フォーカスピーキング機能の活用法

カメラ機種が、デジタル一眼レフでもミラーレスカメラでも、このフォーカスモードで画像をさらに鮮明にし、良質の写真を撮る方法を学びましょう。

二枚の同じ教会の写真。一枚はフォーカスピーキング機能がオンになり輪郭に色付けされている。

フォーカスピーキングとは?

オートフォーカス機能がないために従来のレンズを新しいカメラで使うことを躊躇しているのであれば、フォーカスピーキング(ピーキングハイライトとも呼ばれます)がその悩みを解決します。フォーカスピーキングは、カメラのライブビューのフォーカスエイドを使って、ビューファインダーの中で擬色 オーバーレイのある最も強いコントラスト部分を強調するリアルタイムのフォーカスモードです。フォーカスピーキングによって、撮影する前に画像のどの部分にピントを合わせるかを決めることができます。

 

当初、ビデオグラファーが使っていたフォーカスピーキングですが、技術の進歩に伴い、ビデオカメラ以外の一般のデジタルカメラでも使えるようになりました。新しいミラーレスカメラには全て、この機能が搭載されています。デジタル一眼レフカメラの場合、ライブビューのフォーカスアシストと呼ばれているかもしれません。

 

この効果は、光がセンサーに届いた時のみ働くので、古いマニュアルレンズでもフォーカスピーキングは機能します。「この機能が付いていないカメラでも、さほど難しいことではありません」と写真家のパトリシア・デイビッドソンさんは言います。

フォーカスピーキング機能がオンになっている羊の画像

フォーカスピーキングの仕組み

フォーカスピーキングは、画像の最もシャープな部分はコントラストが強いと言う原則に基づいており、物体の縁とテクスチャの上に白色またはカラーハイライトとしてライブビューに表示されます。アルゴリズムが画像をリアルタイムで分析します。その結果、ある物体に焦点が合うと、そのシャープな輪郭によって特定部分の露出度が高くなります。

 

その部分には擬色 レイヤーが適用されます。ほとんどのカメラで、好みに合わせてオーバーレイの色を設定し、検出感度を変更することがきます。

雲の切れ間から覗く山並み

フォーカスピーキングが便利な理由とは?

フォーカスピーキングを使うと、マニュアルレンズで焦点を合わせるのが、通常のライブビューを使う方法よりも相当早くなります。どの部分にピントが合っているのか、素早く見極めるのが難しい場合に、フォーカスピーキングは最適な方法です。光が少ない時の撮影や、肉眼で正確にピントを合わせるのが難しい時などにも大変役に立ちます。

 

動きの遅い被写体、例えば空に浮かびゆっくり動いている雲など、オートフォーカスを使いたくない場合にはフォーカスピーキングは最適なテクニックです。適切な被写界深度を得たい時に、この方法を使います。ただし、 ISOなどの調整に注意をします。

 

「普通は少し高めか低く設定します。「fストップが1.4 など浅い被写界深度で撮るのであれば、フォーカスピーキングの感度をより高めに設定します。シャープな輪郭な物があまりないいときは、この設定の方が見やすくなります。もし、広い被写界深度で撮るなら、輪郭がシャープに見える物が多いので、感度を低くします」と写真家のジェイソン・ウェインガートさんは言います。

 

オートではなくマニュアルを使う
フォーカスピーキングの場合、多くのマニュアルレンズの利点を活用でき、マニュアルでの焦点合わせがこれまでより、かなり簡単になります。「オートフォーカスではなくマニュアルフォーカスを使うことの方が多いです。なぜなら、フォーカスリングでピントを合わせながら、色々な物がハイライトされていくのが見えるからです。マニュアルで使う方が、オートフォーカスで使うより、ずっと効果的です。でも、もちろん両方を使っても構いません」とウェインガートさんは言います。

芝生の丘の中腹にカメラを設置する写真家
草が茂った田園地帯に建つ苔で覆われた石造りの建物の写真

フォーカス

カメラを持って出掛ける前に、フォーカスピーキングの重要な4項目について学び、写真を最高に仕上げましょう。

 

1. 色のピーキング:

カメラの設定メニューを使って、捉えたいシーンに合わせてピーキングをカスタマイズします。例えば、ピーキングハイライトの色を変更すると、画像とのコントラストでハイライトがより明瞭に見えます。

 

2.ピーキングのレベル:

色の他にピーキングのレベルも変えてみましょう。通常は、2つから4つあるオプションから選びます。高いレベルではハイライトの量が多くなり、低いレベルでは控えめになります。

 

3. スプリットイメージ:

レンジファインダーや以前のスプリットフォーカススクリーンのように、ライブビューでのピント合わせにも、スプリットイメージを使えます。スプリットイメージを使う際は、2つに分かれた画像が重なるまで、フォーカスリングを回してピントを合わせていきます。

 

4.拡大:

捉えた画像がシャープかどうか確かめる唯一の方法は、ライブビューモードでオプティカルビューファインダーを通して写る画像のディテールを拡大して見ることです。フォーカスピーキングかスプリットイメージを使い、ベストの状態にしてから画像を拡大し、ピントの位置を調整します。

フォーカスピーキング機能がオンになっている田園地帯の風景写真

ピークと谷

フォーカスピーキングを使用しない方が良い場合があります。カメラのレンズの被写界深度が極端に浅い (フルフレームで1.2)場合は使わないようにします。このように、捉えたいシーンがあまりにも近い場合、最高のアルゴリズムをもってしても、最も鮮明な部分を正確に表示できないかもしれません。

 

適切な物にフォーカスする
「フォーカスピーキングは、屋外での撮影時、できる限り鮮明な画像を捉えたいときに最適なカメラ内ツールです。後処理で、Adobe Photoshop LightroomやPhotoshop を使い、写真を編集する時に、画像の鮮明さを調整しなくても良いのです」とデイビッドソンさんは強調します。

 

撮影現場で期待した写真が出来なかったら、Adobe のアプリAdobe Photoshop を使えば、レイヤーを作って画像のシャープさを調整することができます。その画像をLightroom にエクスポートして編集し、再度Photoshop に戻すことが簡単にできます。フォーカスピーキングは編集作業を1つ省くことができるわけですが、後処理の編集ではAdobe があれば簡単に調整できます。

寄稿

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Lightroom 使

その他のおすすめ...

ステージで演技するバレエダンサー、シャッタースピード写真撮影 | Adobe

絞りとシャッタースピードを理解する

調

夜空の星など撮影する天文写真のテクニック

天文写真で星を撮るコツ

水辺の白い犬  - 焦点距離の取り方のコツ | Adobe

焦点距離を理解する

どのような写真でも必要な焦点距離を選択する方法を説明します。

landscape-photography

美しい風景写真の撮り方
景色を芸術的に撮るコツを学びます。

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 1,078  /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,248 /月(税別)