテンツを取り込み、デスクトップから直接静的コンテンツをHDビデオに変換します。プロジェクトタイムライン内でビデオを編集して、話題のビデオ共有サイトに投稿するのも簡単です。また、HTML5パブリッシングを活用して、コースをデスクトップやタブレットに配信することも可能。主要LMSと統合して、学習者のパフォーマンスのトラッキングもできます。

詳細を見る›

最適なプランをお選びください

個人向け

個人向け

Adobe Technical Communication Suiteのサブスクリプションは、7,150 /月からです。

エンタープライズ版

エンタープライズ版

会社用にAdobe Technical Communication Suiteを入手。

教育機関

教育機関

学生や教職員の皆様は、Adobe Technical Communication Suiteを最大60%割引でご利用いただけます.

専門家の意見をご覧ください

Vectorworks

「Adobe FrameMakerおよびAdobe RoboHelpのいずれも、翻訳用にXLIFF形式に直接書き出し、翻訳結果を読み込む機能が追加されました。これにより、時間が節約され、エラーが低減されます。このワークフローは、私たちのビジネスにとって大変重要であり、新しいオプションを生み出すことができます」

—Alexandra Duffy氏、Vectorworks Inc.社、テクニカルパブリッシング管理者

The Content Era, LLC

「Adobe Technical Communication Suiteで100%サブスクリプションモデルに移行することにより、数週間ごとに新機能や拡張機能を利用することができます。もう新しいリリースを18ヶ月後まで待つ必要はありません」

—Thomas M. Aldous氏、The Content Era, LLC社、創設者

Ciena

「Adobe FrameMakerでは、期待どおりの直感的かつ強力なWYSIWYG環境を使用して、組織のオーサリングエクスペリエンスを進化させ、DITAオーサリングの効率性を十分に利用できます。カスタマイズが簡単なパブリッシュ設定やファイルを活用して、LiquidMode PDFやResponsive HTML5などの出力製品に簡単に追加し、ボタンを押すだけで複数の出力を生成することができます」

—Susanna Carlisi氏、Ciena社、コンテンツストラテジスト兼ツールスペシャリスト

SCANCO Medical AG

「Adobe FrameMakerで、様々なトピックと様々なDITAマップ間での極めて柔軟な管理が実現し、チャンクコマンドがDITAアプリケーションとHTMLアプリケーションの両方で適切に機能することをうれしく思います」

—Dr. Hadi S. Hosseini氏、SCANCO Medical AG社(スイス)、テクニカルライター

確かな成果

 

全世界の40,000社以上の企業の800,000人ものユーザーがAdobe Technical Communicationツールに信頼をおいて確実な成果をあげています。

ファミリーの紹介

 

個人および組織のエンドツーエンドのニーズに効率的・効果的に対応するよう設計されている、Adobe Technical Communicationの各種最新統合ソリューションを使用すると、作業の幅が広がります。

 
詳細を見る